archive: 2019年05月  1/2

日東第一形勝の対潮楼

GW期間中は、国内を移動してましたが、さぼり癖もつき更新が滞り、ご無沙汰しました鞆の浦の話の続き、やっと最終回です抜群の眺望の対潮楼(たいちょうろう)福禅寺に隣接する客殿として創建された建物で、お座敷からの眺めは美しく、朝鮮通信使が「日東第一形勝」(日の昇る東の国で一番の景色である)と大絶賛しましたその後、朝鮮通信使のための迎賓館として使われたり、日本の漢学者や書家らとの交流の場になり、「いろは丸事...

  •  16
  •  0

憧れの姫路城1

白鷺城と呼ばれる姫路城へ毎年、お城の人気ランキングで堂々の1位に輝く姫路城一度は訪れたいと機会を待ってましたが、ようやく念願かないました1333年築城、安土桃山時代には三重の天守を持つ姿となり、1609年に現在の姿の五重7階の連立天守が完成幸いにも姫路城は、一度も落城や火災に見舞われることなく、太平洋戦争中も奇跡的に戦火に包まれることなく、江戸時代に建てられたままの姿で現存する貴重なお城大天守の平成の大修...

  •  8
  •  0

姫路城~西の丸~好古園

姫路城のお話の続きです天守閣を出ると、備前門築城の際に、石不足であったため、入口右の大きな石をはじめ、多くの石棺が転用されてますなんとも大胆~そして怪談が伝わるお菊井戸「播州皿屋敷」で知られるお菊が、責め殺されて投げ込まれたといわれる井戸井戸から1枚~、2枚~と数える声が聞こえてくるとか来ないとか・・・・そして、また坂を上って西の丸へ西の丸公園から見る天守閣は少し高い角度からの眺めになって素敵西の丸の...

  •  10
  •  0

三門で有名な知恩院

4月に春の陽気となり、京都を訪れたお話が続きます八坂神社~丸山公園を抜け、知恩院へ浄土宗の総本山、格式が高い門跡寺院です法然上人は「南無阿弥陀仏」と称えれば救われると教えを広めましたまた徳川家ゆかりのお寺ですなかでも国宝の三門や御影堂に鐘楼が有名で、国宝の三門大きすぎて近くでは写真に納まりきれず、迫力が伝わりませんが、日本最大の木造二十門南禅寺の三門を見た時の感動を超え、とても大きくて重厚感に息を...

  •  10
  •  0

知恩院の美しい庭園

京都の知恩院のお話の続きです法然上人御堂が入口となる方丈庭園へ受付で拝観料を納め、参拝順路を案内してもらいます古くから伝わる知恩院の七不思議、ここでは、歩くと鳴き声に似た音が出る鴬張りの廊下や、どこから見ても正面という狩野信政の三方正面真向きの猫、抜け雀、大杓子の4つが拝観できます残念ながら写真撮影は不可詳細は知恩院のHPでご覧ください重要文化財の唐門徳川家ゆかりのところとあり、徳川家光によって建て...

  •  10
  •  0