勇敢なたたずまいのアグラ城、内部は~

8/4④

世界遺産のアグラ城

第3代アクバル皇帝によってデリーからアグラに首都を移し、1565年に築かれました
赤砂岩の重厚な城壁で囲まれ「赤い城」とも呼ばれ、ムガル帝国の栄華の象徴です
P8040341_convert_2015091321460.jpg



守りが堅そうなアマル・スペイン門
P8040288_convert_20150913212909.jpg



坂道が続きます
P8040291_convert_20150913212941.jpg


ガイドブックの地図に説明はないので、見落とす自信100%
P8040338_convert_20150913214642.jpg



シャハーンギール宮殿
ここも左右対称で、両端のファサードの上にチャトリ
赤砂岩の壁面には白大理石の象嵌がほどこされています
P8040293_convert_20150913213011.jpg



入口を抜けて、中庭へ

イスラムとヒンズー建築が融合して素敵な彫刻
インドの石造建築って精細です
P8040296_convert_20150913213201.jpg


そして

シャハンギール宮殿の裏には

アグラ城で有名な「囚われの塔

タージマハルを作ったシャー・ジャハーンが
息子の第6代皇帝アウラングゼーブによって幽閉された部屋
P8040300_convert_20150913213444.jpg

きれいな白大理石でできたムサンマン・ブルジ
P8040309_convert_20150913213734.jpg

ヤムナー河沿いに建つタージマハルに眠る妃をどういう思いで見つめてたのか・・・
P8040300_convert_20150913213444.jpg




マッチバワン?
P8040307_convert_20150913213605.jpg


ここはSHISH MAHAL
人が大勢いたので気になってみてみると、きれいな貴石で輝いてます
P8040319_convert_20150913214119.jpg


一通?を無視して登ってたどりついたNAGINA MASJID
真っ白なモスク
靴を脱いで入りますが、ここも熱かったです
やはり、靴下か、カバーは必要ですね
でも靴下は真っ黒になると思いますが、裸足も一緒でしたね
P8040331_convert_20150916155548.jpg


カースマハルとアングリー庭園
P8040311_convert_20150913213847.jpg




ディーワーネ・アーム一般謁見の間

柱がとてもきれい
P8040337_convert_20150913214539.jpg


壁面には色とりどりの宝石がいっぱいはめ込まれてたそう
P8040317_convert_20150913214044.jpg

タージ・マハルを建てたことで知られる第5代皇帝「シャー・ジャハーン」は、
大理石の優美な建物を次々に建て、アグラ城を優美に変身させたのです
そこに幽閉されるとは因果ですね


モティマスジットは頭だけ見えただけで、入れません・・・・
P8040336_convert_20150913214452.jpg



最後に

ディーワーネ・カース貴賓謁見の間

眺めが良いです
P8040323_convert_20150913214226.jpg

ヤムナー川を見晴らす眺め
タージマハルは水面に浮かぶよう
P8040322_convert_20150913214151.jpg



やっぱり大きなお城で見どころ満載~
城壁は見事な要塞のようなのに、内部な大理石に貴石で豪華~!

この時は日中の一番暑い炎天下で、くたくたになりながら周りました




よく話が出てくるのはここの時代の人

第1代皇帝バーブル(在位1526~1530)ムガール帝国建国
第2代皇帝フマユーン(在位1530~1556)
第3代皇帝アクバル(在位1556~1605)
 アグラ城、ファテープル・シークリーを築きます
第4代皇帝ジャハンギール(在位1605~1627)
第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)
 妃のために建てた有名なタージマハル
 デリーのジャマー・マスジット、ラールキラーを建造
 ↓
 実子アウラングゼーブに幽閉される
第6代皇帝アウラングゼーブ(在位1658~1707)
第17代皇帝バハードゥル=シャー2世(在位1837~1858)
1858年イギリスの植民地となり、1945年インド独立


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ








我が家は1泊2日のプチ旅行とお出かけ~、最後はのんびりしたいのシルバーウィークです

みなさまも楽しいお休みをお過ごしください
関連記事

6 Comments

M@lauaealoha  

こんにちわ

アグラ城、大きいんですね!
インドは何もかもやることが壮大だわー(笑)
インドに行くチャンスはあまりなさそうですが
行く前には100均かセールで靴下を買っていきます!

2015/09/19 (Sat) 09:34 | EDIT | REPLY |   

キュウ親  

タージマハルの完璧な白のシンメトリーの
美しさに触れた後にアグラ城を見学すると、
何となく...人間味のある雰囲気を感じますよね♪

囚われの塔からタージマハルを眺めていた
シャー・ジャハーンも、さぞかし辛かったでしょうねぇ。

2015/09/20 (Sun) 13:45 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんばんは
コメレス遅くなり申し訳ありません~

> アグラ城、大きいんですね!
> インドは何もかもやることが壮大だわー(笑)
> インドに行くチャンスはあまりなさそうですが
> 行く前には100均かセールで靴下を買っていきます!

権力の象徴でアグラ城はとても大きかったです
インドって歴史が古くて、重厚ですごいですよね
インドはなかなか難関ですが、もし行く機会があれば靴下とかあると便利かもしれませんね

2015/09/20 (Sun) 19:59 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> タージマハルの完璧な白のシンメトリーの
> 美しさに触れた後にアグラ城を見学すると、
> 何となく...人間味のある雰囲気を感じますよね♪

美しいタージマハルとアグラ城では、まったく異なる趣ですよね
大理石のお部屋もありきれいだし、見どころも多いですね
赤砂岩で作られ、生活を感じるアグラ城だからこそ、やっぱり親しみもわきました
何にしろ規模が大きくてびっくりです

> 囚われの塔からタージマハルを眺めていた
> シャー・ジャハーンも、さぞかし辛かったでしょうねぇ。

自分の天下だったのに、まさか幽閉されるとはゆめゆめ思っていなかったでしょうね
思いを込めて作ったタージマハルなのに、眺めるだけで訪れることもできずに情けなかったでしょうね

2015/09/20 (Sun) 20:46 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

アグラ城は色んな面で凄いですよね〜^ ^
タージマハルは、念願叶ってという感動がありましたが、こちらはあまり情報がなく事前期待をしていなかったこともあるでしょうが、物凄い感動の観光だったことを思い出します。
ガイドと回った私よりもよほど勉強しておられ、詳しいご説明に今頃になって、そうだったのか〜^ ^と…分かったことも多かったです(^^;;

タージマハルは、もう良いかな?と思いますが、アグラ城は又行ってみたい!そんな所です。

2015/09/21 (Mon) 12:57 | REPLY |   

Yottitti  

EkaterinaYoghurt さん

Ekaterinaさん

> アグラ城は色んな面で凄いですよね〜^ ^
> タージマハルは、念願叶ってという感動がありましたが、こちらはあまり情報がなく事前期待をしていなかったこともあるでしょうが、物凄い感動の観光だったことを思い出します。
> ガイドと回った私よりもよほど勉強しておられ、詳しいご説明に今頃になって、そうだったのか〜^ ^と…分かったことも多かったです(^^;;

アグラ城はEkaterinaさんはじめ、ブロ友サンが紹介されて初めて知りましたし、みなさんのおかげで、なんとなく事前予習できたので、ポイントは抑えることができました
やっぱりガイドさんはポイントを押さえていて、要領よくまわるし、わかりやすいと思います
それに、タージマハルよりよかった~という声が多くて、私は期待が大きかったので、すご~く納得しました
情報が少なく、要塞の様な城壁に、圧倒されました
またインドの建築のすばらしさが内部に施されていて、感動が大きいですよね

> タージマハルは、もう良いかな?と思いますが、アグラ城は又行ってみたい!そんな所です。

アグラはやはり首都だったので、見どころがありますよね
特にアグラ城はその勢力の大きさを物語ってます
タージマハルは川岸から眺められるし、アグラ城からも眺められますからね
でもあそこまで行ったら、やっぱりタージマハルも見にいっちゃいそうですよね

2015/09/21 (Mon) 21:37 | REPLY |   

Leave a comment