archive: 2015年04月  1/3

クメール料理に再チャレンジしたものの・・・・

1/4⑥朝早くからアンコールワットを散策し、もう2時近くドライバーからお昼のお誘いがありました久しぶりのお食事ネタです次の目的地に行く途中にあるお店のどかで自然あふれてますカンボジアではお高そうなレストラン「KHMER COOKING EMPIRE」2階の開放的な空間天井ではファンが回ってますクメール料理のお店で、観光人価格でお高めドリンク付きですがランチセットがなんと$12直後に来た外人ファミリーグル...

  •  12
  •  0

密林に眠っていたタ・プローム

1/4⑦自然の力を感じる人気のタ・プロームへ1186年スーリヤヴァルマン7世が、母のために建てたという仏教僧院、のちにヒンズー教に改宗されました東西1000m、南北700mの広大な敷地で迷路のようになってます溶樹に浸食された遺跡は、目にしたことがあると思いますここはインドが修復を手掛けてます入口は二か所あり、案内されたのは西塔門発見が遅かったというだけに、密林の中にあります回廊に張り巡らされた溶樹の根近くで見ると鳥...

  •  12
  •  0

未完のタ・ケウ~アンコール・ワットの原型トマノン

1/4⑦未完のタ・ケウシヴァ神を祀るヒンズー教寺院として10世紀中ごろから建設されましたが、王の死や内戦により、石を積み上げた状態で未完のまま放置されてます車道から見え、その姿が眺められますここは階段を登りますここは中国が修復を手掛けてます5基のピラミッド型寺院レリーフも施されたのは一部のみ彫刻が施されてないため、寂しいですしかし、こうして遺跡が作られて行っただろう過程がわかる寺院ですそれにしてもすごく...

  •  14
  •  0

どこまで周れるアンコールトム

1/4⑧まだまだ頑張ります!?観光には、はずせないアンコール・トムアンコール・トムとは、大きな都という意味で広大な敷地内に遺跡が散在しています現存する遺跡は、12世紀から13世紀にかけて造られたもので、建築様式が違うのも見どころのひとつ中でも、中央にある四面仏塔があるバイヨン寺院は、アンコール・ワットに次ぐ人気があり、とても有名ですまずはアンコール・トムの勝利の門をくぐりますバイヨンの北西にあるパブーオンへ...

  •  8
  •  0

観光のあとのお楽しみ

1/4⑨ホテルに戻り早速、ホテルの宿泊特典「1時間マッサージ無料」をお願いしましたすぐに案内されてよかったです夫は初めてのプチスパとっても気持ちよく、癒されました宿泊したサエム・シェムリアップは、特典も充実していて、のんびりしたホテルでよかったです少し休んで、昨日も訪れたパブストリートへ旅行前にはおしゃれなクメール料理レストランを探していたけど、気持ちはノーモア・クメール料理普段の旅行では考えられない...

  •  8
  •  0