リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

わびさびの代表の美しい佇まいの銀閣寺

京都のお話の続きです

情緒ある哲学の道をぶらぶら歩きます
DSC01604.jpg



東山といえば、銀閣寺

正式名称を慈照寺
1482年、足利義政が建立した東山文化を代表する寺院
IMG_0441.jpg


人気の観音殿
「銀じゃないのに銀閣寺」といいながら観光してる人も多かったし、きらびやかで美しい金閣寺と違って、対照的にわびさびの代表
先日、NHKの「日本人のおなまえっ!」で銀閣寺のお話で、とってもタイムリー!そもそも銀箔は貼られておらず、「黒い漆」が塗られていて、江戸時代に漆が白く劣化したものを銀箔と勘違いし、ガイドブックで紹介したからとのことです
当時、お寺も多くの参拝客を呼び込むために、否定しなかったという興味深いお話でした
IMG_0420.jpg


砂なのに、乱れのない美しい円錐型の向月台、お見事です
IMG_0417_20181208131414048.jpg


砂を波形に盛り上げた銀沙灘
DSC01637.jpg


方丈前からの眺め
向月台と銀沙灘と黒漆塗りの銀閣のコントラストが美しいです
IMG_0424.jpg





展望所

東山からの眺め
DSC01658.jpg



上から眺めると、ひときわ美しい銀閣
DSC01657.jpg


お茶の井
足利義政がお茶の際に使用したといわれる湧き水
DSC01653.jpg




展望台から降りてくると

銀閣の前に広がる錦鏡池
IMG_0430.jpg



「わび・さび」の東山文化を代表する銀閣寺、簡素で幽玄な美しさを改めて見直しました
また紅葉シーズンの始め、「空いてる」とおっしゃってる方もいらっしゃいましたが、人気は分散されるようで、思ったより、混雑してなくてよかったです

紅葉の永観堂へ

先月に訪れた京都の観光のお話の続きです


南禅寺の北にある永観堂

古今集で「もみじの永観堂」と詠まれるほど、昔から紅葉が美しいと有名です
また「みかえり阿弥陀像」も有名です
DSC01530.jpg


本堂へ続く美しい参道が続きます
DSC01601.jpg



本堂
文化遺産の巻物や掛け軸、襖絵などを眺めながら、美しいお庭の景色にもうっとりです
IMG_0387.jpg


「釈迦堂」「祖師堂」「開山堂」などの建物が回廊でつながってます
IMG_0389.jpg



唐門
盛り砂も乱れなくきれいです
DSC01544.jpg


五色幕
IMG_0393.jpg



阿弥陀堂には阿弥陀如来像
首を傾げ、振り向いてる珍しい姿はそっと語り掛けてくれてるようでした
私たちに、遅れるものを待ったり、思いやりを持って見守ったり、そして自分自身をかえりみ正しく前に進めるよう、導いてくれてるような優しいお顔立ちです
IMG_0394_20181205095232551.jpg


色づき始めてる参道
木々に囲まれ、陽気も良く、少々混んでいてもリフレッシュできます
IMG_0396.jpg



見どころの多宝塔
IMG_0412.jpg


京都の街が広がります

少し階段を昇って行った塔から眺める境内も素敵
IMG_0402.jpg

少し早い紅葉ですが、上まで登ってくる人は少なく、ゆったり鑑賞できました
IMG_0397.jpg



放生池
この美しい景色、もう言葉はいりません~
IMG_0406.jpg


先程訪れた多宝塔
IMG_0413.jpg


真っ赤な紅葉
IMG_0409.jpg



放生池を見下ろせる休憩所
まだ色づき始めの紅葉、緑と赤いコントラストがきれいです
IMG_0384_201812051001501a2.jpg



紅葉には少し早かったけど、美しい景色に大満足
人気が高いのも納得です

絶景かなで有名な「南禅寺」

国内のお話が続き、しばらく京都の東山編です


訪れたのは紅葉が始まる前、ほんのり色づき始めてました
しかし、人気の観光地、夏に訪れたときとは違い、観光客は多かったです


まずは紅葉でも人気の南禅寺


格式高いお寺で、石川五右衛門にゆかりのあるところです
IMG_0345.jpg



「絶景かな!」と大見得を切る名科白で有名な三門
別名「天下竜門」とも呼ばれ、日本三大門の一つに数えられています
戦国から江戸時代の武将の藤堂高虎が再興したもの
力強く立派な重厚感のある門、歴史を感じます
IMG_0346.jpg


早速、三門の楼上へ
急な階段を登ると、美しい光景は広がり、回廊を一周できます
DSC01456.jpg



絶景かな~と
法堂へと続く眺望、緑と赤のコントラスト、とてもきれいです
IMG_0355.jpg


天授庵の眺め
紅葉がきれいです
DSC01468.jpg


三門を下りたら法堂
DSC01474.jpg


今尾景年画伯畢生の大作と云われる幡龍、迫力があります
IMG_0359.jpg




SNS映えすると人気の観光スポットとなった水路閣
明治時代に一大事業としてつくられた琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路、
この水路閣は、ローマの水道橋を模して造られてて、赤煉瓦のアーチがとても美しいです
IMG_0368_201811302152509f2.jpg

IMG_0367.jpg


実際に上から眺めると、現在も水が流れてました
IMG_0369_2018113021540692d.jpg


次は

南禅寺が誇る国宝の方丈

禅宗寺院に多く見られる古典的な建築様式で、仏間・書院・室中・礼の間・檀那の間・衣鉢の間から構成されてます
狩野探幽の襖絵などがあり、豪華です
IMG_0379.jpg

こちらは内部だけでなくお庭もお見事です

人気の方丈庭園
江戸時代初期の代表的枯山水庭園
二条城二の丸庭園や高台寺の庭園などを手掛けた小堀遠州が作った名庭で「虎の子渡しの庭」といわれてます
侘び寂びを表現した日本のよき伝統的なお庭です
IMG_0370_2018113021581473b.jpg



小方丈の「如心庭」
「心」字形の庭石を配した枯山水の石庭で、落ち着いた雰囲気です
IMG_0374.jpg


苔むしたお庭に緑の木々に囲まれた心地よい空間です
DSC01505.jpg


見落としがちな建物を出た後の唐破風の大玄関
わびさびを感じる美しい空間です
IMG_0380.jpg


ほかにも見どころがある南禅寺ですが、四季折々楽しめるよいところでとてもよかったです