伏波山

5月の桂林・上海旅行の3日目⑥

畳彩山から歩いて、伏波山


漓江の西岸にそびえる岩山、荒々しい岩肌が険しさを物語ってます
後漢の伏波(馬援)将軍が拠点としてたことから、名前がつきました
P5040381.jpg


正面には
伏波将軍の騎馬姿の像
P5040403.jpg



入るとすぐに

分福茶釜みたい~
いかなかったけど、茶室があるそうです
P5040382.jpg



重さ2700Kgの大鉄鐘と重さ1tの千人鍋
DSC05574.jpg DSC05624.jpg



そして


畳彩山に引き続き、200段も続く階段です
DSC05600.jpg



頂上に到着~
ここは段差がきつくて、体力的にもきつかったです
P5040391.jpg


先ほどいた畳彩山の展望台
P5040385.jpg


雄大な漓江にホテル方面の眺め
P5040390.jpg


岩山が並ぶ北方面の象山公園などの眺め
P5040389.jpg





山頂から降りてきて、地下の鍾乳洞へ


千仏岩
P5040398.jpg

多くの仏像が並んでます
P5040401.jpg



こちらは環珠洞
永年の風化と浸食が見られます
ここには、お土産屋さんが並んでます
DSC05606.jpg



見どころの試剣石

天井から鍾乳石が垂れ下がって、
ここは伏波将軍が試し切りをしたといわれてます
P5040392.jpg

また
目の前は、おおらかな漓江の流れを間近で感じられます
DSC05608.jpg



二つ続けて、山登りの修行になりました

2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

12 Comments

親父  

ここよりも畳彩山からの景色の方が素晴らしいと思いました。
あのような景色だったらぜひ見てみたいけど、階段がねぇ。
階段の登りもきついけど、下りが辛そう。
最近は平地にすっかり慣れてしまったので身体に厳しそうです。

2017/07/27 (Thu) 06:14 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
またまた階段ですか・・・
やはり旅行を楽しむには体力勝負ですよね。
まだまだ体が元気なうちに行きたいところに行っておきたいです。
頂上から眺める景色はそれはすばらしいでしょうね~。
中国、日本と雰囲気が似ているところがありますが、やはり中国らしさを感じますね。

2017/07/27 (Thu) 09:12 | REPLY |   

tookue  

こんにちは!

千人鍋なにを
湯がいてたんでしょうね?

分福茶釜 行かなかったんですか
狸にお茶をたててもらえたんでしょ
もったいない(笑)

2017/07/27 (Thu) 09:54 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

将軍が拠点にした岩山・・・歴史を知らないのですが、逆に兵糧攻めをされたらひとたまりもなさそうな岩山です・・・^^;きっと強い将軍だったのでしょうね^^
それにしても上からの眺めがいいですね〜。遠くの桂林らしい眺めが素晴らしいですね。本当にめずらしい眺めです。

千人鍋は・・・千人分にはちょっと小さい?百人鍋の方が良いのでは?と突っ込んでみました(笑)まあ、それくらい大きいということなのですよね^^

2017/07/27 (Thu) 13:45 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

鉄瓶のようなぶんぶく茶釜に鉄の鐘に千人鍋…
大陸のひとは大きなものが好きなんですねー(;^_^A
歴史上の人物の銅像と同じように置かれているのもユニークです。
登山ができて鍾乳洞もある岩山がたくさんあるんですね!
水墨画のような景色以外にもいろいろと見どころがあるものなんですね。

2017/07/27 (Thu) 17:06 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん
連コメありがとうございます

> ここよりも畳彩山からの景色の方が素晴らしいと思いました。
> あのような景色だったらぜひ見てみたいけど、階段がねぇ。
> 階段の登りもきついけど、下りが辛そう。
> 最近は平地にすっかり慣れてしまったので身体に厳しそうです。

おっしゃる通り、眺めは畳彩山からがきれいでした~
想像以上に、階段が多い桂林の観光でした
畳彩山もここもほかに岩山がありましたが、断念しました
下りは楽と思っても、膝を痛めますよね
アンコール遺跡群も階段のある遺跡はありますが、適度にお休みしながら、好きなところを周ってください~

2017/07/27 (Thu) 18:40 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは
帰国中、ありがとうございます!

> またまた階段ですか・・・
> やはり旅行を楽しむには体力勝負ですよね。
> まだまだ体が元気なうちに行きたいところに行っておきたいです。
> 頂上から眺める景色はそれはすばらしいでしょうね~。
> 中国、日本と雰囲気が似ているところがありますが、やはり中国らしさを感じますね。

同じ園内にも見どころの岩山がありますが、さすがに断念・・・・
桂林は岩山が多くて、想像以上に階段で上ることが多かったです
その分眺めを楽しむことはできました~
旅行は行けるうちに~とは言いますが、この頃、旅帰りの疲れも取れにくく身にしみます
とはいえ、休みも限られてるし、今のうちに体力をつけないといけないですね
ここ桂林の景色はやっぱり独特で、これだけの規模のカルト地形はなかなかないので、そそり立つような岩山を眺められて、行って来てよかったです!

2017/07/27 (Thu) 18:45 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんにちは

> 千人鍋なにを
> 湯がいてたんでしょうね?

言葉が足らずに失礼しました~
千人のお米が炊ける鍋です
すごい人気でしたよ~


> 分福茶釜 行かなかったんですか
> 狸にお茶をたててもらえたんでしょ
> もったいない(笑)

一応、中に入って写真だけは撮りました
茶室があるとは思わなかったけど、どうなってたのでしょうね

2017/07/27 (Thu) 18:52 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん

> 将軍が拠点にした岩山・・・歴史を知らないのですが、逆に兵糧攻めをされたらひとたまりもなさそうな岩山です・・・^^;きっと強い将軍だったのでしょうね^^
> それにしても上からの眺めがいいですね〜。遠くの桂林らしい眺めが素晴らしいですね。本当にめずらしい眺めです。

中国は大きいので歴史も難しいです
いろいろな説があるようですが、南方への拠点で、ここからベトナム中部まで遠征したそうです
将軍は人々のために、生活の基盤を築き、ここにお祀りされてるようです
桂林は見晴らしがよく、雄大な美しい景観を楽しめてよかったです


> 千人鍋は・・・千人分にはちょっと小さい?百人鍋の方が良いのでは?と突っ込んでみました(笑)まあ、それくらい大きいということなのですよね^^

1000人の分のご飯を炊くもので、やけに中国人に人気のお鍋でした~
1.5m*0.8mの大きさですが、昔の人は小食だったのかもしれませんね

2017/07/27 (Thu) 19:12 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは

> 鉄瓶のようなぶんぶく茶釜に鉄の鐘に千人鍋…
> 大陸のひとは大きなものが好きなんですねー(;^_^A
> 歴史上の人物の銅像と同じように置かれているのもユニークです。

将軍の像は入口の外に建ってまして、この地の発展に貢献したと思われます
分福茶釜は近年作られたものでしょうね
派手でいかにも好きそうです~
お鍋も人気で、このごろは、上ったりする人を見かけないだけホッとします


> 登山ができて鍾乳洞もある岩山がたくさんあるんですね!
> 水墨画のような景色以外にもいろいろと見どころがあるものなんですね

桂林ではたくさん岩山があるので、いくら登りたいでも限界がありました~
地上からの眺めもいいものですが、やはり山頂からの眺めはとても情緒があり素敵でした
桂林碑林といわれるように、碑も見どころで、中国らしいですよね

2017/07/27 (Thu) 19:32 | REPLY |   

GUIHUA  

すごい!!またまた山登り!
でも、こうなったら、どこまでも登って、違うところから、先ほど登ったところを確認して眺めたいと思うのも無理からぬです!!
Yottiさんは、とっても体力があるなあと感心します♪
あの金色の茶釜のゆるキャラがいかにも中国チックですね~。成金趣味??
金色が大好きな中国人らしいお茶釜です~。
茶室???中国に茶室って!!??これ、すごーく気になります。
多分、茶館のようなもの?なんでしょうか?
なんのお茶を飲まされるのかな~と疑問がいっぱいです!!

2017/07/27 (Thu) 23:15 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> すごい!!またまた山登り!
> でも、こうなったら、どこまでも登って、違うところから、先ほど登ったところを確認して眺めたいと思うのも無理からぬです!!
> Yottiさんは、とっても体力があるなあと感心します♪

ちょうどいいアフタヌーンティだったようで、体力は回復してたようです(笑)
さすがに続けての、ここはきつかったーーー
やっぱり訪れたところや、泊まってるホテルは気になります
七星公園のラクダ岩など、見落としてる部分もいっぱいありましたけどね


> あの金色の茶釜のゆるキャラがいかにも中国チックですね~。成金趣味??
> 金色が大好きな中国人らしいお茶釜です~。
> 茶室???中国に茶室って!!??これ、すごーく気になります。
> 多分、茶館のようなもの?なんでしょうか?
> なんのお茶を飲まされるのかな~と疑問がいっぱいです!!

突然現れた金ぴかの茶釜は、やっぱり写真撮影のスポットでしょうね
間違いなく、入って写真撮影してきました
その割に空いてました(笑)
茶室があると、調べたサイトに書いてあるのですが、写真が見つけられません~
たぶん、惜しいところまではいってるとは思いますが、そこまで探求できなかったです
茶館としてあったかどうかはどうでしょ~(笑)

2017/07/28 (Fri) 19:56 | REPLY |   

Leave a comment