夢の都「ファテープル・シークリー」(世界遺産)

8/5①
本日はアグラからジャイプールへの移動日
朝食を済ませ、ホテルをチェックアウトして出発です


車内から撮った写真
前の日に出かけたスーパー前
朝は市場も開かれていて、にぎやかです
P8050376_convert_2015093019374.jpg
アグラの街も見納めです


アグラーから37km、車で一時間ほどのところにあるアクバル帝の城跡
世界遺産のファテープル・シークリー


駐車場から、お店をかき分けて進んでいくと、バスが停車してます
料金は10ルピー
ここは、いろいろな人が入る込めるので、
スリには注意するようにドライバーから注意されました
結構な山道を登っていきます


遺跡は、
モスク地区と宮廷地区にわかれます




まず宮廷地区へ
P8050404_convert_20150929211121.jpg
入場料260ルピー(520円)


第3代皇帝アクバルが5年もかけて建設した富と権力があふれる夢の都
予言により子供ができたことによってアグラ城から遷都されたものの、高温と水不足により、僅か14年で放棄されてしまったお城

アクバル皇帝は領土の安定統治のため宗教融和策をとり、イスラムとヒンズーを融合した赤砂岩の建造物が見どころです
また、この地は争いに巻き込まれなかったため傷みもなく、現在も美しい姿が残ってます




城壁に囲まれた広大な敷地内には、様々な建物が林立しています
P8050378_convert_20151001183615.jpg P8050502_convert_20151001183323.jpg




ミリアムの館
アクバル妃ジャハーンギールの母の館
P8050379_convert_20150929210933.jpg




ジョーダー・バーイー殿
アクバルと妃の住まい
P8050383_convert_20150929211010.jpg




ディーワーネ・アーム(一般謁見の間)
間違うとお城の外に出てしまうので、ここは要注意です
P8050419_convert_20150925083843.jpg




ディーワーネ・カース
宮廷の政務部分になり、貴賓客を招きます
ジュエル・ハウスという別名があるほど

というのは、中がすごいのです
P8050409_convert_20150925083539.jpg


これが見たかったのです

ここは宮廷地区の政務部分で、吹き抜けの室内の中央には房状の柱がたってます
そして、回廊の四方から伸びる橋でこの柱を渡ることができるのです
ここからお話をしたり、お出迎えをしたそうです
P8050414_convert_20150925083616.jpg


インド人も抱きつきたいほど?大人気
逆に世界遺産にこうして触れるのも今のうちだけかも!?
P8050416_convert_20150925083723.jpg




メインはこのパーンチ・マハル

五層の吹き抜けからできた五層閣
P8050448_convert_20151001182142.jpg


目の前には十字形になっていて、ここでハーレムの女性たちを駒に見たてたチェスをして遊んでたよう~
庭師が写真撮影スポットがここだと教えてくれたので、きれいな一枚!
もちろんチップは要求されましたけどね・・・
P8050407_convert_20150925083436.jpg


支柱に支えられた階段状の吹き抜けで、柱のデザインはすべて違うこだわりよう
P8050426_convert_20150925084051.jpg


クワーブ・ガー(池?プール?)
P8050392_convert_20151001134721.jpg




奥にも建物がありました

廷臣ビルバルの館
P8050436_convert_20150925084448.jpg

宝石箱と称されるこじんまりした館
名称と当時の実際の機能が一致しなくて、使途不明?
アグラ城と同様に、ここに限らず彫刻がきれい
P8050432_convert_20150925084308.jpg



ここから下にも行けるようです
P8050503_convert_20151001181354.jpg



木造建築の技術を石造で作り、保存状態も良く、美しいまま残っていて
放棄されてしまったお城だけど、さすがにアクバルが降り注いだ財力を感じるお城でした
ここは印象に残る遺跡のひとつです


次はモスク地区です



ムガール帝国の歴代皇帝
第1代皇帝バーブル(在位1526~1530)ムガール帝国建国
第2代皇帝フマユーン(在位1530~1556)
第3代皇帝アクバル(在位1556~1605)
 アグラ城、ファテープル・シークリーを築きます
第4代皇帝ジャハンギール(在位1605~1627)
第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)
 妃のために建てた有名なタージマハルを築きます
第6代皇帝アウラングゼーブ(在位1658~1707)
第17代皇帝バハードゥル=シャー2世(在位1837~1858)
1858年イギリスの植民地となり、1945年インド独立


話が飛びましたが、前回のお話はこちら

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

16 Comments

EkaterinaYoghurt  

ここは行ってみたいけど、遠いから無理ね〜なんて言ってスルーしたところだったのですが、こんな感じのところなのですね〜。

やはり想像以上の立派さですね〜^ ^
だけど色石を使ったりの華やかさや豪華さは、アグラ城の方が上でしょうか?

人里離れているというロケーションも秘境の宝物感があって良いですね^ ^

2015/10/03 (Sat) 22:11 | REPLY |   

ジュマ  

ファテープル・シークリー 初めて聞いた世界遺産の名前です。

5年もかけて建設したのにたった14年で放棄されてしまった・・・って
建築中に気温や水不足を皇帝に進言する部下は誰もいなかったのでしょうか。
何とももったいない話ですよね。

それにしても美しい宮殿にうっとりです。

柱に抱き着く写真の少年たちなかなかのイケメンですね。
インドは美男美女が多いですね。

2015/10/03 (Sat) 23:02 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん
連コメありがとうございます~

> ここは行ってみたいけど、遠いから無理ね〜なんて言ってスルーしたところだったのですが、こんな感じのところなのですね〜。

ちょうどここをおすすめしてる方がいて、日程に組み込みました
車で走ってて、距離が増えたり減ったりするのが面白かったです
日程に余裕がないと厳しいかもしれませんね

> やはり想像以上の立派さですね〜^ ^
> だけど色石を使ったりの華やかさや豪華さは、アグラ城の方が上でしょうか?

比較は好みもあるので難しいですが、
やはり、アグラ城は規模も大きいですし、シャー・ジャハーンが大理石をだいぶ取り入れたので、華やかさはありますよね
それに赤砂岩の彫刻は、同じような趣でとても精細できれいでした
ここも見どころがあり、ディーワーネ・カースとパーンチ・マハルがきれいで、見どころも多くて、評判通り、印象に残る良いところでした

> 人里離れているというロケーションも秘境の宝物感があって良いですね^ ^

かなり高いところに築かれてて、次のモスクからその感じが少しお伝えできると思います~

2015/10/03 (Sat) 23:27 | REPLY |   

Yottitti  

ジュマさん

ジュマさん

> ファテープル・シークリー 初めて聞いた世界遺産の名前です。

私もインドに行くにあたり、初めて知りました
まだまだ知られてないいいところがあるのでしょうね

> 5年もかけて建設したのにたった14年で放棄されてしまった・・・って
> 建築中に気温や水不足を皇帝に進言する部下は誰もいなかったのでしょうか。
> 何とももったいない話ですよね。

これだけのものを作って、わずか14年で放棄してしまったっていうのはもったいないですよね
放棄には諸説あるようですが、当時の権力の大きさを示してるようです
とはいえ、財政が傾いたわけでないので、誰も止めることはなかったのでしょうね

> それにしても美しい宮殿にうっとりです。

赤砂岩の彫刻のきれいなお城です
ここはアグラから少し離れてるけど、なかなかいいところでおすすめです~

> 柱に抱き着く写真の少年たちなかなかのイケメンですね。
> インドは美男美女が多いですね。

インドの人は彫が深いので、目鼻立ちがはっきりしてきれいなお顔してますよね
若いうちはスリムだし、目力が強いのでじっと見られるとドキドキしちゃいます~(笑)

2015/10/04 (Sun) 00:03 | REPLY |   

親父  

インドって見どころ満載のお国なんですね。
今まで有名な所しか知りませんでした(汗)
少しだけお利口さんになりました。

2015/10/04 (Sun) 10:11 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん

> インドって見どころ満載のお国なんですね。
> 今まで有名な所しか知りませんでした(汗)
> 少しだけお利口さんになりました。

インドは歴史も古いので、立派な建物も多そうで、ずーっと行きたいと思ってました
まだまだ知られてない見どころはあるのでしょうね
中国もいろいろあるけど、どちらも、なかなかハードルが高くてあきらめてしまう国なのだろうなと思いました

2015/10/04 (Sun) 16:16 | REPLY |   

はむこたん  

世界遺産に思いっきり抱きついちゃうなんて
なんか斬新な気がしてしまいます。

庭師の方が教えてくれた、ベストスポットの1枚
ステキです!
お庭もキレイで、見どころがいっぱいですね。

2015/10/04 (Sun) 18:24 | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん

> 世界遺産に思いっきり抱きついちゃうなんて
> なんか斬新な気がしてしまいます。

アンコールワットに行ってみて~、損傷してる遺跡には登ってしまったり、べたべた触れるので、今後対応も変わってくるとは感じましたが、
写真を撮って~と、抱きついちゃったのは、びっくりしました
ある意味貴重ですよね(笑)

> 庭師の方が教えてくれた、ベストスポットの1枚
> ステキです!
> お庭もキレイで、見どころがいっぱいですね。

さすがによく撮影スポットを知ってますよね
たくさん写真も撮ってもらいました
お庭もきれいだし、やはり石造建築は状態も良いのでとてもきれいなところでした~

2015/10/04 (Sun) 21:26 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

インドの赤砂岩の建物はアグラ城しか知りませんでした。
コチラもスケールの大きい立派なお城ですね!
こんなに立派なのにわずか14年しか使われなかったなんて…
14年しか使われなかったから保存状態もよかったんでしょうか。
世界遺産に登録されて観光客がどんどん増えて
みんなが柱に抱き着いちゃったりしたら
保存状態が悪くなるんじゃないかなんて
関係ないのに心配してしまいます(^_^;)

2015/10/05 (Mon) 08:35 | EDIT | REPLY |   

tookue  

こんにちは!

この建物は
少し違いますね
中国式が混ざってるかんじで
独特だと思います

房状の柱に恋した インド人でしょうかヾ(- -;)

2015/10/05 (Mon) 10:35 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

どれも美しい赤色ですね。
ディワーネカースの柱は本当にすごい細工!!
私も抱きついて彫刻の手触りを確かめたいです。
五層の建物、こういう五重塔(?)の造りって珍しいですね。
柱が細くてお膳を重ねたみたいでおもしろいです。
干ばつする地だからこそ争いもなく建物が綺麗なまま保存されたのでしょうけれど、
建てた王様としては何とも複雑でしょうね。。

2015/10/05 (Mon) 14:30 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは~

> インドの赤砂岩の建物はアグラ城しか知りませんでした。
> コチラもスケールの大きい立派なお城ですね!
> こんなに立派なのにわずか14年しか使われなかったなんて…
> 14年しか使われなかったから保存状態もよかったんでしょうか。
> 世界遺産に登録されて観光客がどんどん増えて
> みんなが柱に抱き着いちゃったりしたら
> 保存状態が悪くなるんじゃないかなんて
> 関係ないのに心配してしまいます(^_^;)

インドにはデリーはじめ、赤砂岩の建築物がたくさんあり、その立派さに毎度驚きました
アグラ城より後にできたファテープル・シークリー、アグラ城よりも規模は小さく、大理石の建物がないので派手さはないのですが、立派なお城の面影は残ってます
ここを築いたアクバル帝はあちこち戦争で飛び回ってたようですし、ほとんどいなかったのかもしれませんね
そして、ここが保存状態がいいのは、内戦に巻き込まれなかったからといわれてます

彼だけ写真を撮って~と抱きついたのですが、抱きつきたくなる気持ちもわかります~
こうしてみんながさわって、時代とともに、柵をするような事態だけはさけたいです
あちこちでモラルの問題が出る中で、どの世界遺産もルールを守って大事に伝えていきたいですよね

2015/10/05 (Mon) 17:01 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんにちは~

> この建物は
> 少し違いますね
> 中国式が混ざってるかんじで
> 独特だと思います

いろいろな宗教を認めてたアクバル帝なので、仏教の要素もあるかもしれませんね
独特なこの建築様式はすごいですよね~

> 房状の柱に恋した インド人でしょうかヾ(- -;)

なかなか世界遺産に抱きつくなんて~大胆ですよね
それとも上りたかったのかもしれません~

2015/10/05 (Mon) 17:08 | REPLY |   

Yottitti  

ポケさん

ポケさん
お帰りなさい~!

> どれも美しい赤色ですね。
> ディワーネカースの柱は本当にすごい細工!!
> 私も抱きついて彫刻の手触りを確かめたいです。
> 五層の建物、こういう五重塔(?)の造りって珍しいですね。
> 柱が細くてお膳を重ねたみたいでおもしろいです。
> 干ばつする地だからこそ争いもなく建物が綺麗なまま保存されたのでしょうけれど、
> 建てた王様としては何とも複雑でしょうね。。

ここはアグラ城とは違って大理石の建物はないのですが、赤砂岩のきれいな建物が残るお城です
このディーワーネ・カースの柱、写真よりも迫力がありすごかったです~
ここを築いたアクバル帝は、イスラムヒンズー建築というものを取り入れてて、
彫刻はイスラムの精細さを見るようで、
上に行くほど天に近くなると考えられるピラミッド状の建築のヒンズー教の考えなのかなと思いました
お城を放棄したのは諸説あるようで、水不足が原因とどれにも書いてありますが、アクバル帝は戦いをつづけていて、戦争のために次のお城をかまえてるというのを見ると、時代の流れもあるのでしょうか
これだけのものを築いて、勿体無い話ですよね

2015/10/05 (Mon) 17:23 | REPLY |   

Chempaka  

ここは暑かった~~~!
日陰が少ないのでジリジリ焼けました(笑)

そんな場所で人を駒にしてチェスに興じるとは・・・

個人的にはアグラ城の装飾よりもキレイだな~って
みてました。

抱き付いたりはしませんでしたが!(笑)

chempakaでした!

2015/10/06 (Tue) 00:13 | REPLY |   

Yottitti  

chempkaさん

chempakaさん

> ここは暑かった~~~!
> 日陰が少ないのでジリジリ焼けました(笑)

私が訪れたときは、暑かったけど、まだ8月の雨季だったからよかったのかもしれませんね
一番きつかったのは、私はアグラ城でした~

> そんな場所で人を駒にしてチェスに興じるとは・・・

一日を超えて、部下たちがチェスの駒に~という話を読むとぞっとしますよね
おまけに水不足なんて~、大変ですよね

> 個人的にはアグラ城の装飾よりもキレイだな~って
> みてました。

私も、装飾はこちらのほうがきれいだなと思いました
特にディーワーネ・カースはびっくりしたし、五層のパーンチ・マハルもきれいでしたね~
でもアグラ城はやはり大理石の建物があるので、華やかですよね~

> 抱き付いたりはしませんでしたが!(笑)

彼だけ、写真を撮って~と、抱きついてしまったのですが~(笑)
愛嬌があってかわいいですよね~
こうして触れるのはありがたいですよね

2015/10/06 (Tue) 17:35 | REPLY |   

Leave a comment