エアチャイナビジネスクラスで帰国、最後はロスバケ

9日目

エアチャイナ(北京発羽田行き)、搭乗ゲート到着

出発時間を1時間は過ぎていたと記憶してますが、
ゲートがクローズされてなくて、待っていてくれてホットです
席は前だったので、すいすいと乗り込みました
遅刻したわけでなく不可抗力です~


CA421北京14:35-羽田18:55
機材は古い(A321-200)
シートは昔ながらのタイプ8席のみ
DSC01995_convert_20161222101219.jpg


食事

夫は洋食でお肉をチョイス
ぐったりしすぐて聞きそびれたけど、お味はどうだったのかしら???
DSC02000_convert_20161222101309.jpg


私はベジタリアンの中華
意外に無難で食べやすかったです
DSC02002_convert_20161222101341.jpg



羽田空港到着


預入れ荷物のピックアップ
ここは日本なのに、プライオリティの荷物がまったく出てきません~
そのうち出てくるかと思ってたけど、ほとんど意味がありません

最後の最後になっても出てきません
それも預けた2つとも・・・・・こうなると脱力でした


これだけ旅行していて、二度目のロスバケ、それも預けた2つなんてありえませんっ
中国国際空港はスタアラですが、JALが対応してくれました
JALのスタッフも、「中国国際航空のロスバケ、すごく多いです」とこぼしてました
なんでもリチウム電池と充電器関係のチェックが厳しいそう
まだまだ中国のX線技術もまだ未熟なのでしょうか。テロへの警戒も強いのかもしれませんね


話は戻ります

ひとつは北京止まり
DELAYした飛行機で荷物は置き去りになってしまった・・・・!?
私たちより後に飛行機に乗りこんだ人は、このロスバケにはいなかったのに

もう一つの行方はわからない・・・
わからないってどうよ?
やっぱりイタリアにあるかも?あの怪しいスタッフーーーが積み忘れたのか、それとも中国国際航空か・・・・
今回はよりによってお気に入りの服に、中古のヴィトンのバックを積んじゃいました
日系の航空会社の保証は少しはついてるそうですが、中国系の保証はほとんどないそう・・・・

「99.7%出てきます」というJALのスタッフの言葉を信じ、
搭乗券に、スーツケースの鍵も預けて、手続きを進めます
別途、空輸便扱いになるので、税関の申請もしなくてはいけません
スーツケースの鍵も渡してるのに、特に証明書が出るわけでもなく、こちらからの連絡先の紙を渡されただけ
手続きにも時間がかかりました


補助金は、
旅行者はロスバケでは衣料品の補助金が出るが、在住者には出ない、理不尽な話です
補足ですが
学生時代にアメリカから送った船便、結局出てこなかった痛い思い出があります
補助金は当初5,6000円ほどだったでしょうか、全然、割に合わずに、よほど荷物が届いてくれた方が良かった・・・




翌日

中国国際航空のスタッフから連絡があり、
荷物が2つ無事に届いたのは、帰国後2日経ってからのことでした
遅延に、ロスバケ、中国国際航空の評判の悪さを実感しました


もし中国国際航空に乗るならば、
電子機器の扱いとスケジュール管理、スーツケースの目印をつけることをおすすめします



次回は楽しかった旅のまとめ~です



2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京

関連記事

10 Comments

GUIHUA  

ひえ~~~ひどい・・・。
荷物が届いてないなんて・・・。
旅慣れないワタシだったら発狂しそうです。
杜撰すぎる中国国際航空。
でも、とにかく戻って来てよかったです~。
『乗ってはいけない航空会社』という本が出版されたのですが(元日航の機長だった方の著作です)中国国際空港ランキングにのってそうですね~

2016/12/29 (Thu) 19:46 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

帰路は最後まで疲れるご旅行でしたね。
私もどこの航空会社だったか覚えていないんですが、スペインーフランクフルトー日本のフライトで帰国の時に荷物が出てこなかったことがありました。
スペインーフランクフルト便が遅れて、私は空港内を走って日本行きに乗れたのですが、どうやら荷物がそのスピードに付いていかなかったようで、載せきれなかったとのことでした。
今回、Yottittiさんも北京行きが遅れていたとのことだったので、そのパターンかと思っていましたが、なんだか理由はそれだけではなさそうですね^^;
中華系のビジネスクラスっていう手もあるのか〜とYottittiさんの記事で気付かせていただきましたが、ビジネスなら大丈夫かと思いきや・・・色んなところでの雑な扱いとそれに対する心配はビジネスでも同じなのですね〜。
何だか我に返った思いです(笑)

2016/12/29 (Thu) 21:46 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> ひえ~~~ひどい・・・。
> 荷物が届いてないなんて・・・。
> 旅慣れないワタシだったら発狂しそうです。
> 杜撰すぎる中国国際航空。
> でも、とにかく戻って来てよかったです~。
> 『乗ってはいけない航空会社』という本が出版されたのですが(元日航の機長だった方の著作です)中国国際空港ランキングにのってそうですね~

この時代、電子化で管理されるようになった荷物が出てこないのは、ありえないです
最後は戻ってきたけど、どこにあるのかわからないと言われた日には、盗難されてたらどう責任を取ってくれるのって、焦りましたよ
中国系の中でも評判の悪いのは、中国国際航空はよくないですね
前回の中国東方航空のほうがよっぽど紳士的で、悪いイメージはなかったですもの
GUIHUAさんものるなら、比較論で中国東方航空です


2016/12/29 (Thu) 22:57 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> 帰路は最後まで疲れるご旅行でしたね。

帰ってきて、体は疲れてないけど、荷物は出てこないわ、ブログのコピペ問題も引きずってたころで、すっきりしない感じでしたね
今はすっかりフィレンツェ&ローマの旅の良い思い出に塗り替えられてます~

> 私もどこの航空会社だったか覚えていないんですが、スペインーフランクフルトー日本のフライトで帰国の時に荷物が出てこなかったことがありました。
> スペインーフランクフルト便が遅れて、私は空港内を走って日本行きに乗れたのですが、どうやら荷物がそのスピードに付いていかなかったようで、載せきれなかったとのことでした。
> 今回、Yottittiさんも北京行きが遅れていたとのことだったので、そのパターンかと思っていましたが、なんだか理由はそれだけではなさそうですね^^;

私も乗り継ぎに無理があって間に合わなかったのかと思いましたが、あとから乗ってる人は間に合った?ようです
イタリア帰りの人でロスバケしてるので、ダブルでたたったのでしょうね(笑)
そういえば、前回乗った中国東方航空でも荷物は引っかかったんですよね
やっぱり充電器関係のものは考えないといけないかもしれませんn

> 中華系のビジネスクラスっていう手もあるのか〜とYottittiさんの記事で気付かせていただきましたが、ビジネスなら大丈夫かと思いきや・・・色んなところでの雑な扱いとそれに対する心配はビジネスでも同じなのですね〜。
> 何だか我に返った思いです(笑)

ビジネスと言っても、料金も欧州系のエコノミーと変わりなかったので、あまり期待はしてなかったのですが、まー、今回はいろいろありましたね
前回乗った中国東方航空は嫌なイメージはなかったけど、さすがに今回のロスバケは参りました
夏だし洗濯物が・・・・、幸い買ったばかりのヴィトンは詰めなくてよかったーと冷や汗ものでした~

2016/12/29 (Thu) 23:20 | REPLY |   

rika3377  

あらあら・・・
体は何とか乗り継ぎに間に合ったけれど、荷物は乗り継ぎに遅れちゃったんでしょうか。
最後の最後までお疲れ様でした~。
2つの内、2つともロストラゲッジとは最悪でしたね。
まあ、戻ってこないこともあるようなので、戻ってきただけでもラッキーと思うしかないんでしょうか?
中国系のエアラインはあまり乗る機会ないですが、記事を拝見して、できるだけ避けようと思いました。苦笑

2016/12/30 (Fri) 00:40 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

最後の最後にロストバゲージですか…
さすがというかなんというか
イヤな予感って当たってしまうものですよねー。
2日後でも戻ってきてよかったです!
戻ってこなかったら、イタリア旅行のイメージまでもが悪くなりそう(;^_^A
プライオリティ付のCクラスでもこうなんだからYクラスなんて…
やっぱり大陸系キャリアは要注意ですねー!
お疲れさまでした!

2016/12/30 (Fri) 10:28 | EDIT | REPLY |   

キュウ親  

これが"チャイナ・クオリティ"!?
最後にロスバケは、後味悪いですよね~。
羽田でJALさんのスタッフが対応してくれたのが
せめてもの救いでしたねぇ!

以前CDGから帰国した時ロスバケありましたが、
その時は航空会社のせいではなく、
CDGの一部の組合がストだったそうで(苦笑)。

2016/12/30 (Fri) 10:34 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
連コメありがとうございます

> あらあら・・・
> 体は何とか乗り継ぎに間に合ったけれど、荷物は乗り継ぎに遅れちゃったんでしょうか。
> 最後の最後までお疲れ様でした~。
> 2つの内、2つともロストラゲッジとは最悪でしたね。
> まあ、戻ってこないこともあるようなので、戻ってきただけでもラッキーと思うしかないんでしょうか?
> 中国系のエアラインはあまり乗る機会ないですが、記事を拝見して、できるだけ避けようと思いました。苦笑

結構、北京で移動に時間がかかったので、荷物も間に合いそうなのですけどね
あとから乗ってきた人たちは、荷物も持っていなかったし、ロスバケにいなかったし、間に合ってると思うのですが、運が悪かったのでしょう
充電器がひっかかったのだと思います
さすがに2つもロスバケにはがっくりで、ひとつはどこ?みたいな状況は、盗難されてないか、不安でした
中華系は短距離線はいままで問題なかったのですが、急激な成長でサービスが追いついていってないのでしょうね

2016/12/30 (Fri) 17:21 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealoha のMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは

> 最後の最後にロストバゲージですか…
> さすがというかなんというか
> イヤな予感って当たってしまうものですよねー。
> 2日後でも戻ってきてよかったです!
> 戻ってこなかったら、イタリア旅行のイメージまでもが悪くなりそう(;^_^A
> プライオリティ付のCクラスでもこうなんだからYクラスなんて…
> やっぱり大陸系キャリアは要注意ですねー!
> お疲れさまでした!

最後の最後にロスバケまでついてくるとは、やってくれました
それも2つも出てこないのにはびっくりです
移動にも時間がかかってきたので間に合うと思うし、それに空を飛んでき人に荷物を再検査ってどういうことでしょう
それこそ、危険すぎますよね
そのまま乗せればまったく問題ないと思います
中華系でも東方航空は問題なかったので、中国国際航空は大きくなりすぎて、サービスが追いついてないのでしょうね

2016/12/30 (Fri) 17:27 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> これが"チャイナ・クオリティ"!?
> 最後にロスバケは、後味悪いですよね~。
> 羽田でJALさんのスタッフが対応してくれたのが
> せめてもの救いでしたねぇ!

前回乗った東方航空は嫌な感じではなかったのですが、セキリュティチェックが厳しすぎるのでしょうね
それになんでも見えるX線技術がいまいちなのではないでしょうか
JALが対応してくれたのはありがたいのですが、会社の勝手が違うので、すべてが確認しないといけないので、見えない部分も多かったです

> 以前CDGから帰国した時ロスバケありましたが、
> その時は航空会社のせいではなく、
> CDGの一部の組合がストだったそうで(苦笑)。

キュウ親さんも夏の時期でしたよね
人出不足が生むロスバケもあるのですね
いままで一度しかなかったので、それも2つなんて確率にびっくりです
でも乗り継ぎで、そんなに厳しいチェックはいるのかどうかすごく疑問です

2016/12/30 (Fri) 17:33 | REPLY |   

Leave a comment