バラナシの観光

8/3②

ボートに乗るはずだった時間をもてあまし、バラナシ観光へ


まず向かうのはバナーラス・ヒンドゥー大学

なぜか大学に有名なお寺があるからです!

まずは大学の正門
DSC03194_convert_20150831084027.jpg

病院や大学が立ち並び、ガンジス川付近と違い、静かなところ
P8030104_convert_20150901181356.jpg


構内に白くそびえるヴィシュナワート寺院
シヴァ神が祀られてます
P8030096_convert_20150831084238.jpg



インド人ばかりですっごい行列
男性と女性と別々の列が出来てます

ドライバーは、「なんとかしてあげる?」というけど、賄賂??ってこと
神聖な場所で、並んでる人に申し訳ないし、外から拝むだけにしました
P8030100_convert_20150831084305.jpg


きれいなサリーをまとった人がいっぱい並んでました~
みんながガン見するので、撮れた写真はこれだけです・・・・
P8030102_convert_20150831084335.jpg



次はトゥルスィ・マーナス寺院
P8030105_convert_20150831084413.jpg

足元は濡れてるのに、靴は脱いでいかないといけないので、大変でした

インドの2大叙事詩の「ラーマーヤナ」を翻訳した人の名前から由来するこちらの寺院、「ラーマのお寺」として人気
P8030107_convert_20150831084445.jpg


寺院内の壁には、物語が彫られてます
P8030110_convert_20150831084536.jpg


すぐに見終わり・・・・・


真っ赤なドゥルガー寺院

シヴァの妃で戦いの女神を祀ったお寺
まるで生贄の血のような赤色
DSC03212_convert_20150831084205.jpg


靴を脱いで入ります
内部は撮影禁止です

たくさんのインド人が参拝してました
きれいな池も見ることができます

入口付近は、屋台も出たり、ゴミも放置でぐちゃぐちゃ
インドらしいといえばインドらしい・・・・
P8030115_convert_20150831084604.jpg



最初はびっくりした道路も、見慣れてきました
DSC03191_convert_20150831083850.jpg




ホテルに帰って朝食を済ませ、お昼前にはチェックアウト


このオートリクシャーのドライバーと空港までの料金交渉開始です
DSC03192_convert_20150831083915.jpg


いくらいくら~とお互い距離の縮まらない値段交渉、腹の探り合い・・・・、450ルピー(900円)で成立です


このドライバー、料金交渉は必死だったけど、観光中はずーっと一緒に回ったり、面白かったです
あとは、追加の駐車場代を渡してさようなら

一度デリーに戻ります~

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ





関連記事

20 Comments

EkaterinaYoghurt  

裸足になるのは躊躇するものの、ここは面白そうですね〜。
ホントにバラナシを満喫されましたね。

沢山のサリーがとっても綺麗です♪
これだけの綺麗なサリーは、目を楽しませてくれて気分が良いですよね。
あ〜、私も沢山の綺麗なサリーを見たいです。

2015/09/05 (Sat) 21:30 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
さすが靴を脱ぐところが多いのですね。
替えの靴下を持っていると便利かも・・・(インド旅行のときには覚えて置こうっと。)
女性のサリー、色とりどりできれいですね~。

あのものすごい色の赤い屋根がすごいインパクトあります。
目印になりそう。

2015/09/05 (Sat) 22:37 | REPLY |   

親父  

お寺は靴を脱いで長ズボン着用でしょうか?
バリやタイのお寺では脚を出せませんよね。
インドのふくよかな女性たちのサリーが色とりどりで綺麗ですね。

2015/09/06 (Sun) 08:34 | EDIT | REPLY |   

キュウ親  

ドゥルガー寺院の赤い屋根、
インパクトかなり強烈ですねぇ!!

入口付近のぐちゃぐちゃな光景、
こ~んな風景を見て楽しむのも、
インド旅行のいいところですよね~♪

2015/09/06 (Sun) 09:42 | REPLY |   

ももくそ  

インド人、女性も男性もガン見しますよね・・・。
気分悪いくらいに(笑)
自分が珍獣にでもなった気分になります。
女性の地位が上がって安全に旅できるようになったらまた行きたいですね。

2015/09/06 (Sun) 12:59 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> 裸足になるのは躊躇するものの、ここは面白そうですね〜。
> ホントにバラナシを満喫されましたね。

ガンジス川でもみなさんお祈りの時には裸足になられてましたけど、やはり寺院でも、裸足が原則ですものね
最初は足をふいてましたが、そのうち、慣れました
ヴィシュナワート寺院は入れませんでしたけど、これだけインド人が並んでると気になります
ボートに乗れなかったので、思いのほか、街を探索することになりました

> 沢山のサリーがとっても綺麗です♪
> これだけの綺麗なサリーは、目を楽しませてくれて気分が良いですよね。
> あ〜、私も沢山の綺麗なサリーを見たいです。

同じものは二つとなく、色鮮やかなサリーは美しいです
きれいな人もたくさんいて、着こなしもそれぞれ個性があり、どのサリーがいいか~なんて眺めてるだけでも楽しかったです

2015/09/06 (Sun) 16:58 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは~

> さすが靴を脱ぐところが多いのですね。
> 替えの靴下を持っていると便利かも・・・(インド旅行のときには覚えて置こうっと。)
> 女性のサリー、色とりどりできれいですね~。

ヒンズー教の寺院では靴を脱ぐところが多いので、靴の上にはく袋を有料で貸してくれるところもありますが、靴下があったほうがいいですね
陽があたってるところは熱いし、素足では大変でした
サリーは見てても色鮮やかで美しく、目が釘漬けになります~

> あのものすごい色の赤い屋根がすごいインパクトあります。
> 目印になりそう。

怖いくらいの赤い色の寺院は、目をひきますよね
インドでもなかなかないので印象的です

2015/09/06 (Sun) 17:04 | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん

> お寺は靴を脱いで長ズボン着用でしょうか?
> バリやタイのお寺では脚を出せませんよね。
> インドのふくよかな女性たちのサリーが色とりどりで綺麗ですね。

ヒンズー教の寺院では、裸足になるところが多いです
服装はやはりノースリーブや短パンはNGでした
街中でも、あまり露出しないほうがいいといわれてます
バリ島のバティックもきれいですが、サリーも色鮮やかできれいでした

2015/09/06 (Sun) 17:09 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> ドゥルガー寺院の赤い屋根、
> インパクトかなり強烈ですねぇ!!

シヴァの妃を祀ったお寺ですが、赤い色でも怖いくらいインパクトがありますよね
インドでもなかなかないと思います

> 入口付近のぐちゃぐちゃな光景、
> こ~んな風景を見て楽しむのも、
> インド旅行のいいところですよね~♪

インド人が多く訪れるところなので、屋台もたくさんでてました
ゴミも落ちてたりして、ぐちゃぐちゃな感じがインドですよね~

2015/09/06 (Sun) 17:21 | REPLY |   

Yottitti  

ももさん

ももさん

> インド人、女性も男性もガン見しますよね・・・。
> 気分悪いくらいに(笑)
> 自分が珍獣にでもなった気分になります。
> 女性の地位が上がって安全に旅できるようになったらまた行きたいですね。

隠し撮りにガン見は当たり前、私たちもきっとガン見してるのでしょうけど、インドの人たちにとって、逆に面白いのでしょうね
こちらが恥ずかしくなりますよね
今回、このあとはカーチャーターしたので、女性差別は感じなかったけど、女性一人旅は、まだまだトラブルも多そうですよね
インドを旅するには、ある程度、足の確保と、ホテルの確保は必須だと思いました

2015/09/06 (Sun) 17:29 | REPLY |   

はむこたん  

有名なお寺が大学の中にあるって、おもしろいですね。
しかも、行列が本当に伸びてて
インドの方々の信仰の深さって、すごいです!

海外の民族衣装って、見てるだけでも楽しいです~。
みんな、色鮮やかなサリーをまとっていて
華やかな雰囲気でいいですね。

2015/09/06 (Sun) 21:42 | REPLY |   

Chempaka  

おお!ドゥルガー!シヴァ神の奥さんパールヴァティの化身!
トラにまたがる雄姿はカッコいいですよね~~
ヒンドゥの神様の中で好きな神様の一人です!
真っ赤な神社が戦士の神に相応しいですね!

そう、皆ガン見してくるので写真が撮れないんですよね~
遠慮しちゃってねえ~(苦笑)

ベナレスからアグラまでは列車もありますが、却下?

chempakaでした!

2015/09/07 (Mon) 03:02 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

聖なる場所は裸足で入るのが当然なんでしょうけど
足にケガをしていたりしたら相当躊躇しそう(^_^;)
道路も相当ゴミだらけみたいですねー!
日本の道路はゴミがないって言われているけど
そうでもないよー、なんて思っていました。
いやいや、日本の道路はゴミがないわ!(笑)

街路樹の濃い緑、極彩色のサリー姿の女性たち
真っ赤な寺院と色彩の豊かさに目を奪われます。

2015/09/07 (Mon) 08:33 | EDIT | REPLY |   

tookue  

こんにちは!

インドの衣装はカラフルですね~

AKB48が混ざっていても解らないと思います(笑)

2015/09/07 (Mon) 11:57 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん

> 有名なお寺が大学の中にあるって、おもしろいですね。
> しかも、行列が本当に伸びてて
> インドの方々の信仰の深さって、すごいです!

ガイドブックによると~、大学は民族文化を研究するために創られたそうで、どちらが先か後かはわかりませんが、その一環なのでしょうか
この日は月曜日だったので、ちょうどお詣りする日と重なり、すごい行列でした
これだけのインド人の行列、圧巻です

> 海外の民族衣装って、見てるだけでも楽しいです~。
> みんな、色鮮やかなサリーをまとっていて
> 華やかな雰囲気でいいですね。

最近は洋装になってしまったけど、民族衣装ってお国柄が出ていいですよね
インド人も洋装の人も増えてますが、サリーを着てる人が多いです
彩鮮やかできれいですよね
思わずうっとり見とれちゃいました

2015/09/07 (Mon) 14:09 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん⑥

chempakaさん

> おお!ドゥルガー!シヴァ神の奥さんパールヴァティの化身!
> トラにまたがる雄姿はカッコいいですよね~~
> ヒンドゥの神様の中で好きな神様の一人です!
> 真っ赤な神社が戦士の神に相応しいですね!

ドゥルガーは美しいし、人気の女神様ですよね~
トラにまたがり腕もたくさんあって刀を振り回し凛々しお姿ですが、この何とも言えない赤い色にはびっくりしました~!
確かにらしいといえばらしいですよね
小さなお寺ですが、多くの参拝客が見えてましたよ

> そう、皆ガン見してくるので写真が撮れないんですよね~
> 遠慮しちゃってねえ~(苦笑)

視線がいたくて、景色を撮りたいのに遠慮しちゃうことがありました
でもみんなバシバシ撮ってくれますよね・・・
時々チップも要求されたり~

> ベナレスからアグラまでは列車もありますが、却下?

さすがにガイドなしで、列車は嫌ですよー
荷物も心配だし、駅もいろいろありそうですし、何より、時間が読めないのが怖いです・・・

2015/09/07 (Mon) 17:20 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは~

> 聖なる場所は裸足で入るのが当然なんでしょうけど
> 足にケガをしていたりしたら相当躊躇しそう(^_^;)

ヒンズー教のお寺など観光地は、結構裸足にならないといけないところが多いです
タージマハルも一応裸足にならないといけませんが、最近は、靴袋をくれるようになったのでいいですけどね
いろいろな意味で、足を怪我しないに越したことはありません~

> 道路も相当ゴミだらけみたいですねー!
> 日本の道路はゴミがないって言われているけど
> そうでもないよー、なんて思っていました。
> いやいや、日本の道路はゴミがないわ!(笑)

日本はゴミがないし、きれいですよ
インドでは、平気でごみをポイ捨てするのに、びっくりしました
これでもゴミの山の写真は載せる機会がないので、のせてませんが、想像を超えてます
ビニールをあさる牛を見てたら複雑です

> 街路樹の濃い緑、極彩色のサリー姿の女性たち
> 真っ赤な寺院と色彩の豊かさに目を奪われます。

サリーは色鮮やかで素敵ですよね
きれいな人も多くて、じっと見ちゃいました
お寺に建物を見てると、色彩が豊かなインドを感じますよね

2015/09/07 (Mon) 17:31 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんにちは~

> インドの衣装はカラフルですね~
>
> AKB48が混ざっていても解らないと思います(笑)

インドのサリーは鮮やかできれいですよね
日本ではない色合いです
さすがのAKBも、圧倒されちゃうでしょうね

2015/09/07 (Mon) 17:34 | REPLY |   

ポケ  

男性と女性の入口が違うというところは一度も訪れたことがないので、
さすがインドだなあと思いました。
靴を脱いだり、宗教心の厚さを感じます。

インドはレンガ色や赤っぽい色の建物が多いですね~。
朝日にも夕日にも染まって美しいのでしょうね。
その景色を実際に見たいと思いました!

2015/09/10 (Thu) 12:07 | REPLY |   

Yottitti  

ポケさん

ポケさん

> 男性と女性の入口が違うというところは一度も訪れたことがないので、
> さすがインドだなあと思いました。
> 靴を脱いだり、宗教心の厚さを感じます。

インドはテロ対策で、電車に乗るのも、観光地に入るのも、セキュリティチェックが厳しいです
だから男性は男性係員がチェックするし、女性は女性係員がチェックします
女性は時々女性係員がいないと免除されたりしますけどね
とはいうものの、ポケットに触るくらいでよかったです
ヒンズー教のお寺は信者でないと入れなかったり、靴も脱がなくてはいけないところが多いです
信仰心のあつさを感じますよね

> インドはレンガ色や赤っぽい色の建物が多いですね~。
> 朝日にも夕日にも染まって美しいのでしょうね。
> その景色を実際に見たいと思いました!

インドは赤砂岩の建物が多いので、きれいですよ
イギリス統治時代の名残もあったり、イスラムの影響も受けたりして、飾り窓とか、彫刻とか、インドの建物はきれいです
ゴミもいっぱい落ちてますが、自然もいっぱいあるので、太陽の光に、自然の恵みを感じる国ですね~!

2015/09/10 (Thu) 17:28 | REPLY |   

Leave a comment