ベトナムの歴史を物語るホアロー収容所

5/4⑤

一度ホテルに戻ったあとに、

ホテルから近いホアロー収容所
DSC09381_convert_20140609193418.jpg


収容所とは思えないほど明るい入口ですが・・・・
ベトナムには、複雑で過酷な歴史遺産がたくさんあります

この収容所は、
19世紀末、フランス統治時代にフランスによってつくられた監獄
多くの抵抗活動をしたベトナム人がここに収容されていました
1954年インドシナ戦争勝利後は、ベトナム政府によって管理されるようになり
ベトナム戦争時には、撃墜され捕虜になった米軍パイロットが収容され、その過酷な状況を皮肉って、「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれ、のちに映画化もされました

現在は、半分以上が壊され、高級マンションとビジネスオフィスが入った高層ビル「ハノイタワーズ」となり、
その一部が歴史的遺物「ホアロー収容所」として一般公開されてます
DSC09466_convert_20140508193316.jpg


入場料20000ドン(100円)


館内には

当時の収容施設や拷問器具や処刑道具のギロチンが置いてありました
想像しただけで恐ろしい・・・・


集団房の足枷をはめられたやせこけた囚人たちの様子
重苦しい空気が漂ってます
DSC09382_convert_20140609205239.jpg

独房も狭く暗く、「地獄の中の地獄」と恐れられていたそうです


刑務所内の冷酷な生活を描いたレリーフ
DSC09387_convert_20140609205332.jpg


また
収容者が下水道を作ってる様子
そして大脱走を成功させた人もいるそうです
DSC09389_convert_2014061016341.jpg



館内後半は、

ベトナム戦争時の米軍捕虜の生活の様子が多く展示されていました
また、2008年のアメリカ大統領選で出馬した共和党のジョン・マケイン氏もベトナム戦争時に、この収容所に収容されてました
アメリカ人観光客が熱心に見入ってたのが印象的です・・・


目をそむけたくなるようなベトナムの悲しい歴史を知るうえで大事な場所です
少々気が重かった収容所でしたが、人の愚かさを改めて考えさせられるところです



少々重い話が続きます・・・




関連記事

18 Comments

ボルフィ  

よっちさん♡
本当は、こういう現実をきちんと知っていかなければ、いけないはずなのに、、なかなか足を向けられません。ドイツ旅行の時も、収容所の近くを通る事もあり、一瞬考えましたが、、ためらってしまいました。

2014/06/10 (Tue) 19:56 | REPLY |   

Yottitti  

ボルフィさん

ボルフィさん

> 本当は、こういう現実をきちんと知っていかなければ、いけないはずなのに、、なかなか足を向けられません。ドイツ旅行の時も、収容所の近くを通る事もあり、一瞬考えましたが、、ためらってしまいました。

今回夫が行くといわなければ、行かずに終わらせてしまったかもしれません
こうした歴史遺産に触れることによって、少しベトナムの歴史に触れ、抗日運動もあったことも知りました
まだまだ知らないことが多いですね

2014/06/10 (Tue) 20:40 | REPLY |   

ジュマ  

負の遺産

ベトナム戦争時撒かれた枯葉剤の影響で生まれた障害のある子供たちはその後も差別に遭い、今なおひとところで集団生活を余儀なくされていると聞きました。
あの戦争はいったいなんだったのか・・・・
考えさせられることが多いです。
この収容所での生活もいかほど過酷だったか・・・
実際にご覧になるとひしひしと伝わって来たことでしょうね。

こういう施設は残すことで未来への警鐘にしなくてはなりませんね。


2014/06/10 (Tue) 21:03 | REPLY |   

Yottitti  

ジュマさん

ジュマさん

> ベトナム戦争時撒かれた枯葉剤の影響で生まれた障害のある子供たちはその後も差別に遭い、今なおひとところで集団生活を余儀なくされていると聞きました。
> あの戦争はいったいなんだったのか・・・・
> 考えさせられることが多いです。

ベトナム戦争で枯葉剤の残した影響は、今もなお強い影響を及ぼし測りしれませんね・・・・
一度壊されたものはもとに戻すのは難しく、人の力は怖いものですね
またホーチミンの戦争証跡博物館で、枯葉剤による負の産物を見て、胸が詰まりました
ベトナム戦争は何だったのか、課題も多く、いろいろ考えさせられます

> この収容所での生活もいかほど過酷だったか・・・
> 実際にご覧になるとひしひしと伝わって来たことでしょうね。

写真がないので状況がお伝えしにくい記事ですが・・・・
プライバシーも許されず、真っ暗な過酷な状況での収容生活は過酷なものだったと思います
当時の写真はその悲惨さを訴え、かつ、負けないベトナム人の強さを感じました

> こういう施設は残すことで未来への警鐘にしなくてはなりませんね。

こうした負の遺産は、過去の過ちを二度と繰り返さないよう、語り継いでいかなくてはいけませんね

2014/06/10 (Tue) 21:55 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
こういう収容所が残っているんですか。
初めて知りました。
観光は楽しい場所ばかりではなく、こういう歴史もちゃんと知っておきたいですね。
ベトナムに行く機会があれば行ってみたいと思います。
yottittiさんがブログでこうした場所をご紹介されるだけでも意義があることだと思います。

2014/06/10 (Tue) 23:31 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/11 (Wed) 09:41 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

ホーチミンの戦争証跡博物館もそうでしたけど
コチラもベトナムの悲しい歴史を物語る施設なんですね。
知らんふりして通り過ぎることもできるんだけど
同じ過ちを繰り返さないよう、目を背けることなく
しっかりと見ることも必要なのかもしれません。
人間ってほんとに愚かですよね…

2014/06/11 (Wed) 10:27 | EDIT | REPLY |   

キュウ親  

ホアロー収容所、
次にハノイに行く機会があったら、
絶対に行ってみたい、行くべき場所と思ってます...。
やはり、壮絶な負の歴史を感じさせる場所ですね!

ベトナムの、苦悩の歴史を感じると共に、
戦争に直面すると、人の良心は簡単に麻痺しちゃう、
麻痺させられちゃうって、つくづく感じます。

↓マダム・ヒエン、素敵なレストランですね!!
良い雰囲気で美味しく食べて169,000ドンとは...。
レストランもホーチミンシティーより、お得ですね♪

2014/06/11 (Wed) 13:10 | REPLY |   

はむこたん  

こういうところは、どうしても目を背けてしまいたくなります。
でも、それじゃいけないんですよね。

平和ボケした、無知な自分が恥ずかしくなりますが
こういった形で紹介していただけて
色々考えさせられるきっかけの1つになります。

2014/06/11 (Wed) 13:46 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは

> こういう収容所が残っているんですか。
> 初めて知りました。
> 観光は楽しい場所ばかりではなく、こういう歴史もちゃんと知っておきたいですね。
> ベトナムに行く機会があれば行ってみたいと思います。
> yottittiさんがブログでこうした場所をご紹介されるだけでも意義があることだと思います。

気が重かった収容所ですが、負の遺産として、未来に語り継がなくてはいけませんね
その国を訪れることによって、歩んできた歴史に触れられるのでいい勉強になります
ベトナムにはホイアンなどの古い街並みの世界遺産もたくさんありますが、
やはりベトナムはベトナム戦争なしでは、語りつくせません
でも生き生きしてるベトナムの方々を見ると、エールを送りたくなります
私のボキャでは、うまくお伝えできませんが、ほんの少し、頭の片隅に残っていただければ幸いです

2014/06/11 (Wed) 18:57 | REPLY |   

Yottitti  

鍵コメさん

鍵コメさん

日本が歩んできた歴史も、我々も理解してないところもあるでしょうが、
アジアの方々からは、日本は高く評価を受けてることも確かです
本当に人は愚かで、今も取るか取られるか・・・・、ずっと同じことの繰り返しをしてるようです
それぞれの国の権利と利益を主張したり、争いは続いてますね
腹の探り合いをして、駆け引きが政治の手段となってますが・・・・・
争いのない平和な世界であってほしいと願ってます

2014/06/11 (Wed) 19:14 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんばんは

> ホーチミンの戦争証跡博物館もそうでしたけど
> コチラもベトナムの悲しい歴史を物語る施設なんですね。
> 知らんふりして通り過ぎることもできるんだけど
> 同じ過ちを繰り返さないよう、目を背けることなく
> しっかりと見ることも必要なのかもしれません。
> 人間ってほんとに愚かですよね…

ホーチミンの戦争証跡博物館は戦争の悲惨さを物語ってましたよね
それほど規模は大きくなく、収容所内での、薄暗くて背筋がぞっとするような過酷な生活や処罰の展示が多かったです・・・
こうして訪れると、知らなかったベトナムの一面に、そして日本の歴史にも少し触れることができました
あのマケインさんもいたのかと驚きました
多くの人々に訪れてもらって、同じ過ちを繰り返さないよう、語り継がなくてはいけませんね

2014/06/11 (Wed) 19:24 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> ホアロー収容所、
> 次にハノイに行く機会があったら、
> 絶対に行ってみたい、行くべき場所と思ってます...。
> やはり、壮絶な負の歴史を感じさせる場所ですね!

ホーチミンの戦争証跡博物館とは規模に展示内容はまったく違いますが、自由を求めて、最後まで戦ったベトナム人が歩んできた歴史に触れることができました
薄暗くて背筋がぞっとするようなところですが、深く考えさせられるところです
また、後ろにそびえたつハノイタワーズとのギャップが何とも言えません・・・

> ベトナムの、苦悩の歴史を感じると共に、
> 戦争に直面すると、人の良心は簡単に麻痺しちゃう、
> 麻痺させられちゃうって、つくづく感じます。

長い苦悩のベトナムの歴史ですね
また人は弱いもので、自国の利益のために過ちを繰り返そうとしてますね・・・
今は腹の探り合いと政治の駆け引きになってますが、くれぐれも戦争の道具にしないでほしいと願います

> ↓マダム・ヒエン、素敵なレストランですね!!
> 良い雰囲気で美味しく食べて169,000ドンとは...。
> レストランもホーチミンシティーより、お得ですね♪

こちらのレストランは場所もよいのですが、ヴィラとして要人も訪れたことがあるそうです
またフランス人シェフということもあり、とても評判のよいところです
ホーチミンでいただいたブンチャーよりお味は上品な気がしました~
次は夜に行ってみたいです

2014/06/11 (Wed) 19:34 | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん

> こういうところは、どうしても目を背けてしまいたくなります。
> でも、それじゃいけないんですよね。

気が重かったものの、ベトナムの歴史に触れられて、行ってよかったです

> 平和ボケした、無知な自分が恥ずかしくなりますが
> こういった形で紹介していただけて
> 色々考えさせられるきっかけの1つになります。

ベトナムが歩んできた歴史も壮絶なもので、世界史では出てこない話に、日本が与えた影響等、やはり旅してると知らないことがいっぱいあると思い知らされます
ベトナムではベトナム戦争なくしては語れません
しかし、生き生きしてるベトナム人の方々を見てると、元気をもらえます
ベトナムの成長を応援し、見守っていきたいと思います

2014/06/11 (Wed) 19:44 | REPLY |   

G.D.M.T.  


歴史が遺したこうした負、あるいは影の部分にも、
眼を背けずに、敢えて触れにゆくというYottittiさんご夫婦の行動力。
さぞかし旅の気が重くなるでしょうに・・・ ほんとうに頭が下がります。

そしてまた、視たこと・知ったことを、こうしてご自身のブログを通して、
場の持つ生々しい空気をも敢えて纏わせながら、
真摯に発信されてらっしゃることの意味は、とても大きいと思います。

事物も現象も、それを発見し、よく観察されることで、
その存在が、存在として証明され続けてゆくんですよね。

都合の悪いことを風化させたいと思っている人がいたとして、
それに対抗する手段はたったひとつ。

出来事から受けた印象を、そのままポイッと簡単に放り出さないで、
自分の知と理をもって、一度自分なりのひとつの《像》に形成すること。

そこから生まれてくるものが、きっとなにかを動かしますよねっっ(^^)

2014/06/13 (Fri) 16:30 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

G.D.M.T. さん

Gさん

> 歴史が遺したこうした負、あるいは影の部分にも、
> 眼を背けずに、敢えて触れにゆくというYottittiさんご夫婦の行動力。
> さぞかし旅の気が重くなるでしょうに・・・ ほんとうに頭が下がります。

日本のことも理解してない歴史はいっぱいあり、お恥ずかしい限りです
しかし、訪れた旅先で、その国の歴史に少しでも触れられ理解を深められることは、とても貴重な経験です
たくさん博物館がある中で、訪れたのはほんの一部ですが、
やはり同じ世界で起きてたこと、植民地時代の話に触れ、同じ過ちを繰り返してはいけないと強く感じました

> そしてまた、視たこと・知ったことを、こうしてご自身のブログを通して、
> 場の持つ生々しい空気をも敢えて纏わせながら、
> 真摯に発信されてらっしゃることの意味は、とても大きいと思います。

本当は、もう少し、ベトナムの歩んできた歴史について触れられればいいのですが、何せボキャ不足で申し訳ありません
自由を求めた活動が許されない時代があったということは、忘れてはいけませんね
どんな些細なことでも、読んでくださった方々の、頭の中に残っていただいたらいいなと思ってます

> 事物も現象も、それを発見し、よく観察されることで、
> その存在が、存在として証明され続けてゆくんですよね。

今もそのすさまじい光景が脳裏に焼き付いてます
特にギロチンは背筋がぞくっとしました
人はどうして同じ人なのに、おぞましいことができるのか・・・
本当に怖い生き物です
そしてこの博物館はそれを語り継いでいくべきですね

> 都合の悪いことを風化させたいと思っている人がいたとして、
> それに対抗する手段はたったひとつ。

臭いものにはふたという考えはよくないですよね
権力でつぶそうとしたり・・・
駆け引きはあるかもしれないけど、動じてはいけませんね

> 出来事から受けた印象を、そのままポイッと簡単に放り出さないで、
> 自分の知と理をもって、一度自分なりのひとつの《像》に形成すること。

逃げ出すことは簡単です
しかし、負けることにもなります
やって無駄ってことはなく、努力しただけの報いに、やる価値は大いにありますよね

> そこから生まれてくるものが、きっとなにかを動かしますよねっっ(^^)

乗り越えられないものはない!思いは伝わる!
そう信じてます
いつもありがとうございます!

2014/06/13 (Fri) 18:17 | REPLY |   

Chempaka  

ベトナムの博物館系に訪れると必ず寂しい気持ちに
なってしまいます。人間って怖いよなあ~って。
そうそう、ここにギロチンありましたね。
ホーチミンの戦争証跡博物館にもギロチンがありました・・・

共産国なので国威発揚の意味もあるんでしょうが
この手の博物館は非常に多いですね。

Yottittiさんもなんだかんだとアチコチ行ってますね!
かなり歩いてますやん!(笑)

chempakaでした!

2014/06/19 (Thu) 01:07 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん④

chempakaさん

> ベトナムの博物館系に訪れると必ず寂しい気持ちに
> なってしまいます。人間って怖いよなあ~って。
> そうそう、ここにギロチンありましたね。
> ホーチミンの戦争証跡博物館にもギロチンがありました・・・

ベトナムには複雑な歴史遺産がたくさんありますよね
いままでいろいろな国に利用されてきたベトナムの歴史、改めて訪れると、まだまだ知らないことがたくさんあることに気づかされ、人の愚かさに触れます
多くの人に訪れてもらい触れてもらい所です
そうそう、ホーチミンの戦争証跡博物館にもギロチンありましたよね
フランスの文化の名残なのでしょうか
収容所のうす暗い雰囲気に、背筋が寒くなりました

> 共産国なので国威発揚の意味もあるんでしょうが
> この手の博物館は非常に多いですね。

おっしゃる通り、展示内容はお国柄というか、どこの国も政治色は出るのでしょうね
ベトナムは特に強いかもしれません

> Yottittiさんもなんだかんだとアチコチ行ってますね!
> かなり歩いてますやん!(笑)

歩くと、街の作りがわかって面白いですよね
年の割にがんばってます(笑)
それに、人を見て歩くのは好きですね
さすがにハノイ3日目は、疲れが出てきたのと、暑かったので、何回かはタクシーのお世話になりましたよ

2014/06/19 (Thu) 15:33 | REPLY |   

Leave a comment