category: 三重県  1/2

「伊賀流忍者博物館」へ

2023年12月京都と伊賀にお出かけしたお話の続きです3日目⓸再び、伊賀上野城がある上野公園へ俳聖殿松尾芭蕉笠をかぶり、蓑と衣を身にまとった芭蕉の旅姿を表した八角堂です公園内の、「伊賀流忍者博物館」へ一見、普通の民家の茅葺屋根の民家敵の攻撃か守るために、さまざまな仕掛けが隠されている忍者屋敷です間口の狭い入口中に入ると、スタッフの方が「からくり」を実演しながら説明してくれます中二階の見張り場所赤い服の忍...

  •  8
  •  0

史跡「芭蕉翁生家」

2023年12月京都と伊賀にお出かけしたお話の続きです3日目②史跡「芭蕉翁生家」松尾芭蕉が、30歳頃まで過ごした木造瓦葺・平屋建の町家造のお家現在の建物は、芭蕉が生きた当時のものではありませんが、ゆかりの地として長年大切にされてきました間口が狭いので要注意です観覧料300円受付の方が概要を話してくれます近年、大改修が行われましが、当時の生活が再現され、芭蕉翁の暮らしぶりがうかがえます松尾芭蕉は下級武士の家に生...

  •  8
  •  0

見どころの多い「伊賀上野城」

2023年12月京都と伊賀にお出かけしたお話の続きです3日目①京都を車で出発して、三重県の北西部に位置する伊賀市へ伊賀市は京都や奈良からも近く、江戸時代には藤堂家の城下町や伊勢神宮への参宮者の宿場町として栄えましたまた伊賀流忍者の里、松尾芭蕉生誕の地でも有名です最初に訪れたのは、伊賀市のシンボルの「伊賀上野城」築城の名手「藤堂高虎」によって造られ、高さ約30mの高石垣は大阪城と並んで日本一の高さを誇っていま...

  •  6
  •  0

石垣が美しい「松坂城址」

2023年7月2泊3日で熊野詣と伊勢神宮に出かけてきたお話の続きです3日目⓸おいしいお肉を食べるために、松坂まで移動します予約時間までの時間調整松坂は3年前に訪れましたが、松坂城跡へ1588年に蒲生氏郷によって標高38mの丘陵に築かれた平山城現存する建物はありませんが、全国でも屈指の壮大な石垣で、日本100名城にも選ばれ、国指定史跡に指定されました立ちはだかるすごい石垣天守閣までは、守り重視の枡形構造高い石垣に囲ま...

  •  4
  •  0

伊勢神宮といえば「赤福本店」 お土産は新作の「白餅黒餅」

2023年7月2泊3日で熊野詣と伊勢神宮に出かけてきたお話の続きです3日目②伊勢神宮・外宮参拝後、内宮へ外宮から内宮までは車で15分ほど有料駐車場に車を停めて、お詣りに出かけます内宮の門前町歴史を感じるお店が並び、風情たっぷりです参拝前に伊勢名物「赤福」本店で一休み伊勢らしい立派な切妻屋根の木造建築店頭では、朱塗りの竈も名物の一つ店内の座敷席へは、それほど待たずに案内されました五十鈴川に面した店内、ゆっく...

  •  4
  •  0