プラサット・クラヴァン~バンテアイ・クディ

1/4⑤

アンコールワットの周りには、
大きな有名な遺跡から、ガイドブックに取り上げられない小さな遺跡もあります
それがアンコール遺跡群といわれるものです

効率よく周るために、
・大回りコース
・小回りコース
・郊外・ロリュオス遺跡群
大きく3つに分けられ、ガイドブックのコースを参考にアレンジします
ドライバーも要領を得ていて、見どころに立ち寄ってくれたりもします


これから周るのは小回りコース


プラサット・クラヴァン

入口からもすぐ見え、
ドライバーも「小さい」と案内してくれました
フランスによって修復され、保存状態もとってもよいです

921年に創建されたヒンズー教寺院
すべてがレンガ造りの平地式の寺院

ひとつの基壇の上に5つの塔が東向きに並んでます
方角もアンコールワットでは、重要
P1040118_convert_20150327231729.jpg

ヴィシヌ神を祀ってます
内部の壁面に施されてる彫刻は珍しいく、彫も深く、立体感があり、迫力があります
P1040115_convert_20150327231907.jpg


北側の祠堂内部には
ヴィシヌ神の妻の幸運の女神ラクシュミーのレリーフ
DSC00153_convert_20150327231430.jpg


ここは小さいけど、すぐに見れるし、きれいな寺院でよかったです




バンテアイ・クディ

バイヨン様式の観世音菩薩の四面塔がお出迎え
アンコールトムのようで、ワクワクしましたが、のちにたくさん出会います
P1040120_convert_20150330221311.jpg


ジャヤヴァルマン7世が12世紀にヒンズー教寺院から仏教寺院に建てられた寺院
その後、僧侶が生活するために改装され、「僧侶の砦」といわれてます
修復・調査は、またまた上智大学が関わっています

東西700m、南北500mもあり、今度は少し歩きます


踊り子のテラスを通り、東塔門
P1040125_convert_20150330221100.jpg


複雑な作りになった門
P1040128_convert_20150330220656.jpg

屋根などもなくなり、ずれがでたり、倒壊防止の支えも多くなってきました
P1040129_convert_20150330220513.jpg


中央塔
DSC00176_convert_20150330224314.jpg


中央柱には美しいデバター
赤く色づいていて、ここもまた華やかな寺院だったことが想像できます
P1040134_convert_20150330220209.jpg


アプサラのレリーフ
P1040131_convert_20150330220401.jpg


外周の回廊では、自然と遺跡が共存しています
アンコール遺跡群では多いです
P1040137_convert_20150330214522.jpg

わびさびを感じ、歩いていても迷路のようで楽しくおすすめです
P1040136_convert_20150330220113.jpg


だんだん補強された遺跡に、崩壊がひどい遺跡を目にするようになってきます



目の前のスラ・スラン

近いので、行ってみました
ここは物売りが増えてきました
P1040122_convert_20150330221225.jpg P1040123_convert_20150330221144.jpg




シンハ像が見守る、王が沐浴するための池
現在工事中
P1040147_convert_20150330214420.jpg P1040144_convert_20150330214246.jpg


まだまだ続きます
旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ






関連記事

10 Comments

EkaterinaYoghurt  

ヴィシニ神を祀っているという彫刻は、足元がブルーで何だか水の中から現れた神様みたいで神秘的に見えますね^^
沢山の色んな遺跡がありますが、どれも崩壊しそうなほどに見えて、こんなところに観光客が入れるんだ〜ってちょっと冒険心をくすぐられました。

2015/03/31 (Tue) 22:27 | REPLY |   

Chempaka  

いつも人の多いアンコールワット、バイヨン、タ・プロームと
違って、これらの遺跡を訪れると落ち着いた気持ちで鑑賞できるのが
魅力ですよね~~。アンコールワットほどゴージャスなデバターは
無いけれど一体一体表情が違って、鑑賞する者に微笑みかけてくれます。

ほんとこれほどの文化遺産なのに手で触れられるんですよね~
特に監視員が中にいる訳でもなく解放されているのは有難くもあり
大丈夫か~?と思ったりで・・・
ある意味、管理されていない素の遺跡に触れられる最後のチャンスかも?
現にタ・プロームなんかは「順路」が登場し歩く為の敷板も整備されました。

バンテアイ・クディは日本の調査団が数々の新発見等で実績を積んでますね!
こういうのを見たり聞いたりすると嬉しいですねえ~

chempakaでした!

2015/04/01 (Wed) 00:29 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

これらの遺跡もアンコールワットの入場券で入れる遺跡ですか?
どの遺跡も精巧なレリーフなどすばらしいのに
何の手入れもされていなくて倒壊寸前とはもったいなさすぎます…
ほんとに早めに行かなければ、と思いました。

2015/04/01 (Wed) 10:12 | EDIT | REPLY |   

tookue  

こんにちは!

写真を拡大してみると
やはり違いますね~ 当たり前なこと行ってますがe-330
1000年も前になると
なんか 感じるんですよね
神社で大きな木を見た時とか

よっちさん
わびさびの心
極めましたかね(笑)

私は ワサビ好きで サビは嫌いですねヾ(- -;)

2015/04/01 (Wed) 10:32 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> ヴィシニ神を祀っているという彫刻は、足元がブルーで何だか水の中から現れた神様みたいで神秘的に見えますね^^

さすがEkaterinaさん、 ヴィシヌ神が水の中から現れたみたいって~、すごくロマンティックですね
ヒンズー教の神様って、いろいろなところに祀られて、与える影響力はすごいし、それだけ信仰もあついのでしょうね
ちなみにヴィシニ神、私がI/Pミスしてましたので、訂正しました

> 沢山の色んな遺跡がありますが、どれも崩壊しそうなほどに見えて、こんなところに観光客が入れるんだ〜ってちょっと冒険心をくすぐられました。

たくさんのいろいろな遺跡があり、当てもなくただ歩いてても楽しいです
自然との共存や彫刻など、飽きないですね
バンテアイ・クディはよいほうで、もっと崩壊がひどいものもあり、手つかずのものも多いので、もっとびっくりしますよ

2015/04/01 (Wed) 17:35 | REPLY |   

キュウ親  

プラサット・クラヴァンって、
他の遺跡群とちょっと雰囲気が違って、
小さいけど印象に残りますよね~。

木に侵食されたり、石自体が風化したり、
遺跡も年々、痛みがひどくなっているようですね。
補修や補強が、なかなか追いつかないのですかねぇ?

2015/04/01 (Wed) 17:36 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん

chempakaさん

> いつも人の多いアンコールワット、バイヨン、タ・プロームと
> 違って、これらの遺跡を訪れると落ち着いた気持ちで鑑賞できるのが
> 魅力ですよね~~。アンコールワットほどゴージャスなデバターは
> 無いけれど一体一体表情が違って、鑑賞する者に微笑みかけてくれます。

有名な人気のある遺跡は、写真撮影に、いつまでも占領されて進まずに困ったものです
邪魔されず、迷路のように迷いながら、ゆっくり鑑賞に浸れる遺跡はいいですよね
ここのデバターにアプサラもきれいで、優しい微笑みに、カメラをかまえたくなりました
アンコールワットは、お茶目な面白いお顔のデバターもいて、やっぱり最高ですよね
お気に入りのデバター探しに夢中になるのもわかります

> ほんとこれほどの文化遺産なのに手で触れられるんですよね~
> 特に監視員が中にいる訳でもなく解放されているのは有難くもあり
> 大丈夫か~?と思ったりで・・・
> ある意味、管理されていない素の遺跡に触れられる最後のチャンスかも?

チケットチェックはされるものの、監視員はいないし、手で触れるからついつい触りたくなります
みんなが触ると脂がーーー
遺跡に登ったりしてる人もいるし、無法地帯ですよね
でも、あれだけの規模のものを監視するのは、現時点ではカンボジアはしなさそうですよね
今後、倒壊の危険性もあるから、立ち入り禁止区域は増えてくるかもしれませんね
どんどん風化していきそうで、手つかずの遺跡がいっぱいあるので心配です

> 現にタ・プロームなんかは「順路」が登場し歩く為の敷板も整備されました。

確かにいくつかポイントはありました
いたずら防止も含め、だんだん整備されていくといいですね

> バンテアイ・クディは日本の調査団が数々の新発見等で実績を積んでますね!
> こういうのを見たり聞いたりすると嬉しいですねえ~

発見されたようで、日本の功績を知るとうれしいです
どんどん日本の技術で守り、維持していってほしいです

2015/04/01 (Wed) 18:09 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは~

> これらの遺跡もアンコールワットの入場券で入れる遺跡ですか?

街中の博物館は、別料金のところもありますが
遺跡群には、一緒のパスチケットで入場できるので、かなり見どころはあるので、お得だと思います

> どの遺跡も精巧なレリーフなどすばらしいのに
> 何の手入れもされていなくて倒壊寸前とはもったいなさすぎます…
> ほんとに早めに行かなければ、と思いました。

こちらのバンテアイ・クディはまだよい方で、手つかずの遺跡もいっぱいあり、びっくりします
いろいろな国が修復にあたってますが、なかなか進まずに難しそうです
レリーフは同じに見えてきますが、初めて見る様な新鮮な気持ちになり楽しいですよー
実際に行ってみると、早い方がっていいっていうのを実感します

2015/04/01 (Wed) 18:17 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんにちは~

> 写真を拡大してみると
> やはり違いますね~ 当たり前なこと行ってますがe-330
> 1000年も前になると
> なんか 感じるんですよね
> 神社で大きな木を見た時とか

写真見てくれてありがとうございます
やはり、時代を超えて、今もこうした姿で残っていることはすごいですよね
そして彫刻もきれいで、昔の人の知恵に技術にすごいなって思います
今回、自然の力強さも感じました

> よっちさん
> わびさびの心
> 極めましたかね(笑)

いやいや、まだまだです(笑)

> 私は ワサビ好きで サビは嫌いですねヾ(- -;)

錆びは嫌ですよね
劣化して壊れそうで、建物などは心配になります

2015/04/01 (Wed) 18:27 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> プラサット・クラヴァンって、
> 他の遺跡群とちょっと雰囲気が違って、
> 小さいけど印象に残りますよね~。

一番最初に訪れたので、小さいけど、印象に残るところでした
すごくきれいに整備されて、
ガイドブックの情報だけだと、歩かずにこうした遺跡が続くものと思ったりもして、いろいろな遺跡を歩くたびに発見があり面白かったです

> 木に侵食されたり、石自体が風化したり、
> 遺跡も年々、痛みがひどくなっているようですね。
> 補修や補強が、なかなか追いつかないのですかねぇ?

風化が進み、姿が変わる・・・・といわれてますよね
各国の資金源の問題もあるのでしょうが、
手を加えるのに、かえって倒壊してしまいそうだし、なかなか難しそうですよね
少しでも維持していってほしいですね

2015/04/01 (Wed) 18:38 | REPLY |   

Leave a comment