思い出深いシェムリアップ

1/8
本日はベトナムーホーチミンへの移動日です


話が前後しますが、

前日に
カンボジアで忘れてはいけない悲しい歴史を知る
キリング・フィールド」へ訪れました

カンボジアといえば、
1990年代まで、内戦で数千万の地雷が埋められた危険な地域でした

近代の暗い歴史として、ポル・ポトの空前絶後の大虐殺がありました

ポルポトは中国の毛沢東に影響を受け、ベトナム戦争をきっかけに、カンボジアの独裁者になりあがります
そして
知識人は邪魔だと排除するようになり、自国の民を殺す悪夢が始まりました
わずか4年間で数えきれないほど多くの人間が殺されました
その数は、170万人とも言われてます
ここも処刑場のひとつです


当時の様子を伝える写真や歴史が展示されてました
P1070800_convert_20150511174211.jpg

遺骨が山積みになってるのには、
どうしたらこんなに残酷なことができるのか・・・言葉を失います
二度と起きてはいけない残虐な歴史、決してわすれてはいけません


現在は、鎮魂の意を込めて僧院となっています
P1070799_convert_20150511174125.jpg



カンボジアは地雷や戦傷者などまだまだ課題は山積みですが、
みんな希望に満ちあふれて、きらきら輝いてまぶしかったです
(写真はアンコールワットで、モデルさんぽいかたが写真撮影をしてました)
P1070796_convert_20150521214856.jpg


4日間付き合ってくれたトゥクトゥクのドライバー

言葉は少ないけど、いつも素朴な笑顔で待っててくれました
お別れの時には、
私たちへの幸せを祈ってくれたことは忘れません
わがままに付き合ってくれてありがとうございました
DSC01198_convert_20150511173645.jpg



空港まで送ってくれたドライバー

日本への興味も高く、職業など聞いてきました
そして、
日本の企業は技術が素晴らしいとほめてくれました
彼はマイカーは持ってなくて、バイクだけで、バイクもカンボジアでは高級品です
何より新幹線への憧れが強く、見てみたい
そしてこの街にもいつか!と、熱く語ってたのが印象的です

そして話はお家のことにもおよび、
自宅にはもちろんエアコンもなく、電気もなくキャンドルで暮らしてるとのこと
制服を着て誇らしげにポーズを取ってるお子さんの写真を見せてくれ、家族への愛情にあふれてました



アジア内では内戦で経済発展が遅れたカンボジアですが、
街中も遺跡も整備が進んでるようです
内に秘めた思いで、ますます、国を盛り立てていってほしいです


そしてなんといっても
世界最大級のアンコール遺跡群、その彫刻の美しさは過去の栄華を表していて、見どころ満載で素晴らしかったです
そして自然とのふれあい、のんびりしていて、心に残るものとなりました
ぜひ訪れてほしいところです



さてさて旅行記に話は戻しますと

空港では

空港のカウンターは
列は少ないのにごねる人ばかりで、チェックインに一時間近くもかかってげっそりでした
DSC01231_convert_20150511174821.jpg

平屋建てがカンボジアらしいです
DSC01233_convert_20150511174851.jpg

いよいよカンボジア・アンコール航空でホーチミンへ出発です
DSC01234_convert_20150511174925.jpg


旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





関連記事

16 Comments

rika3377  

こんにちは。
ベトナムといいカンボジアといい暗い過去がありますよね。
それも、そんなに古い過去じゃないですよね。

電気もつながっていないなんて現代の我々からは想像もできないですね。
われわれが観光に行くことで少しでも現地の人の生活が向上するのであればうれしいです。
でも、一部の人だけが利益を享受し、物価が上がるだけで一般市民の生活水準が変わらないようだったら悲しいですね・・・

2015/05/24 (Sun) 02:49 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

カンボジアのドライバーさんとのエピソード、なんか温かい気持ちになりました。

インドやネパールで感じた未来に希望を持っている瞳やエネルギッシュさと同じなんだろうな〜と想像し、行ったことないのにYottitti さんの記事でカンボジアにとても好感を持ちます。

後進国では、マジ無理!みたいな場面も多々有りますが、私達日本人が忘れてしまった心を垣間見れるような経験がとても楽しく、インド、ネパールでアジアの後進国旅行にハマってしまったかもしれません。またどこかアジアに行きたくなってきました。

2015/05/24 (Sun) 06:52 | REPLY |   

ugteku  

あんなに恐ろしい出来事だったのに、アンコールの熱気や賑わいに目を向けていると、忘れてしまいがちな大きな「負」の歴史ですね。わたしも、アンコールワットでわいわいと楽しんだあと、キリングフィールドを訪れましたが、ここに行っておいてよかったと今でも思います。

トゥクトゥクにもお世話になりました。いろいろな人がいろいろな日常を生きているんだな、と気付かされます。

考えさせられるな記事、有難うございます!

2015/05/24 (Sun) 08:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/24 (Sun) 09:10 | REPLY |   

キュウ親  

ナ○スといい、クメールルージュといい、
硬直化した組織と独裁的指導者の心の中では、
狂気と正義は、紙一重なのかもですね....。

そうそう、空港のカウンターで
やけに時間のかかる人っていますよねぇ!!
チェックインして切符を受け取るだけなのに、
何故なんだろうと、不思議に思います(笑)。

2015/05/24 (Sun) 09:32 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

ポルポトはフランスへ留学し、自身も知識人だったはずなのに
なぜクメールルージュで知識人を排除しなければならなかったのか
己の理想を実現させるために残虐な行いをする人間のなんと愚かなことか
そして現在もなお…なぜ歴史で学べないんでしょう。悲しくなります。

でも、悲しい歴史を乗り越え、前進するのも人間なんですよね。
発展しようと笑顔でがんばっている国の人々が
日本をお手本にしようと思ってもらえるように
わたしたちもがんばらねばならないんですよね。
何をどうがんばったらいいのかわかんないけど(苦笑)
期待を裏切ってはいけないと思います。

2015/05/24 (Sun) 10:36 | EDIT | REPLY |   

ピー助  

キリングフィールド、すごく寒気がしたところです。
名前からしても、怖いですよね。
まだまだカンボジアの復興に時間がかかるかと思うと
いたたまれない気持ちになりました。

ホーチミン、そろそろ行きたくなっている所です。
レポ楽しみにしています!

2015/05/24 (Sun) 13:58 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは

> ベトナムといいカンボジアといい暗い過去がありますよね。
> それも、そんなに古い過去じゃないですよね。

ベトナムにカンボジアの暗い歴史は記憶に新しく、最近の出来事ですよね
訪れてみてその国の歴史に触れると、改めて考えさせられます

> 電気もつながっていないなんて現代の我々からは想像もできないですね。
> われわれが観光に行くことで少しでも現地の人の生活が向上するのであればうれしいです。
> でも、一部の人だけが利益を享受し、物価が上がるだけで一般市民の生活水準が変わらないようだったら悲しいですね・・・

ホテルなどはもちろんインフラの整備はされてるので、一般家庭でもだいぶ電気も通ってるものと思ってましたが、まだまだカンボジアの人たちの生活に、インフラの整備には時間がかかりそうです
お話が伺えたのは、その国を少しでも知る機会になってよかったです
また、多くの人が訪れることによって観光収入源として、国が発展してくれるのが一番ですよね

2015/05/24 (Sun) 14:20 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterina さん③

Ekaterinaさん

> カンボジアのドライバーさんとのエピソード、なんか温かい気持ちになりました。

トゥクトゥクのドライバーさんとは、長くて4日間の付き合いになり、普段の旅では交流がないので、思い出深いものになりました~

> インドやネパールで感じた未来に希望を持っている瞳やエネルギッシュさと同じなんだろうな〜と想像し、行ったことないのにYottitti さんの記事でカンボジアにとても好感を持ちます。

インドネパールでも感じられたように、私もバリでも心の豊かさは感じました
カンボジアの人たちは、生活は豊かと言えないけど、私たちが忘れかけているあたたかい心を持っていて、とっても輝いてました

> 後進国では、マジ無理!みたいな場面も多々有りますが、私達日本人が忘れてしまった心を垣間見れるような経験がとても楽しく、インド、ネパールでアジアの後進国旅行にハマってしまったかもしれません。またどこかアジアに行きたくなってきました。

やっぱりアジアでは、旅先では少々トイレなど冒険しても!?、やはり一日の疲れを取るホテルくらいはゆっくりしたい~と思います
アジアは奥深く、私たちが無くした心の風景に触れますよね
人々が素朴でエネルギッシュさに魅かれます
我が家はまたチャレンジのアジアになりましたが、Ekaterinaさんは夏のご予定はどこか~気になります~

2015/05/24 (Sun) 16:48 | REPLY |   

Yottitti  

ugtekuさん

ugtekuさん

> あんなに恐ろしい出来事だったのに、アンコールの熱気や賑わいに目を向けていると、忘れてしまいがちな大きな「負」の歴史ですね。わたしも、アンコールワットでわいわいと楽しんだあと、キリングフィールドを訪れましたが、ここに行っておいてよかったと今でも思います。

地雷除去も一時期より進み、カンボジアに訪れる人も増えてるのは喜ばしいことです
素晴らしいアンコール遺跡にはぜひ訪れてほしいですよね
しかし、悲しい歴史に目を背けては行けなと思い、キリング・フィールドは気が重かったのですが訪れました
目を覆いたくなるものもありましたが、また改めて考えさせられるところでした

> トゥクトゥクにもお世話になりました。いろいろな人がいろいろな日常を生きているんだな、と気付かされます。

英語ができると食べるのに困らない収入になるそうですが、カンボジアでの人件費など、考えさせられますよね
そう考えると、食べ物屋さんはお高いですよね

> 考えさせられるな記事、有難うございます!

こればかりは勝手な私個人の想いで、
それぞれ考えや感想はおもちでしょうけど、お付き合いありがとうございます

2015/05/24 (Sun) 17:18 | REPLY |   

Yottitti  

鍵コメさん

鍵コメさん

やはりいつの時代も、私利私欲のために、同じ過ちが繰り返されてますね
人は愚かな生き物です・・・・
戦争のない平和な世界が訪れるよう願うばかりです

トゥクトゥクは、タイ-バンコクとは違いますが、バイクに人が乗れる荷台?をつけたものです

やはり新幹線は憧れですよね
乗り物って夢がありますよね
いろいろな電車や乗り物を見ると、テンションがあがります

2015/05/24 (Sun) 17:29 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> ナ○スといい、クメールルージュといい、
> 硬直化した組織と独裁的指導者の心の中では、
> 狂気と正義は、紙一重なのかもですね....。

人の心はいつ変貌するか、計り知れない恐ろしいものですね
どうしてそんなに恐ろしいことができるのか・・・・人は過ちを繰り返し愚かですね
平和な世の中を願うばかりです

> そうそう、空港のカウンターで
> やけに時間のかかる人っていますよねぇ!!
> チェックインして切符を受け取るだけなのに、
> 何故なんだろうと、不思議に思います(笑)。

今回は、予約が入ってなくて、紙を見せてごねてる人が何組もいて、すごかったです
そういう人たちは別のカウンターを作ってほしいと思いました
あと重量オーバーで、荷物整理を始めるのも迷惑ですよねーーー

2015/05/24 (Sun) 19:52 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんばんは~

> ポルポトはフランスへ留学し、自身も知識人だったはずなのに
> なぜクメールルージュで知識人を排除しなければならなかったのか
> 己の理想を実現させるために残虐な行いをする人間のなんと愚かなことか
> そして現在もなお…なぜ歴史で学べないんでしょう。悲しくなります。

ポルポトは知識人ということで、同じ知識人を排除してしまうなんて・・・・間違ってますよね
人の心は恐ろしいものです
今もなお苦しんでる人も多いはず、その狂気を語り継ぎ、二度と起きないようにしてほしいです
今もまだ世界の中でいろいろなことが起きてますが、平和な世の中になるよう願うばかりです

> でも、悲しい歴史を乗り越え、前進するのも人間なんですよね。
> 発展しようと笑顔でがんばっている国の人々が
> 日本をお手本にしようと思ってもらえるように
> わたしたちもがんばらねばならないんですよね。
> 何をどうがんばったらいいのかわかんないけど(苦笑)
> 期待を裏切ってはいけないと思います。

輝かしい未来に向けて、頑張ってる姿は素晴らしいです
今後、どんどん変わっていくと思います
日本が素晴らしいと言ってくれることは光栄なことで、それに恥じないよう、援助協力を惜しまずにお手伝いできるようがんばりたいものです

2015/05/24 (Sun) 20:11 | REPLY |   

Yottitti  

ピー助さん

ピー助さん

> キリングフィールド、すごく寒気がしたところです。
> 名前からしても、怖いですよね。
> まだまだカンボジアの復興に時間がかかるかと思うと
> いたたまれない気持ちになりました。

キリングフィールドって、やはりつらい歴史にも触れるべきだと思い訪れました
その名の通り、歴史を物語るところで言葉をなくしました
カンボジアにはまだまだ問題は山積みですが、少しづつ発展していってるようで光が差し込んでるようです
頑張ってほしいですよね

> ホーチミン、そろそろ行きたくなっている所です。
> レポ楽しみにしています!

ホーチミンは、工事だらけですごい変わりようです
電車が通ったら、バンコクのようになるでしょうね

2015/05/24 (Sun) 20:19 | REPLY |   

Chempaka  

キリングフィールドに行き僕は旅の奥行きが
広がって訪れて良かったなと思いました。

芸能、遺跡の修復、市場の人々・・・
ほとんどが若者なんですよね。

特に芸能とか機織りの技術なんて教える人が
「粛清」されてしまっているので、手探りで
復興中ですし・・・

僕もトゥクトゥクのドライバーやホテルのスタッフから
穏やかで優しい笑顔に触れ、その半分が「サービス」だと
しても残り半分は紛れもなく本物なんだと思いたい。

悲しい歴史を乗り越えつつある、芯のある人々の笑顔だと
思いたいなあ~~

chempakaでした!

2015/05/26 (Tue) 23:34 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん④

chempakaさん

> キリングフィールドに行き僕は旅の奥行きが
> 広がって訪れて良かったなと思いました。

今も残る地雷に戦傷者、傷跡は深く・・・・
カンボジアで起きた歴史に触れ勉強になりました
考え方もやはり変わった気がします

> 芸能、遺跡の修復、市場の人々・・・
> ほとんどが若者なんですよね。

若い人たちが築くカンボジア、技術などうまく伝授して、よい国づくりを目指してほしいです

> 特に芸能とか機織りの技術なんて教える人が
> 「粛清」されてしまっているので、手探りで
> 復興中ですし・・・

失った伝統・・・は大きいですね
模索しながらの芸能伝統の継承となるのでしょうが、これから築いていくのが歴史となっていくのでしょうね

> 僕もトゥクトゥクのドライバーやホテルのスタッフから
> 穏やかで優しい笑顔に触れ、その半分が「サービス」だと
> しても残り半分は紛れもなく本物なんだと思いたい。

幸いドライバーにも恵まれましたが
穏やかな優しい笑顔に触れるとホッとします
サービス精神だとしても、きっと偽りのない素朴な笑顔と信じてます

> 悲しい歴史を乗り越えつつある、芯のある人々の笑顔だと
> 思いたいなあ~~

カンボジアのお役人たちはおいておいて・・・・
悲しい歴史を乗り越え、内にひめた思いを抱え、未来を夢見て輝いてる!
彼らは質素ながらも幸せで、われわれがなくした豊かな心をもっていると思います

2015/05/27 (Wed) 19:09 | REPLY |   

Leave a comment