双子の遺跡トマノンとチャウ・サイ・テボーダ

2日目⑧

遺跡観光、午後の部の始まりです


王宮から東のところに
道路をはさんで、林の中に、双子のような遺跡がひっそりたたずんでます
P1010605.jpg




どちらもデバターが美しいと有名なところ
規模も小さいので、すぐに見終わります



チャウ・サイ・テボーダ

ピラミッド式に移行する前の平地式寺院
P1050322.jpg


円柱に支えられた空中参道は見どころ
P1050327.jpg


中国によって修復作業中
P1010596.jpg


優美なデバターのレリーフ
P1050324_20170308174515a6f.jpg


派風の浮彫が見事
P1010584.jpg



カーラの神様
P1010586.jpg




そして

向かい合いのトマノン


フランスによって10年以上の年月をかけ修復され、ほぼ建設時の姿が見られます
P1050337.jpg


中央祠堂
アンコールワットにだんだん近づいてきました
P1010608.jpg


デバターの美しさで有名です
P1010609.jpg


首のない仏像
P1010616.jpg



ナーガの彫刻が施された破風
ナーガはカンボジアでは畏怖される存在でなく、人間の世界と天上界をつなぎ架け橋と考えられていて、多く見られます
P1050339.jpg



手つかずの遺跡もいいけど、ここは小さいながらも、彫刻がきれいな遺跡です
アンコールワットにつながる美しい双子の遺跡で、時間があれば、見てほしいところです
肝心のアンコールワットですが、私たちがアンコールワットに向かうのは翌日です
初めての方は、アンコールワットは一番に向かうのがいいと思います



参考までに
2015年に訪れたトマノンとチャウ・サイ・テボーダお話はこちらです



2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

12 Comments

GUIHUA  

美しいですね~。
細かい彫刻がたくさんほどこされ、凝りに凝った遺跡群。
建物の形も独特ですばらしいです!が・・・中国が・・・修復!?大丈夫でしょうか??
フランスが修復した箇所を見ると、なんとなくフランスチックといいましょうか映画インドシナを思わせる独特のエキゾチックさが漂い、見事な完成度なんですけど、どことなくフランス臭を感じるのはワタシだけでしょうか??
これが中国エキスが入るとなるとわざとらしいテーマパークっぽい雰囲気にならないかとかすかに心配です。
カンボジアだけの力で修復というのはムリなんでしょうね~。

2017/03/08 (Wed) 22:51 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> 美しいですね~。
> 細かい彫刻がたくさんほどこされ、凝りに凝った遺跡群。
> 建物の形も独特ですばらしいです!が・・・中国が・・・修復!?大丈夫でしょうか??
> フランスが修復した箇所を見ると、なんとなくフランスチックといいましょうか映画インドシナを思わせる独特のエキゾチックさが漂い、見事な完成度なんですけど、どことなくフランス臭を感じるのはワタシだけでしょうか??
> これが中国エキスが入るとなるとわざとらしいテーマパークっぽい雰囲気にならないかとかすかに心配です。
> カンボジアだけの力で修復というのはムリなんでしょうね~。

アンコール遺跡群は、各国の協力によって修復活動が行われてます
日本はというと、あのアンコールワットがそうなんですよ
それと同時にカンボジアの人たちに技術の習得をも受け継いでるのです
中国というと、気のせいだとわかっていても、やっぱり階段とか怖いですよ
それに特徴もでるのかな~なんて、どこの国が修復してるのか見てから、遺跡巡りをするのも楽しいです
やっぱり韓国は見ないので、いろいろお国柄も出るものです
特にフランスが修復したトマノンは、アンコールワットに近づく遺跡で、彫刻がきれいです~

2017/03/08 (Wed) 23:05 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

これら遺跡が各国の協力で維持され、私たちが見られるのはありがたいし素晴らしいことですよね。
世界中でこういった取り組みが行われ、世界の遺産を守って欲しいです。
反面、一部の心無い人たちの行いが悔やまれることもあるので、何とかならないのかなと思いますね。

他の人のブログを拝見して、興味が湧いてくるということは多々ありますが、Yottitti さんのアンコールワットがそれです。
難しそうとあんまり現実的に考えたことがなかったのですが、なんか実現してみたいところになりました。

2017/03/09 (Thu) 13:51 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんばんわ

石に浮かび上がったような優美なデバター
建築にもさぞや時間と労力がかかったでしょうに
修復してもこんなに朽ち果てた感じがして…
栄枯盛衰という言葉が浮かんでしまいます。

2017/03/09 (Thu) 18:43 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
本当、これでもかって言うくらいの遺跡のオンパレード。
すごいとしか言いようがないです。
これだけの遺跡を残した人々はどんな生活をしていたのか興味があります。
やはり三島由紀夫を読んでから行きたいですね。

2017/03/09 (Thu) 19:45 | REPLY |   

ポケ  

空中参道が今も崩れずに残っているのは素晴らしいですね。
もちろん修復作業の賜物なのでしょうが、円柱も綺麗に残っているなんて。
そして細やかな彫刻。
美しい神殿だったのでしょうね~。

中国やフランスなど、世界各国の先進国が修復作業をしているのですね。

2017/03/10 (Fri) 06:03 | REPLY |   

親父  

トマノン遺跡、きれいですね。
中国も修復作業が出来る力があるんですか。
レリーフまできれいに修復されているよう。

2017/03/12 (Sun) 05:25 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> これら遺跡が各国の協力で維持され、私たちが見られるのはありがたいし素晴らしいことですよね。
> 世界中でこういった取り組みが行われ、世界の遺産を守って欲しいです。
> 反面、一部の心無い人たちの行いが悔やまれることもあるので、何とかならないのかなと思いますね。

日本をはじめとする各国が遺跡修復の協力をして、また、カンボジアの人たちにその技術を教え、人材育成に役立ててる取り組みは素晴らしいです~
特に日本のアンコールワットの参道の復元の取り組みはすごいこだわりです
インドも参加してるんですよ
後世に語り継いでいきたいですね

> 他の人のブログを拝見して、興味が湧いてくるということは多々ありますが、Yottitti さんのアンコールワットがそれです。
> 難しそうとあんまり現実的に考えたことがなかったのですが、なんか実現してみたいところになりました。

アンコールワットは一度は訪れたいところという想いが強いですよね
私もハードルが高いように思ってましたが、人々も素朴で、のんびりしていて、ぜひ訪れてほしいところです
現地ガイドさんをつけてもよいかもしれませんが、かえって、自分のペースで見れなくなってしまうような気がします
それにホテルでトゥクトゥクを手配すれば間違いないです!

2017/03/12 (Sun) 17:35 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
お返事遅くなりごめんなさい

> 石に浮かび上がったような優美なデバター
> 建築にもさぞや時間と労力がかかったでしょうに
> 修復してもこんなに朽ち果てた感じがして…
> 栄枯盛衰という言葉が浮かんでしまいます。

一つ一つ美しいデバターに魅せられます
またヨーロッパの建築美と違うし、インドのヒンズー教ともまた違うし、宗教的な色合いが出てるのも魅力です
それぞれの国の文化建築をたどると面白いです
当時の栄華を感じさせるところです
苔むした感じがいいですよね

2017/03/12 (Sun) 17:44 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
お返事遅くなりごめんなさい

> 本当、これでもかって言うくらいの遺跡のオンパレード。
> すごいとしか言いようがないです。
> これだけの遺跡を残した人々はどんな生活をしていたのか興味があります。
> やはり三島由紀夫を読んでから行きたいですね。

ガイドブックで見るより、スケールの大きさと彫刻のすばらしさにびっくりします
アンコール王朝の歴史を勉強してから訪れると、理解が深まっていいでしょうね
三島由紀夫の本を読んでから訪れると、その往時の華やかな様子が重なることでしょう
カンボジアという国の文化歴史を感じさせるところで素晴らしいです

2017/03/12 (Sun) 18:08 | REPLY |   

Yottitti  

ポケさん

ポケさん
お返事が遅くなりごめんなさい

> 空中参道が今も崩れずに残っているのは素晴らしいですね。
> もちろん修復作業の賜物なのでしょうが、円柱も綺麗に残っているなんて。
> そして細やかな彫刻。
> 美しい神殿だったのでしょうね~。

空中参道はのちのアンコールワットでも見れるところで、私も好きな美しい造りです
アンコールワットにすべてがつながっていくのかなと思うと、感慨深いです
また、ヨーロッパの華やかさとは違うものの、美しいデバターに技術は素晴らしいです
往時の華やかさを物語ってるようです

> 中国やフランスなど、世界各国の先進国が修復作業をしているのですね。

いろいろな国が修復作業に協力しています
ここはこの国だ~なんて思って見学するのも楽しみのひとつです
日本が多いのは誇らしいです

2017/03/12 (Sun) 18:21 | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん
コメントありがとうございます

> トマノン遺跡、きれいですね。
> 中国も修復作業が出来る力があるんですか。
> レリーフまできれいに修復されているよう。

インドも文化が近いからか、修復に協力しています
中国は、いろいろなところに参加はしてますよね
中国は歴史ある国ですし、仏教だから近いからでしょうか~
また次の遺跡も中国が修復してるところです

2017/03/12 (Sun) 18:24 | REPLY |   

Leave a comment