美しいモスク清真大寺

5/1(日)⑥

回坊風情街から少し離れたところにある

西安最大のモスク清真大寺


チケット代金は25元(430円)
CCI20160622_convert_20160622162624.jpg



742年に建てられ、その後補修や拡張が繰り返され、現在の規模になりました
手前から奥へ四つに、部分区画されてます
P5010291_convert_20160622164217.jpg


一番手前の建物は北展庁
歴史を感じる木造建築、中国様式でありながら、色合いはエメラルドグリーンとブルーの幾何学模様が美しいです
P5010295_convert_20160619195302.jpg

室内のインテリア
P5010297_convert_20160619195343.jpg


羽を広げたような17世紀に建てられた9mの木牌坊
P5010296_convert_20160619195326.jpg



ここからまっすぐメッカの方向に一直線に建物がたってます
ここは世界でも珍しい、イスラム文化と中国文化との融合した瓦葺の大屋根をかけた 木造のモスク建築が並んでます
左右対称なのも興味深いです!
また
偶像がなく、アラビア語表記があり、中国ともイスラムとも違い、独特な雰囲気です


それぞれの仕切りに門があり
DSC07993_convert_20160619194930.jpg


第二院には石碑坊
DSC07992_convert_20160619194915.jpg



沖天彫龍碑
P5010298_convert_20160619195401.jpg


石門をくぐると~
P5010303_convert_20160619195505.jpg



第三院に省心楼と呼ばれる 明代の三層の八角堂
これがミナレットの役割を果たしていたって、ところ変わればですね
しかし、修復作業中で残念です
P5010302_convert_20160619195448.jpg


こちらは沐浴室
DSC07995_convert_20160619195003.jpg


跳ねる様な屋根が特色なのか、翼をひろげたような鳳凰亭
P5010306_convert_20160619195541.jpg

内部も木組みできれいです
P5010305_convert_20160619195526.jpg



一番奥の第四院に礼拝大殿
見た目は仏教寺院のような建物です
DSC08018_convert_20160619195125.jpg


掲げられた文字はアラビア語
P5010310_convert_20160619195613.jpg


礼拝室の内部は
偶像崇拝禁止されてるため像などがなく、イスラムの教えに従ってます
ミフラーブ室が突き出ることがないのも特徴
P5010311_convert_20160619195631.jpg


インドとも違って中国でイスラム教の混合、趣があり、
小規模ですが、世界で珍しい木造建築のモスクは美しく、訪れてよかったです
P5010308_convert_20160619195555.jpg



また
走り回る子供がかわいかったです
DSC07983_convert_20160619194845.jpg


旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国





関連記事

10 Comments

M@lauaealoha  

こんにちわ

イスラムのモスクと言われなければ気がつかないかも!?
中国の寺院のような木造建築のモスクは初めて見ました!
この佇まいの建物にアラビア文字の扁額、なんだかフシギです…
西安が辺境の都なんだということがよくわかりました。

2016/06/23 (Thu) 10:54 | EDIT | REPLY |   

tookue  

こんにちは!
鳳凰亭


映画に出てきそうな建物ですね

電卓 その他のない時代に
これだけの建築物がよくたてられたと
ホント不思議です

しかも屋根が反り上がってる



なんか
台風の生中継で
風を飛ばされそうになり必死でおえてるが
裏返しになってる
傘みたい(笑)

アラビア語って知らないんですけど
あの建物に
本当にアラビア語なんですね___φ(゚ー゚*)フムフム

2016/06/23 (Thu) 11:27 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
中国にモスクがあるとはびっくりです。
おまけに木造建築!?
今まで見たモスクとは全く雰囲気が違って、一見お寺のような感じですが、細部はやはりイスラム教の建物になっていて興味深いです。
近年残念ながらなかなかイスラム教の国へ行けなくなってきてしまっているのですが、こんなところでモスクにお目にかかれるとはうれしい発見です!

2016/06/23 (Thu) 17:49 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは~

> イスラムのモスクと言われなければ気がつかないかも!?
> 中国の寺院のような木造建築のモスクは初めて見ました!
> この佇まいの建物にアラビア文字の扁額、なんだかフシギです…
> 西安が辺境の都なんだということがよくわかりました。

基本は中国の建物なので、モスクとはわからないですよね
沐浴所があったり、アラビア文字があったり、礼拝堂に像がないのが一番モスクなんだなと実感しました
歴史を感じる木造建築で、モスクの幾何学模様など、独特で美しい建物でした
シルクロードの始まりの場所、いろいろな文化が交差する場所なのでしょうね
やはり国の文化の事情で、こうした木造建築のモスクになったのでしょうね

2016/06/23 (Thu) 18:46 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんにちは~

> 鳳凰亭
> 映画に出てきそうな建物ですね

やっぱり木造の建物って、味わいがあっていいですよね
古き良き建物は大事にしていきたいですよね

> 電卓 その他のない時代に
> これだけの建築物がよくたてられたと
> ホント不思議です

先人の知恵はすごいですよね
日本にもこの木組みの作り方は伝わってるでしょうからね

> しかも屋根が反り上がってる

> なんか
> 台風の生中継で
> 風を飛ばされそうになり必死でおえてるが
> 裏返しになってる
> 傘みたい(笑)

西の方では雨が心配ですが、
宮殿風の建物で、屋根に特徴がありますよね
こんなに複雑そうな建物、よく作りましたよね

> アラビア語って知らないんですけど
> あの建物に
> 本当にアラビア語なんですね___φ(゚ー゚*)フムフム

やっぱりイスラム教徒には神聖な場所で、私たちは信仰がないために入れません
でもこの地域に住む方々は二つの言葉を使い分けてるのでしょうね

2016/06/23 (Thu) 19:08 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんばんは~

> 中国にモスクがあるとはびっくりです。
> おまけに木造建築!?
> 今まで見たモスクとは全く雰囲気が違って、一見お寺のような感じですが、細部はやはりイスラム教の建物になっていて興味深いです。

モスクとは思えない木造建築ですよね
ところどころイスラムの香りがして~、アラビア文字に境内の像がなくシンプルなところ、中国内に住む回族にはよりどころになってるそうです
中国の寺院とはまた違った趣でよいところです~

> 近年残念ながらなかなかイスラム教の国へ行けなくなってきてしまっているのですが、こんなところでモスクにお目にかかれるとはうれしい発見です!

イランとかイスタンブールに行きたいんですよね
なかなか踏ん切りがつかない情勢になってしまったのは残念です
一日も早く、平和な世の中が訪れるよう願うばかりです

2016/06/23 (Thu) 20:21 | REPLY |   

GUIHUA  

ここは、ここは素晴らしい!!
本当に美しいですね~。
全く知りませんでした!よくぞ、こんな名所を調べられました!!
行ってみたい!!
木造モスクといいながら、すんごく中国式建築ですね~。
エキゾチックです。
そして子どもも可愛い!
素朴でなんともいえません。
あの、おしっこ子どもと大違い。
漢民族ではないのかもですね。映画に登場させたくなります。

2016/06/23 (Thu) 23:39 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> ここは、ここは素晴らしい!!
> 本当に美しいですね~。
> 全く知りませんでした!よくぞ、こんな名所を調べられました!!
> 行ってみたい!!
> 木造モスクといいながら、すんごく中国式建築ですね~。
> エキゾチックです。

西安は見どころが多くて、ほかのお寺と迷ったのですが、
写真で見て、ここは特異そうで行ってみたいと思って訪れました!
ガイドブックにも載ってますし、やっぱり、時代は変わってネットさまさまですね~
言われなければ、モスクとはわからない中国の宮殿風の美しい造りで、イスラムの幾何学模様に、木造建築のすばらしさに触れることができました
像がないのもイスラムですね
小規模ながらよかったです

> そして子どもも可愛い!
> 素朴でなんともいえません。
> あの、おしっこ子どもと大違い。
> 漢民族ではないのかもですね。映画に登場させたくなります。

自分のお庭のように、のびのび駆け回って、回族の地元の子かしら~
純朴でのびのびしていて、利発そうでかわいいですよね
本当映画のモデルになりそうな、うまくシャッターチャンスにはまりました~

2016/06/24 (Fri) 09:46 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

中国ってやっぱり国土が広くて宗教・文化も多様なんですね〜。
ウイグルの方のイスラムは知っていましたが、西安あたりもイスラム教の人が多いということでしょうか?それとも少しはいるくらいなのでしょうか?
そしてモスクも木造で東洋風味となるとこういった雰囲気になるのですね。
とても興味深い見どころだと思いました^^

最後の写真の坊やが可愛いですね^^この子もイスラム教となのかしら?(笑)

2016/06/24 (Fri) 13:01 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> 中国ってやっぱり国土が広くて宗教・文化も多様なんですね〜。
> ウイグルの方のイスラムは知っていましたが、西安あたりもイスラム教の人が多いということでしょうか?それとも少しはいるくらいなのでしょうか?

回族(イスラム教徒)は唐から元の時代に、中央アジアやインド洋から移り住んできたようです
やはり漢族の占める割合は多く、西安市内では多いと言われてても、わずか数%の人口だけみたいです
それでも文化の浸透具合を見ると、存在感はありますよね
今は、回族の血は引いていてもイスラム教の信仰を失っている人も増えてきてると、時代とともにいろいろな問題はあるみたいですね

> そしてモスクも木造で東洋風味となるとこういった雰囲気になるのですね。
> とても興味深い見どころだと思いました^^

中国ではいろいろな制約があるようで、中国らしいモスクになったそうです
木造建築の良さを実感できるところで、また幾何学模様といい色合いがとても気に入りました
インドとも違って、風情があっていいですよね

> 最後の写真の坊やが可愛いですね^^この子もイスラム教となのかしら?(笑)

このモスクは回族の中にあるので、この子も庭のように遊んでたので、もしかしたら回族かもしれませんね
本当利発そうで純朴でかわいらしいですよね
オンザマユなところが気に入りました(笑)

2016/06/24 (Fri) 19:49 | REPLY |   

Leave a comment