リピート・ラスベガス

archive: 2015年10月  1/3

ジャイプールのシンボル「風の宮殿」

8/6⑦見てみたかった風の宮殿(ハワーマハール)細かな装飾の施されたピンクの壁に、小窓がいっぱいここの宮殿なかなかの曲者で、見えてけど、なかなか入口にはつかないんです正面に来てみたものの、やはり入口はなく、大通り沿いをくるっと周らないと裏側にいけませんなかなか苦労しましたお店の人があっちあっちと指さしで教えてくれとっても親切です!変な人もくっついてこないしねここが入口先日アルバート・ホールで買ったコンポ...

  •  12
  •  0

ジャイプール街並み

8/6⑥ジャイプール旧市街散策ジャイ・シン2世は、1727年、ムガール帝国の衰退と共に、アンベール城から、旧市街にお城を移しました7つの門と城壁に囲まれた街でピンクシティーとも呼ばれますしばらく城壁の外側を走り~ピンクシティーって?本当にピンク!旧市街はどんな感じだろう?と期待も膨らみます人口も305万人と多く都会城壁の近くに来ると、だんだん雰囲気も出てきて赤いレンガの建物が並んでます道路も広くてきれいな街...

  •  12
  •  0

アートみたいなジャンタル・マンタル(天文台)

8/6⑤車はシティパレス近くの駐車場に停めて、しばし徒歩で旧市街を探索しますまずはジャンタル・マンタル(天文台)天文学に造形が深かったサワーイ・ジャイ・スィン2世の建造した天文台300年経った今も占星術が盛んなインドでは現役で使われてます世界遺産にも登録され、アンベール城で会った人も教えてくれたところ日時計、黄道儀、子午線儀、星座儀、天体経緯儀などが見れますここはどちらでもいいかな~と思っていたところで...

  •  12
  •  0

水の宮殿~ジャイプール郊外

8/6④旧市街への帰り道、湖に浮かぶジャールマハル(水の宮殿)へここは道中なので、目にとまりますジャイ・シン2世が建てた夏用の離宮中に入ることはできませんが、湖に浮かんで見えきれいです当時から、ほとんど使われることはなかったそうです道路沿いに車を停めて、いろいろな人が訪れて写真撮影に立ち寄ってました街中には、特徴のある屋根の建物は、ジャイプールに多かったですドライバーに誘われて~お土産物屋さん「Sana T...

  •  14
  •  0

ジャイガル要塞からのアンベール城は絶景です

8/6③ドライバーと合流して、アンベール城の山上にある要塞ジャイガル要塞へお城とつながってるようですが、車で山道を登っていきますのどかな風景で、動物もたくさんいましたシャッターチャンスを逃したけど、きれいな羽根の孔雀もいたのに驚きましたジャイガル要塞の入場ゲートに到着です入場料(85ルピー170円*2)ほかにカメラ持ち込み料(50ルピー100円*2)を支払います(ここはシティパレスのチケットに含まれます。余裕があれば...

  •  16
  •  0