09年07月12日 来て見たかったロンドン

PM0:20
ロンドンは、主人は学生時代に来たことがあり、物価が高く具合も悪かったのであまりいい印象はない様子。ほかにもギャングにあったとかあまりよろしくない話ばかりでなかなか足が遠のいてました。2日もあれば十分といい、強行スケジュールながら、学生時代からの念願かなってロンドン上陸です。

ドバイとはうってかわって、からっとしていて気持ちのいいこと、気分も爽快です。
ロンドンはタクシー代も高いとのことで、電車で移動しました。さっそく駅でオイスターカードを購入しました。suicaと同じでデポジットを取られますが、割引が適用になるので有効に活用しました。そして、出国するときは返却しないと損になります。

ホテルは大英博物館の近くのThe Beauchamp。そこまでは電車で一本で行けるので楽でした。降りてからは出口がいろいろで迷うのですが、すんなりホテルまで移動できました。
IMGP3650_convert_20090803154600.jpg

着くとまだ部屋の用意ができてなくて2:00にならないとチェックインできないとのこと、再チェックインも面倒なので待つことにしました。ホテルというより、高級なアパートメントホテルという感じです。
部屋は一階だったので道路からの人目が気になるところと、少し狭かったですがまーまーかな。
IMGP3654_convert_20090803154809.jpg DSCF1284_convert_20090803154910.jpg



チェックインを済ませ、さっそく大英博物館に向かいました。
IMGP3656_convert_20090803155022.jpg

大英博物館は入場無料。物価の高いロンドンではうれしい限りです。
そして、泥棒博物館と言われ、恨みもかっているらしいです。
エジプト象形文字解読の手がかりになったロゼッタストーン
IMGP3671_convert_20090803210128.jpg DSCF1401_convert_20090805200839.jpg


いわくつきのパルテノン神殿の彫刻群
IMGP3678_convert_20090803210212.jpg

見所満載で写真を載せてもきりが無いので、人気のあるのはミイラの部屋、やはり目玉のひとつでしょう。
内臓を入れる壺だの、みんな熱心に見てましたが、私は最後のほうは気持ち悪くなってきました。
IMGP3685_convert_20090803155322.jpg

DSCF1307_convert_20090803155738.jpg

中庭の売店で本を購入し、一休みしようとしましたが、あまりおいしそうなものもなく、高いので出てから探すことにしました。
IMGP3705_convert_20090803230457.jpg



PM5:00
天気もあやしい感じになってきました。
まずはコヴェントガーデンに行きました。大道芸人など芸を競い盛り上がってました。
ピッツアを食べようと思ったのですが、雨よけもできず微妙な感じでここでも入りそこねました。そして電車に乗ってピカデリーサーカスに向かいました。雨はぱらついてたものの観光客でにぎわってました。
IMGP3711_convert_20090803210605.jpg


そしてトラファルガー広場に向かおうしている途中に、道がずれてしまったのか、大きなヨーク公記念柱がありました。
DSCF1321_convert_20090803213544.jpg
そして立派な門があり、それはビクトリア女王を称えて造られたアドミラルアーチでした。
IMGP3719_convert_20090803213208.jpg

やっとトラファルガー広場に到着です。奥にはナショナルギャラリーが見えます。入る予定もなかったのですが、いずれにしろ時間も遅いので入館は無理でした。
雨もあがり、たくさんの人がライオンに上り、思い思いに撮影していて独占できませんでした。
噴水の周りにも休んでる人たちがたくさんいました。しばらくその中に混じって少しぼーっとしてました。
DSCF1329_convert_20090803213836.jpg IMGP3732_convert_20090803214007.jpg



PM6:20
そして、誰もが知ってるビッグベンまで行きました。たくさんの観光客が押しかけてました。テレビや写真では数え切れないほどみたビックベンは、想像以上に大きく威厳がありました。長い間、ロンドンの街を見守り、鐘を鳴り続けてるのでしょう。
IMGP3741_convert_20090803214210.jpg


そして目の前の広場でチャーチルを撮影。
DSCF1336_convert_20090803214253.jpg


すぐそこにはウエストミンスター寺院があります。
日曜日なので信者の方はもう6時を過ぎてましたが、入っていってるようでした。
IMGP3748_convert_20090803214401.jpg IMGP3750_convert_20090804213643.jpg



PM7:00
ここでオイスターカードの活躍です。バスに乗り、歩きながら見つけたバーがあるトラファルガー広場まで戻りました。ロンドンの食事はいまひとつという評判なので、あたりもはずれもわかりませんが、目に付いたsilver crossというお店に入りました。観光客ばかりでしたがにぎわってました。
IMGP3734_convert_20090803214122.jpg

カウンターで注文し、その場でビールはもらい、フィッシュアンドチップスをオーダーした番号札を持ち席に着きました。食べ物が出るのに時間がかかり、来たときにはビールは空状態でした。ビールおいしかったです。
主人は魚は好きでないので反応は微妙~揚げ物なのでお腹は膨れ満腹状態でした。白身魚なので淡白ですが出来立てはあつあつでおいしかったと思います。でもグリーンピースはどうなのでしょう。
IMGP3763c_convert_20090803214756.jpg



PM8:00
やっと暗くなり始めました。お腹もいっぱいになり、ほろ酔い気分でぶらぶらしながらホテルに帰りました。
IMGP3765_convert_20090804220152.jpg




関連記事

2 Comments

gatto  

Yottittiさん、こんにちは!

なんか、一緒に旅行している気分で楽しいです。^^
ご主人、以前ロンドンでギャングにあわれたのですね!?

今回は何事も無かった?ようで良かったです。

大英博物館は無料なんですね。
全然知りませんでした。それは嬉しいですよね。
気持ち悪くなってしまったみたいですけどv-356

フィッシュ&チップスとビール、、、あ~
ロンドンパブって感じです。なんか、、お腹すいてきました。笑
(グリーンピースはいまいち?)

2009/08/05 (Wed) 18:06 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

gattoさん こんばんは

いつも気の利いた素敵なコメントありがとうございます。

ロンドンでギャングに会ったのは知り合いの人ですが、主人も似たようなものです。
主人は学生時代にローマでジプシーに会ったそうですが小銭ですんだそうです。5年前のローマでもギャングに会いましたが、そのときは未遂でした。当時私でなく主人が狙われたのは不思議で、私だったら気がつかなかったかもしれません。こわいですね。
どこに行っても、私はポケットにデジカメやお札の小銭を入れてると、よく注意されます。近所でお買い物のときも携帯をポケットに入れていて注意されたくらいです。よほどどんくさく見えるのかもしれません。

大英博物館は無料でおすすめです。
とにかく大きく、ミイラがあるのは大英博物館らしいので、なんだか本物!?と考えただけで・・・・

フィッシュ&チップス、すべてが想像通りの味だと思います。
お腹が空いてるときには目に毒ですよね。でもグリーンピースは多いかも。

2009/08/05 (Wed) 21:04 | REPLY |   

Leave a comment