聖地ガンジス川①怪しい?案内人登場

8/2④

いよいよガンジス川に向けて出発です

ホテルの前で、オートリクシャーに声をかけると、
「as you like」というので、「50ルピー」というと、「ばっかじゃない、50ルピーなんて信じられない。距離があるから300ルピー払いなよ」
隣にいたインド人も便乗して、変に結束力が強い
だったら聞かなければいいじゃない~と思うわけで、
違うドライバーにも、ぶーぶーいわれながら、150ルピーで行ってもらいました


サムラートに向かうのんびりした道とは違い、
ゴミも多いし、クラクションはうるさいし、土埃はすごいし、デリーとは違う・・・・
DSC03078_convert_20150820151714.jpg


牛も当たり前のように道路を歩きます~
DSC03076_convert_20150820151650.jpg



オートリクシャーは、ゴードウリヤーの手前の交差点までしか入れません
お店が並び、お祭りなので、人も多くにぎわってます
DSC03080_convert_20150820151746.jpg


しかし
ゴードウリヤーまでは、まだまだ遠かった・・・


次から次へと、案内役を申し出る輩がやってきます
大きな道路を進んでいくと、分岐があり、「ゴードウリヤーはどっち?」と聞くと、
「あっちあっち~、本当だよ~!大丈夫大丈夫~!、怪しくないから~、ついてきて~、お金だっていらないよ~」と、やる気満々
勝手に案内役になっていました。。。

いくらなんでも怪しすぎるーーー
DSC03084_convert_20150826194708.jpg


本当に大丈夫!?
どう見ても大通りからずれているし、疑心暗鬼・・・・
タダほど高いものはないし、あとで、しらーっと請求するんだろうな??

立ち止まると先導してくるので、あとは、野となれ山となれ~

細い路地をくねくねと猛烈な勢いで進んでいきます
迷子になりそう・・・・・
ぐにょぐにょ連れまわされ、足元はで悪いし臭いし、ついてくのに必死


進むにつれ・・・・

いろいろなものが渦巻く混沌とした世界が広がります

まるで迷路、これは無理だーーー
どこにたどり着くの??


道中、教えてもらったヒンズー教の寺院
DSC03083_convert_20150826194353.jpg


神聖な牛もいっぱい
街と共存してます
そして突然、目の前で用足し?危険がいっぱいです
P8020047_convert_20150826195411.jpg



やっときました! インドの母なるガンジス川

すでにくたくた


そして
ガンジス川には84ものガートがありますが、
建物も水につかり、水嵩が高くなってるのです!
ガートが埋もれちゃってます
DSC03093_convert_20150827001057.jpg


とはいうものの、雨季で豊かな水で潤うガンジス川
祈りをささげてるのかと思いきや、眺めもせずに、トランプゲームで占領するインド人の軍団
聖地でも関係ないらしい・・・・
P8020042_convert_20150826195233.jpg


見渡せば、色鮮やかな建物が連なります
P8020043_convert_20150826195304.jpg


ガンジス川沿いの建物も英国統治時代の名残もあり風光明媚
DSC03088_convert_20150826194809.jpg


動物たちものんびり~
DSC03085_convert_20150826194737.jpg


こちらの人々は夕陽を待ってるようです
DSC03089_convert_20150826194841.jpg


一番最初に声をかけた案内人もいて、にんやり?
早速、罪を流しに来たのでしょうか・・・・
(この頃は)やっぱり、どのインド人も怪しく見えます・・・
P8020046_convert_20150826195338.jpg




さてさて

案内役のお兄ちゃん、
やはり下心があり、ガイドブックに載ってるシルクのお土産屋の店員さん
「見るだけ見るだけ~」といい、お店に連れてかれました
3畳くらいの部屋に横たわる店主たち・・・・その姿にはドン引き・・・・
でもガイドブックの写真を見せ、いかに健全なお店かアピールが始まりました
また積まれたシルク類、何枚か見せてもらいましたが、いまひとつ
ここは何とか撤退しなければ

「このお兄ちゃんがいないと、あなたたち、何もできないし、どこにも行けないよー」という声を振り払いつつ
案内してくれたご好意に感謝しつつ、足早にお店を立ち去りました



ここからどうなる?まだまだ続きます


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ





関連記事

16 Comments

M@lauaealoha  

こんにちわ

as you likeって言ったくせに安いと文句を言うって(^_^;)
最初から値段提示をすればいいのにって思いますよねぇ。
しかもほかのドライバーまで文句を言うのもスゴイです。
勝手に案内役を買って出る店員さんもすごすぎて
母なるガンガーのイメージさえ薄れそう…
インドなんですね、コレがインドなんですねー!

2015/08/28 (Fri) 10:15 | EDIT | REPLY |   

tookue  

自分で「怪しくないから」
というのも よけいあやしくかんじますよね~~

ガンジス川広いです
向こう側まで何メートルあるんだろう?

よっちさん
e-283踏めば足が早くなりますよ
ヾ(- -;)馬じゃ(笑)


2015/08/28 (Fri) 11:06 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんばんは

> as you likeって言ったくせに安いと文句を言うって(^_^;)
> 最初から値段提示をすればいいのにって思いますよねぇ。
> しかもほかのドライバーまで文句を言うのもスゴイです。
> 勝手に案内役を買って出る店員さんもすごすぎて
> 母なるガンガーのイメージさえ薄れそう…
> インドなんですね、コレがインドなんですねー!

as you likeって聞かれても、交渉に至らないということがよーくわかりました
延々と講釈が始まったときにはびっくりしました
えーとか言われながらもいいよと言ってくれると、お約束みたいなものもありますからね
無事につけてよかったです
勝手に案内をしてくれるインド人にはびっくりしましたが、ガイド料をとられたわけではなく、成功の可否は別にしてビジネスのひとつなのでしょうね
でもすごくありがたく感謝してます
ガンジス川はいろいろなものが渦巻いていて、興味深いところです

2015/08/28 (Fri) 23:10 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん

> 自分で「怪しくないから」
> というのも よけいあやしくかんじますよね~~

怪しくないからって言われると、オレオレ詐欺みたいに用心しちゃいますよね
結局は怪しい物売りでしたが、でも道案内してくれて、感謝してます

> ガンジス川広いです
> 向こう側まで何メートルあるんだろう?

雨季なので、すごい川幅は広がってると思います
みなさんが紹介してる風景と違うのにびっくりです

> よっちさん
> e-283踏めば足が早くなりますよ
> ヾ(- -;)馬じゃ(笑)

いやー踏んでそうな気がします
よけるほうが難しい・・・
足が早くなったかな・・・

2015/08/28 (Fri) 23:14 | REPLY |   

はむこたん  

勝手に案内人のお兄さん、確かに案内料はとらなくても
仕事はきっちりするんですね!
・・・意志の弱い日本人に、このやり方はズルいです~!!

ココまでの道のりもすごいし、あるイミ楽しそうですが
ガンジス川の景色も、すごいです~!
色々なものが浮いているという噂の、あのガンジス川ですよね。
話のネタが尽きなさそうです~。
インド、奥深いですね。

2015/08/29 (Sat) 14:12 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
私たちもチュニジアで(まだ平和なころの)、人の良さそうなおじいさんに町の中あっちこっち勝手に案内されて、やはり最後にお金を請求されました。苦笑。
モロッコでは観光の最後に怖いじゅうたん売りのおじいさんの家でお茶を出されて、じゅうたんを売りつけられそうになりました。

こういう場面って、日本人は弱いですよね・・・
抜け出せたyottittiさん、さすがです。笑

2015/08/30 (Sun) 05:33 | REPLY |   

キュウ親  

最初から正直に、
「土産物店立寄付き無料ウォーキングガイド」
って言ってくれたほうが、まだ信用できますよね~

牛さん達は、車道も歩道も区別なく、
のんびりと歩いてて、そこがまた...いいですね♪
寄ってくる怪しい人達よりも....
牛さん達のほうが善良に見えちゃうかも(笑)。

2015/08/30 (Sun) 13:07 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

攻めてますね〜!^ ^
ガンジスまでの道のりの出来事なんかが臨場感があり、手に取るように分かるだけにYottittiさんの驚愕ぶりなんかを想像出来て楽しませてもらっています^ ^

雨季?にはガートは沈むって聞いてましたが本当だったんですね〜Σ(゚д゚lll)
だけど圧倒的な水量のガンジス川も魅力的だと思いました。

as you like、そんなやりとりがあったのですか〜?
それを考えたら私はホントにいい人に出会ったようですね〜^ ^

2015/08/30 (Sun) 15:30 | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん

> 勝手に案内人のお兄さん、確かに案内料はとらなくても
> 仕事はきっちりするんですね!
> ・・・意志の弱い日本人に、このやり方はズルいです~!!

気ままに観光したいのに、観光させてもらえないもどかしさ、押しが強いインド人ですよね
商売上手!でも必死なんだろうなと思います
でも、初めてのガンジス川は、確かに右も左もわからずに、案内してもらって感謝もしてます
NOといえない日本人、トラブルも多いようで、ここは、水に流されて負けちゃだめですね

> ココまでの道のりもすごいし、あるイミ楽しそうですが
> ガンジス川の景色も、すごいです~!
> 色々なものが浮いているという噂の、あのガンジス川ですよね。
> 話のネタが尽きなさそうです~。
> インド、奥深いですね。

見るものすべてがカオス、衝撃がいっぱいだし、
何もかも絵になる風景で、ある意味、すごく興味深いです
ガンジス川は雨季で水量が豊富で、思ってたよりもゴミが少なかったのにびっくりです
でもいろいろなものが渦巻いてそうで、さすがに、沐浴は日本人には無理でしょうね
ネタが満載で、インドに行くと語りたくなりますよ~(笑)

2015/08/30 (Sun) 17:22 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは~

> 私たちもチュニジアで(まだ平和なころの)、人の良さそうなおじいさんに町の中あっちこっち勝手に案内されて、やはり最後にお金を請求されました。苦笑。
> モロッコでは観光の最後に怖いじゅうたん売りのおじいさんの家でお茶を出されて、じゅうたんを売りつけられそうになりました。

どこの国にもガイド料を要求したり、買い物をさせようとする人がいるものですね
rikaさんも遭遇してますね~
私もイスタンブールでも絨毯のお土産屋さんに、よーく声をかけられたし、そういう経験があってよかったのかも

> こういう場面って、日本人は弱いですよね・・・
> 抜け出せたyottittiさん、さすがです。笑

NOといえない日本人は、トラブルにも巻き込まれたくないし、OKしてしまうことは多いでしょうね
やっぱり、海外では、はっきり断らないといけないときもありますよね
さすがに、ローマの地下鉄でジプシーに出会ったときは怖かったですーーーー

2015/08/30 (Sun) 17:38 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> 最初から正直に、
> 「土産物店立寄付き無料ウォーキングガイド」
> って言ってくれたほうが、まだ信用できますよね~

あまり疑い深くても楽しめない~と思いつつ、ガイド料を請求されても気持ちでいいか~なんて思いながら、くっついていきました
最初に土産物屋つきガイドといわれたら!!
お人柄によるでしょうけど、まだ安心ですよね~

> 牛さん達は、車道も歩道も区別なく、
> のんびりと歩いてて、そこがまた...いいですね♪
> 寄ってくる怪しい人達よりも....
> 牛さん達のほうが善良に見えちゃうかも(笑)。

牛さんたちは、当然のように、どこの街でも悠然としていてのんびりしてますね
見てるとホッとするので、牛の写真が多いです
神聖な牛なので、やはり強烈なオーラを発してるのでしょうね~

2015/08/30 (Sun) 17:57 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん
連コメありがとうございます

> 攻めてますね〜!^ ^
> ガンジスまでの道のりの出来事なんかが臨場感があり、手に取るように分かるだけにYottittiさんの驚愕ぶりなんかを想像出来て楽しませてもらっています^ ^

ガイドさんを断った私たち、こんなにもいろいろな人が声をかけてくるとは思ってもなかったです
最後は断ってばかりいても面白くないので、冒険してみました~(笑)
あまりに迷路のようでびっくりしました
歩いていてもわけがわからなかっただろうガンジス川沿い、ガイドさん役を申し出てくれたことは、感謝してます
インド人は押しが強いから誤解されてしまうけど、逆に私たちが、きちんとYesかNOといえることが大事ですよね

> 雨季?にはガートは沈むって聞いてましたが本当だったんですね〜Σ(゚д゚lll)
> だけど圧倒的な水量のガンジス川も魅力的だと思いました。

豊富な水であふれるガンジス川は魅力でしたが・・・・、
今回ばかりは水の量も半端なく多かったようで、ボートが・・・・
ちょっと違ったガンジス川の過ごし方になりました

> as you like、そんなやりとりがあったのですか〜?
> それを考えたら私はホントにいい人に出会ったようですね〜^ ^

Ekaterinaさんとは大違いで~、この時だけでなく、何度か、交渉決裂してます・・・
Ekaterinaさんが出会ったガイドさんは、親切で懐が深く、お人柄も素晴らしい人でしたね
そうした出会いはなかなかないもので、きっとご縁なのでしょうね

2015/08/30 (Sun) 18:39 | REPLY |   

ポケ  

なるほど、無料ガイドはお店付きなのですね。
そうですよねー、ただより高いものはない(笑)

オートリクシャーの相場とか、距離が分からないと想像もつかないし、
ガイドの相場とかも(相場があれば、ですが)・・・この交渉が楽しく思えるかどうかはインド旅行の感想を大きく左右しそうですね。
私の知り合いは、高めの料金を言って、最初に半分、目的地に着いたら残り半分を払うというようにしていました。
お店見てくるから待ってて、と言って、残り半分を払わず逃げたりもしていたようですが(^^;)そこまでずうずうしい日本人だとインドはとても楽しいようです。

2015/09/01 (Tue) 02:46 | REPLY |   

Yottitti  

ポケさん

ポケさん

> なるほど、無料ガイドはお店付きなのですね。
> そうですよねー、ただより高いものはない(笑)

観光地での有料のガイドさんもいますが、ここガンジス川は、お店屋さんの方が多かったです
下手すると、タダより高いものはない。しっかりわきまえないと怖いですよねー(笑)

> オートリクシャーの相場とか、距離が分からないと想像もつかないし、
> ガイドの相場とかも(相場があれば、ですが)・・・この交渉が楽しく思えるかどうかはインド旅行の感想を大きく左右しそうですね。

タクシーのメーター制と違って、オートリクシャーはほとんど交渉制なので、相場がわからないので厄介です~
ガイドブックの相場は古いのか、やはり高くなってましたしね
この交渉はアジアではつきもので、だいぶ鍛えられました(笑)
高くいう人がほとんどなので、どこの国でもこうしたトラブルはあるとは思いますけど、それをぼられた!と思うと・・・・・一気に楽しくなくなってしまいますよね
インドの旅は、インド人を理解し、少々のことも目をつぶることをしないと、割り切れないかもしれません

> 私の知り合いは、高めの料金を言って、最初に半分、目的地に着いたら残り半分を払うというようにしていました。
> お店見てくるから待ってて、と言って、残り半分を払わず逃げたりもしていたようですが(^^;)そこまでずうずうしい日本人だとインドはとても楽しいようです。

ポケさんのお知り合いは、なかなかの強者で、それだけの器があれば、大丈夫ですね!
インド人は商売上手だし押しが強いので、流されないようにして、旅は楽しまないといけませんよね
私はインドではフルフリーの旅行は無理だと実感しましたが、こうした旅でのやりとりは、すごい楽しかったです~!

2015/09/01 (Tue) 15:15 | REPLY |   

Chempaka  

いや~もうねえ~、あそこでは少々怪しいと思っても
道を案内してくれるならOK!って感じでしょう~(笑)
ガンジス河に出るだけでも大変ですもん!

デリーから来たらベナレスの混沌具合は、もう理解不能ですからね!(笑)
牛が歩く、仙人のようなサドゥが寝そべる、車、リキシャ、バイク、
ゴミ、埃、う○こ・・・それにインド人の熱視線!(爆)

それにしても雨期のガンジス河はスゴイですね!
ガートが見えないですやん!

chempakaでした!

2015/09/07 (Mon) 02:05 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん②

chempakaさん②
たくさんコメントありがとうございます
恐れ入ります~

> いや~もうねえ~、あそこでは少々怪しいと思っても
> 道を案内してくれるならOK!って感じでしょう~(笑)
> ガンジス河に出るだけでも大変ですもん!

途中まで見通しができればお断りするつもりでしたが、もうまったくもってわけがわからず、迷路のようでした
途中で無理と思って、あとをついていくことにしました
あとでわかったのは、雨季だし、川沿いが歩けないので遠回りになるので、案内なしでは無理だと思いましたよ
だから怪しい案内人でしたが、感謝してます
彼らはビジネスなのでしょうけどね

> デリーから来たらベナレスの混沌具合は、もう理解不能ですからね!(笑)
> 牛が歩く、仙人のようなサドゥが寝そべる、車、リキシャ、バイク、
> ゴミ、埃、う○こ・・・それにインド人の熱視線!(爆)

ガンジス川周辺は、もう想像を超えて別世界ですよね
牛の数も尋常でないし、街と共存してますよね
それに所かまわず用は足すし・・・・
いろいろなものが渦巻く街ですよね
サドゥもいっぱいいたし、こちらも負けずにじろじろ見ちゃいますよね

> それにしても雨期のガンジス河はスゴイですね!
> ガートが見えないですやん!

本当にガートが埋もれちゃってすごかったですよ
人も流されちゃうようで、飛び込むどころではなかったですもの
こんなにも違うんだとびっくりしました

2015/09/07 (Mon) 14:42 | REPLY |   

Leave a comment