名画がいっぱいウフィツィ美術館へ ①

5日目その①

朝一番でシニョリーア広場にあるウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館もメディチ家が行政事務所として建設したもの
メディチ家の美術品をトスカーナ大公国に寄贈したのがはじまりで17世紀に美術館としてオープンしました
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ラファエロなどルネサンスの三大巨匠をはじめ、多くの作品が所蔵されイタリアでも屈指の美術館です

美術館はコの字型の建物になっています
DSC01221_convert_20161101161216.jpg



事前予約
以前来たときも大行列で、いつも混んでるウフィツィ美術館、日本から事前にネット予約しました(予約サイトはこちら)
料金は€12.5予約手数料が€4
予約手数料が二人分になると大きいですが、並ばずに見れるのはありがたいです


チケット交換
予約してあっても、チケット交換が必要です
ややこしいのは、交換が必要かは、同じイタリア国内でも美術館によっても違います


入口は3か所
1番は予約者用入口、2番は予約なし入口、3番は予約チケット受取窓口
朝一番ですが、すでにどこも人が並んでました
DSC01219_convert_20161101161150.jpg


ドゥオーモのクーポラの教訓を生かして、
3番チケット受取口と、1番予約者用入口と別々に並びました!!
チケット交換時間が限られる朝一番では、まったく意味がなかったです
DSC01220_convert_20161101161203.jpg




セキュリティチェックを受け館内


階段を上ると、美しい天井画にぎっしりの彫刻が並び、まさに美の宝庫!
P8090477_convert_20161030210711_2016110119490541d.jpg


第1室から第45室まで見どころがあります!
名画に見どころが多すぎて、もちろん見落とし満載です!

彫刻
P8090478_convert_20161030210738_20161101203329767.jpg


宗教画
P8090481_convert_20161030210909_201611012032592c7.jpg

作者によって描かれ方が違う聖母子
P8090479_convert_20161030210809_20161101201907da3.jpg P8090480_convert_20161030210833_20161101201906e51.jpg



トリブーナ
陽が差し込んで大理石の床にきれいな壁いっぱいの絵画
メディチ家のお宝がいっぱい~、贅沢なお部屋です
P8090483_convert_20161030211003_201611011959443f5.jpg



絵画の紹介もまずはほんの一部分を~!


ピエロ・デッラ・フランチェスカ作「ウルビーノ公夫妻の肖像」
イタリアルネサンス肖像画の傑作のひとつと言われています
実は絵の裏側もあるのです!
P8090484_convert_20161030211143_20161101200016676.jpg


フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」
ほのぼのとした絵で、優しい気持ちになります
フィリッポ・リッピはスキャンダラスな恋多き男性だったようで、こんな優しい絵を描く人だなんて~
P8090487_convert_20161030211309_201611012000382a7.jpg


ギリシア大理石彫刻
P8090496_convert_20161030212716.jpg


ミケランジェロの彫刻
ダビデ像はじめ彫刻家として有名
P8090492_convert_20161030212620_20161101202459ca0.jpg


ミケランジェロが残したパネル画の中で、唯一完成している貴重な作品「聖家族」
木製の額もミケランジェロ
タッチが力強いけど、何をしても上手な人は上手です
P8090494_convert_20161030212657_20161101200143350.jpg



この美術館で最も有名な絵画といえば

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生
教科書にも載ってて、一度は見たことがあるのではないでしょうか!
ギリシャ神話のヴィーナス誕生を表現した愛と美を表現した作品
美しく優雅な姿、しなやかさに軽やかさが伝わってきます
P8090501_convert_20161030212756.jpg
美しすぎるヴィーナス、朝一番だったので、独占してみることができました~!
朝起きは三文の徳です


同じくボッティチェリの「プリマヴェーラ(春)」
ヴィーナスに三美神が見どころですが、「春」を象徴する華やかな作品
いろいろな解釈がある作品ですが、レオナルドダヴィンチやラファエロとも違って、優美な線と繊細な色調が素敵です
P8090505_convert_20161030212945.jpg

ボッティチェリの「パラスとケンタウロス」「柘榴の聖母」
P8090510_convert_20161030213043_201611012023250d1.jpg P8090504_convert_20161030212906_20161101202324ef5.jpg


こちらがボッティチェリ
P8090508_convert_20161030213028.jpg


ここでカフェエリアがあるバルコニーがあります
またまたヴェッキオ宮やドゥオーモが眺められます
P8090513_convert_20161030213132_201611012025481ee.jpg P8090558_convert_20161030215925_2016110120254712c.jpg


そういえば
お手洗いも便座のないトイレが多いイタリアですが、新しくてとってもきれいでした

長くなったので、続きます~


2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

14 Comments

親父  

メディチ家が設立したんですか知りませんでした。
こうやって改めて美術館の説明を受けるとすごい美術館ですね。
事前の勉強が大事ですね。
ヴィーナスの誕生くらいしか覚えてないのが悔やまれます。

2016/11/01 (Tue) 21:51 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
ウフィツィ、並びましたよ~。
2時間ぐらい並んだかしら?
厳冬の中、辛かったですよ。
子供はこの後熱出しました。汗

でも、そこまでしてでもここは見る価値はありますよね。

次回からはフィレンツェ、予約入れますけど。苦笑
でも、その分、計画を綿密に立てないと、予約時間に追われそう・・・汗

2016/11/01 (Tue) 22:31 | REPLY |   

GUIHUA  

そうなんです!そうなんです!!
ワタシが一番行きたかったイタリアがここです!ここです!ウフィツィ美術館です!!
ご紹介してくださり、もう嬉しすぎる~。
美しすぎる~。ラファエロとボッティチェリがもう一番好きな画家さんなので、幸せすぎます~。
ギリシア、ローマ神話や聖書を主題とした宗教画はテーマが雄大で本当にステキですよね~。
宗教画といいながらも、ルネサンスの頃のは美を極限まで追求しているので、完成されて圧巻です。うっとりです。
どうせ観るなら現地で、その作品に似合った建築物の中でこそ観たいものですね!
一度行ったら、何度もリピしなければならなくなるでしょうね~。

2016/11/01 (Tue) 23:06 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

ウフィツィ美術館はマストですよねー!
予約をしてもしなくても、結局は並ぶんですね…
さすが世界的に有名な美術館、しょうがないんでしょうね(;^_^A
とはいえ、並ぶ価値はありますよねー。
展示品だけじゃなく、美術館内部も一見の価値がありそうです。
丸1日かけても見落としが大ありの宝の山ですねー!

2016/11/02 (Wed) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん

> メディチ家が設立したんですか知りませんでした。
> こうやって改めて美術館の説明を受けるとすごい美術館ですね。
> 事前の勉強が大事ですね。
> ヴィーナスの誕生くらいしか覚えてないのが悔やまれます。

メディチ家の遺産ってすさまじいですよね
たくさんの芸術家たちを抱え、自由にさせてあげることで、華やかな作品が生まれました
何といっても、大きなキャンバスに描かれたヴィーナス誕生は、門外不出のここでしか見れないすごい作品です
これだけでも行く価値はありますよね
夏の繁忙期は、予約なしの列はものすごい行列となっていて、その人気の高さがうかがえます~

2016/11/02 (Wed) 20:18 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんばんは~

> ウフィツィ、並びましたよ~。
> 2時間ぐらい並んだかしら?
> 厳冬の中、辛かったですよ。
> 子供はこの後熱出しました。汗

寒い中、並ぶのは大変でしたね・・・
息子さんも熱を出してしまったとは、偶然とはいえ、何かイタリアは具合が悪くなる人が多いですよね・・・
はむこたんの旦那様もカプリで具合が悪くなったし、夫も熱を出したし・・・
でもイタリアはいいですよね
この時もすごい行列で、2時間と言うレベルではなさそうでした

> でも、そこまでしてでもここは見る価値はありますよね。

やっぱりここだけははずせないと思います
人気のウフィッチィ美術館ですよね

> 次回からはフィレンツェ、予約入れますけど。苦笑
> でも、その分、計画を綿密に立てないと、予約時間に追われそう・・・汗

早い時間だったら読めるのではないでしょうか
朝一番は空いていてよかったですよ~!
あとは夕方がいいそうです

2016/11/02 (Wed) 20:28 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> そうなんです!そうなんです!!
> ワタシが一番行きたかったイタリアがここです!ここです!ウフィツィ美術館です!!
> ご紹介してくださり、もう嬉しすぎる~。

ウフィツィ美術館は見どころが満載で、もう先に進めません~
作品がありすぎて、見落としちゃうという贅沢さ・・・
ここは音声ガイドを借りれば見落とすこともないと思います!
第二弾もありますが、写真ばかりになって、泣く泣く削りました
私もだいぶ駆け足で見ましたけど、好きな人にはたまらないと思います

> 美しすぎる~。ラファエロとボッティチェリがもう一番好きな画家さんなので、幸せすぎます~。
> ギリシア、ローマ神話や聖書を主題とした宗教画はテーマが雄大で本当にステキですよね~。
> 宗教画といいながらも、ルネサンスの頃のは美を極限まで追求しているので、完成されて圧巻です。うっとりです。
> どうせ観るなら現地で、その作品に似合った建築物の中でこそ観たいものですね!
> 一度行ったら、何度もリピしなければならなくなるでしょうね~。

メディチ家が台頭してからは、画家たちも新しい絵画様式を確立し、画風も華やかにかわりましたよね
また画家によって、同じお代でも作風が違うのも見どころで面白かったです
何といってもボッティチェリの美しい線の描き方はさすがですよね
建物も素敵だし、ウフィツィ美術館の作品はほとんど国外に出ないので、ぜひぜひ訪れてほしいです
日本の美術館と違って、もう人であふれかえった団子になってないので見やすいですよ~
次はラファエロの登場です!

2016/11/02 (Wed) 20:44 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealoha のMさん

lauaealoha のMさん
こんばんは~

> ウフィツィ美術館はマストですよねー!
> 予約をしてもしなくても、結局は並ぶんですね…
> さすが世界的に有名な美術館、しょうがないんでしょうね(;^_^A
> とはいえ、並ぶ価値はありますよねー。
> 展示品だけじゃなく、美術館内部も一見の価値がありそうです。
> 丸1日かけても見落としが大ありの宝の山ですねー!

ここははずせない人気の美術館です
やっぱり繁忙期は、ツアーの人も予約があっても、少々並ぶのは仕方ないでしょうね
そのあとはもう膨れる一方です
ちゃんと時間にオープンしてくれてすごい~と妙に感動しちゃいました
以前より、対応も素早くなって順応になってきてるように思います
好きな人は一日でも二日でも足りないでしょうね
門外不出のウフィッチィ美術館、見どころ満載でした~!

2016/11/02 (Wed) 20:50 | REPLY |   

ジュマ  

ツアーだったから何気にホイホイ入場したのですが、個人旅行の方には入場に関してすごくわかりやすい記事で参考になり、嬉しいでしょうね。

さっき「二度目の○○」という番組で今夜はミラノでした。
そして別の交流させていただいている方もロンドンからミラノにお出かけされていました。
一晩で3つのミラノ(笑)
それだけ魅力的な地だということでしょうね。

2016/11/02 (Wed) 23:24 | REPLY |   

tookue  

こんにちは!
美術館 すべて見落とさずに
見ろうと思えば
1にちがかりでしょうかね~?

ヴィーナスの誕生
絵心ないけけど
はみたことあります(どこでだろう?)

知ってるのは
やはり
モナリザ
ムンクの叫び くらいでしょうか

次回行くことがあれば
My便座持参ですね(^o^)

2016/11/03 (Thu) 10:46 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

ジュマさん

ジュマさん

> ツアーだったから何気にホイホイ入場したのですが、個人旅行の方には入場に関してすごくわかりやすい記事で参考になり、嬉しいでしょうね。

この日もツアーの方も多かったです
こういう細かい手配がない煩わしさからは解放され、お任せできるのがいいですよね~

> さっき「二度目の○○」という番組で今夜はミラノでした。
> そして別の交流させていただいている方もロンドンからミラノにお出かけされていました。
> 一晩で3つのミラノ(笑)
> それだけ魅力的な地だということでしょうね。

BSの番組であったのですね
うっかり見逃してしまい残念です~!
やっぱりイタリアは食べ物もおいしいし、ヨーロッパ各国からそして世界中から人が訪れる人気の場所ですよね
ご時世もあるのか、久しぶりのイタリアだったので、今回は以前に比べてすごい人にびっくりしました~
アジアの方も旅行する機会が増えたのも大きいのかなと思いました

2016/11/03 (Thu) 19:59 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんばんは~

> 美術館 すべて見落とさずに
> 見ろうと思えば
> 1にちがかりでしょうかね~?

美術館の規模が半端なく、名画が多いです
だから日本で開催される美術館と違って、団子状態にはなってないです
好きな人は一日あっても足りないでしょうね

> ヴィーナスの誕生
> 絵心ないけけど
> はみたことあります(どこでだろう?)

私の好きな~教科書に載ってると思います~
有名な絵のひとつですよね

> 知ってるのは
> やはり
> モナリザ
> ムンクの叫び くらいでしょうか

どちらも有名ですよね~
モナリザもいろいろな話がありますが、モナリザとムンクの叫びは意外に小さなキャンパスに描かれてます

> 次回行くことがあれば
> My便座持参ですね(^o^)

子供用のおまるみたいなものもあれば便利かもしれませんね
でもきっとセキュリティで通してもらえないかも~(笑)

2016/11/03 (Thu) 20:06 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

うわ〜、入場料、高い〜!と思ったら、こんなにも名画や有名な絵があるんですね〜。こちらは必見ですね^ ^

入口の写真入りでの解説、超親切で分かりやすいと思いました^ ^
意外に現場で分からずに困るってこういう場面だったりしますもの。
これは後から行く人の参考になると思います♪

ところでインフェルノ、観てきました。五百人広間とかフィレンツェの街並みがふんだんに出てきて、Yottitti さん思い出しながらの鑑賞となりました^ ^
あ、あそこだ〜!なんて、事後の鑑賞の方が、より楽しめるのではと思いましたよ^ ^

2016/11/05 (Sat) 07:34 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> うわ〜、入場料、高い〜!と思ったら、こんなにも名画や有名な絵があるんですね〜。こちらは必見ですね^ ^

今はちょっと円高なのでよかったです
でも、予約手数料も積み重なると大きいです・・・・
絶対に知ってるボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」など見どころも多いし、優雅なお部屋など見どころも多いです
ルーブルほど大きくなく、順を追っていけばいいので、見やすい美術館だと思います

> 入口の写真入りでの解説、超親切で分かりやすいと思いました^ ^
> 意外に現場で分からずに困るってこういう場面だったりしますもの。
> これは後から行く人の参考になると思います♪

チケットの交換場所って、わかりにくいんですよね
公開内容よりも、実はこちらの方が大事だったりします
とはいえ、この写真でわかっていただけるかは謎ですが~、ないよりは参考になるとよいなと思いました

> ところでインフェルノ、観てきました。五百人広間とかフィレンツェの街並みがふんだんに出てきて、Yottitti さん思い出しながらの鑑賞となりました^ ^
> あ、あそこだ〜!なんて、事後の鑑賞の方が、より楽しめるのではと思いましたよ^ ^

インフェルノ、見に行かれたのですね~!
本を読んでいったほうがいいと言われ、私はまだ見てません・・・
旅行好きには内容はおいておいて、見たい作品のひとつですよね~!
でも動画になるとわかりやすそうです!

2016/11/05 (Sat) 21:15 | REPLY |   

Leave a comment