上海でおすすめのB級グルメの朝食

5月の桂林・上海旅行の続きです


5日目①


朝ごはんは

ホテルから近くの「佳家湯包」

何度もブログでは登場してるお店で恐縮です
開店時間はお店の前にも記したものはなく、ネットの情報もまちまちですが、過去からの経験上、午前8時半オープンと見込み、9時に訪れました
地元の人にも人気のお店ですでに何人か並んでますが、ここは待ってでも並びます!
DSC06116.jpg


店内のテーブルが変わりました
お店はきれいなレストランではないけど、ここの小籠包はお店の傍らで包む様子も眺められて新鮮です
しかし、長居は禁物です!
DSC06110.jpg


お店のレジで、指さしで注文します
定番の鮮肉(豚肉)15元(240円)、
午後には売り切れてしまうという人気の虾下鮮肉小(海老)20元(320円)
生姜2元(34円)
DSC06109.jpg


同じテーブルについた中国人に食べ方を教わりました
薄皮に小さな穴を開けて、スープから飲むのが正解!
スープがおいしく、あっさりしてるので何個でも食べられます
とりあえず、何も調味料をつけずに、そのままいただくのがおすすめです
DSC06115.jpg


しょうがを頼むと、ついてくるお酢が甘めなので、つけないほうがよいかも
これはお好みです
DSC06114.jpg


辛味もあって食べ方はそれぞれです
DSC06112.jpg




続いて梯子するのは

反対側のピンクの看板のお店「小揚生煎館」
DSC06108.jpg


焼き小籠包のお店です
焼いてるところが見え、飛ぶように売れていきます!
DSC06119.jpg


4個で8元(130円)
DSC06121.jpg


店内の写真を撮り忘れました


こちらも薄皮に穴を開けて、スープからいただきます
お肉もたくさん入っていて、スープがとってもジューシーです
焦げ目はカリカリしていておいしい~
熱々なので食べるのは、スープの飛び跳ねに、火傷に要注意です!
DSC06118.jpg



どちらも日本人旅行者にも人気のお店です
「佳家湯包」 は混んでるのであきらめてしまう方も多いけど、お手頃なのでぜひ食べていただきたいお店です


ホテルに戻りチェックアウトして、もう少し街歩きを楽しみます


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田


関連記事

10 Comments

GUIHUA  

わあ~!本当においしそう!!
天津も包子はとても有名でしたが小籠包の湯包子とかはありませんでした!
スープがじゅっと出てくるバージョンは中国で食べたことがなかったんです!!そういうこともあり、上海には興味津々!
あとは台湾で食べるかですね~。
福岡でも上海の南翔饅頭店と台湾の鼎泰豐はあるので、食べることはできますが、できるなら本場で食べてみたいです。2店ハシゴなんて夢のようです!!

2017/08/22 (Tue) 21:14 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
あえて、ホテルの朝食は取らず、こうして地元のお店をはしごするのも楽しそうですね。
上級者の楽しみ方だわ。
私は上海ではこういうことはまだできそうにありません。
いったことがないので、初回はおとなしくホテルの朝食になると思います。笑

2017/08/22 (Tue) 22:30 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

GUIHUAさん

> わあ~!本当においしそう!!
> 天津も包子はとても有名でしたが小籠包の湯包子とかはありませんでした!
> スープがじゅっと出てくるバージョンは中国で食べたことがなかったんです!!そういうこともあり、上海には興味津々!
> あとは台湾で食べるかですね~。
> 福岡でも上海の南翔饅頭店と台湾の鼎泰豐はあるので、食べることはできますが、できるなら本場で食べてみたいです。2店ハシゴなんて夢のようです!!

鼎泰豊が日本に上陸してくれたおかげで、小籠包はぐっと身近なものになりました
上海で一番といえばやっぱり南翔饅頭店でしょうね
あそこは同じ建物内で階層によって、レストランのレベルが変わるのが面白いです
でもお値段もお高いし、個人的にはこちらのお店で十分だと思います
お肉の量といいスープといい、皮の薄さ、抜群です
台湾の鼎泰豊は種類が多いことと、少々お安いです
人気店ですごい混雑ですよ~
でもお味は日本でいただいてもおいしいですよね

2017/08/22 (Tue) 22:57 | REPLY |   

tookue  

こんにちは!


焼き小籠包ってあるんですね___φ(゚ー゚*)フムフム

飛舞踊に売れてるなら キャッチしてゲットしなきゃですね(笑)

2017/08/23 (Wed) 10:59 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

小籠包は穴をあけてスープを飲んでから食べるのが本場流なんですねー。
アツアツのをいきなり食べると火傷して後悔…ってこともあり得るから
少しスープを減らすのがいいんでしょうね。
蒸したのが熱いのはもちろん、焼いたのはもっと熱くなっていそう!
これからは焼き小籠包を食べるときにも穴をあけて食べようと思います。

2017/08/23 (Wed) 11:02 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんばんは

> あえて、ホテルの朝食は取らず、こうして地元のお店をはしごするのも楽しそうですね。
> 上級者の楽しみ方だわ。
> 私は上海ではこういうことはまだできそうにありません。
> いったことがないので、初回はおとなしくホテルの朝食になると思います。笑

アジアは朝食は安くて食べれるところが多いので、つけないのもありだと思います
でも勝手がわからないと、お店にたどり着けるかが問題なので、つけておくのが無難は無難ですよね
それに朝のまったりした時間も貴重です
いつも朝食を食べてから、この2店舗を駆け巡るとお腹がいっぱいになりすぎるので、今回はあえて外しました
あとめちゃめちゃホテルの朝食が高いと、はずしちゃいます

2017/08/23 (Wed) 21:10 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん
こんばんは

> 焼き小籠包ってあるんですね___φ(゚ー゚*)フムフム
>
> 飛舞踊に売れてるなら キャッチしてゲットしなきゃですね(笑)

焼き小籠包は日本でも食べれるところがありますが、お肉の量が少ないのが残念です
ここのお店が日本に上陸して、あのお味なら、飛ぶように売れると思いますよ

2017/08/23 (Wed) 21:13 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんばんは

> 小籠包は穴をあけてスープを飲んでから食べるのが本場流なんですねー。
> アツアツのをいきなり食べると火傷して後悔…ってこともあり得るから
> 少しスープを減らすのがいいんでしょうね。
> 蒸したのが熱いのはもちろん、焼いたのはもっと熱くなっていそう!
> これからは焼き小籠包を食べるときにも穴をあけて食べようと思います。

せっかくのスープはこぼしたくないですよね
やっぱり薄皮はお肉以上に大事なポイントだと思います
いつも破れないように食べるのですが、鼎泰豊もつまんでも破れないし、さすがだな~と思います
こちらのお店も破れにくいし、お味もあっさりしていておいしいです
焼いたものは中華街でも見かけますが、お肉の量に、熱さが違うので、ぜひ本場で食べてほしいです

2017/08/23 (Wed) 21:17 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

同じテーブルになった地元の人と仲良くなるのって、ちょっとしたひと時でも楽しいものですよね。
おまけに小籠包の食べ方を教わったとは!小籠包って小さな穴を開けてからいただくんですね〜。一つ物知りになりました^^レンゲの上でスープを出してからいただくということですか?
今度から私もやってみようと思います♪

2017/08/25 (Fri) 10:16 | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

Ekaterinaさん
連コメありがとうございます

> 同じテーブルになった地元の人と仲良くなるのって、ちょっとしたひと時でも楽しいものですよね。

地元の方よく卵のスープを頼むのですが、会話からなんとなく、観察してるのがわかったのでしょうね
そしたら、私たちが食べるのを見てて、「上手」とほめてくれました
声をかけてくれるのはうれしいですよね


> おまけに小籠包の食べ方を教わったとは!小籠包って小さな穴を開けてからいただくんですね〜。一つ物知りになりました^^レンゲの上でスープを出してからいただくということですか?
> 今度から私もやってみようと思います♪

鼎泰豊にはお出かけになりますか?
よく鼎泰豊では食べ方を書いた冊子がおいてあります
蓮華に小籠包をのせて、薄皮の上のほうをお箸で割いて、そこからスープをすすります
出きればひとつはしょうゆなどはつけずに、シンプルなお味を楽しんでほしいです
こちらの絵付きのほうがわかりやすいので、お時間あったらのぞいてみてください
http://www.yousyusyonin.com/topics/006.html

2017/08/25 (Fri) 18:17 | REPLY |   

Leave a comment