09年07月17日②プラハ城へ

AM9:40プラハ城へ
もう少し坂を上ったらプラハ城でした。坂を上りながらの景色はとてもきれいでした。

プラハ城は、ボヘミア王家の居城と宗教施設一帯を呼んでるので、お城のイメージと違い、カフカの仕事場だった小路があり街のようでした。
IMGP4622_convert_20090819212722.jpgまず、西の門には戦う2体の巨人像があり、衛兵がいるので、みんな一緒に写真撮影してました。マティアス門をくぐり、中庭にはコールの噴水がありました。そしてインフォメーションで旧王宮、聖イージ教会、黄金の小路、ダリルポカ塔がセットのチケットを買いました。


まず聖ヴィート大聖堂に行きました。
IMGP4630_convert_20090819213114.jpg923年に建てられ、その後、何人もの建築家が携わり改築され、今のゴシック様式の見事な姿になったそうです。
10時前なのにとても混んでました。人数制限をしてるのでなかなかすすまず、30分ほど並びました。


IMGP4641_convert_20090819233207.jpg入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、長さ124m、高さ33mの身廊
並んで待った甲斐がありました。


IMGP4656_convert_20090819233409.jpgそして入口の左手にある「聖キリルと聖メトヴィス」
ミュシャの作のステンドグラスはきれいでした。
奥も見ごたえがあり、正面のステンドグラス、ネポムツキーの殉教の絵、などなど。
残念だったのは、国宝級の豪華さというネポムツキーの墓が柵がかかっていてよく見れませんでした。
 IMGP4667_convert_20090819233457.jpg IMGP4717_convert_20090820210758.jpg



そして旧王宮に行きました。
DSCF1695_convert_20090820222407.jpg16世紀までの歴代王が住居とした旧王宮
ホールなど、室内は写真撮影禁止のところが多かったです。


IMGP4740_convert_20090820223638.jpgバルコニーからの眺めはプラハの街が見下ろせ、最高です。
これはカレル橋方面の写真です。



次は聖イジー教会
IMGP4745_convert_20090819235834.jpgボヘミアで初めて女子修道院が併設された聖イジー教会です。
天井の絵がはげかかっていて老朽化していて、どこも修繕をしないと維持できないのだと思いました。
IMGP4750_convert_20090820225009.jpg


次はかわいい家並みの黄金小道に行きます。
IMGP4760_convert_20090820225716.jpgドルフ2世が錬金術師を住まわせたという伝説が残る黄金の小路
細い石畳の道にたくさんの小さなかわいらしい家が立ち並び、観光客であふれてます。


IMGP4768_convert_20090820230454.jpg一番人気はカフカが仕事場として使った水色のお家です。
今はおみやげ物屋さんになっています。




最後はダリボルカ塔です。
IMGP4775_convert_20090820231550.jpg15世紀に建てられた牢獄。
スメタナのオペラのモデルとなったダリポルカが投獄されたダリボルカ塔
当時の牢獄がそのまま残されていて、背筋がぞくっとしました。


AM11:30
プラハ城は最初は地図もわかりにくくどうなることかと思いましたが、周ってみてこんなに集約していたのだとわかりました。
今回はすでに疲れ気味だったので、お腹いっぱいでしたが、12:00からの衛兵交代式のチェックがもれてたのは失敗でした。丘の上からの景色はきれいでした。
          IMGP4778_convert_20090820233911.jpg

東門から出て、旧市街地へ戻ります。




関連記事

2 Comments

gatto  

Yottittiさん、こんにちは!

プラハ城、西の門の両脇は、いかにもお城の巨人像2体ですが、
中央に、何故かファンシーな王様?の形の飾りが、、、。

早い時間から、皆さん観光されているんですね。
それにしても、建物の装飾が、本当に細かくて精巧、、、。

ステンドグラスも、とても綺麗です。
パープルがかった、メダリオン、、色、形共に引かれる装飾です。
こんなモチーフを以前よく、クッションやタペストリーのデザインに
使いました。^^

黄金小道は、ドイツのハイデルベルグ、、?はたまた、
スイスのサンガレンを思わせるようなかわいらしさ*

Yottittiさんのお陰で、どんどん、プラハの印象が変わっていきますよ。
ありがとうございます。

カフカの仕事場なんかも、ほんと、かわいらしい。
こんなお店もいいですね~~~。(と、もしも自分の店なら、という話)

この、前の記事のコメントのご質問ですが、
プラハの食事で覚えているのは、ものすごくクラシックな雰囲気の
レストランで、やたら生野菜が、、、不味かったという事なんです。笑

ワインはまあまあ、、、、。パンも、冷たくて、固くて、今ひとつ、、、。
多分、チョイスしたレストランが失敗だったんでしょうね、、、、!

主人は、「ホテルの値段がやたら高かった。」という記憶があるようです。

たしか、、、、カレル橋のたもとに、カフェがあったのですよ。
オープンエアーの。そこで、ビールを飲んだときは、
まあまあ美味しくて気持ちよかった記憶があります。^^

2009/08/21 (Fri) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

gattoさん、こんばんは~

gattoさん、よくチェックしてくれて私気づいてませんでした。
我ながら、自分のボキャブラリーのなさと感性の低さにびっくりです。
こんな記事だって書くのに一苦労してるのですから・・・・
主人が横で大変だねと言いながら、よく写真が小さいだ、こうじゃないとか言い出され、もう変わって~って騒いでることもあります。

西の門の両脇の像は人の上に乗って裁いてるようないかつい像で、その間に王宮のかざりのようなものがついてたのですね。
私は、衛兵と写真を撮っていた方が、「ちゃんと両手で撮って」という言葉しか残ってなくて、おはずかしい限りです。

朝早くから、混んでました。
行きにくい場所なのか、どこの国の方もパックで参加してるようで、軍団が多かったです。

ヨーロッパの建物は重厚で装飾が精巧ですね。
ステンドグラスも素敵で、教会の信仰心の深さを感じます。

gattoさんデザインの作品は素敵なのでしょうね。
ドイツやスイスや世界中旅してるのですね。
ですから、目が肥えていらっしゃって、すぐアイデアがひらめいちゃうのでしょうね。
うらやましい才能です。
カフカの仕事場もかわいい感じのお店でしたが、gattoさんのお店は、本当にかわいいお店です。
あのディスプレイがいいですよね。本当に残念です。

プラハは街も小さく見所が集中していて観光しやすかったです。
色遣いがかわいい街でした。
ただ、物価が高く、購買意欲はでませんでしたけど・・・
一度いらっしゃっていやなイメージがついてしまうとなかなか取れないとは思いますが、少しはプラハのイメージ改善になればよかったです。
でもタクシーでぼられたとかいい話は聞かないのですが、実際はどうなのでしょう。

プラハのお食事は、微妙な印象ですね。
お店もあたりはずれはあります。
最近は現地の人がいるようなお店を選んでるのですが、それでも失敗だらけです。
お店選びは難しいです。
でも、生野菜がまずいってありえないって感じです。
でも今でもパンは使いまわしてそうですよ。

だんなさまは、ホテルの値段が高かったというのは、きっと高級なホテルに泊まったのでしょう。
あと時期もあるかもしれませんね。
以前はベガスも電話で予約していたのが、ネットで予約できるようになり、楽になりました。
きっと料金競争もあるのでしょうね。
本当に便利な世の中になりました。

カレル橋のたもとに、おいしそうなカフェがたくさんありました。
船も出てたりして・・・・
外で飲むビールはおいしいですよね。
悪い思い出だけでなく、楽しい思い出がよみがえったようでよかったです。

2009/08/21 (Fri) 23:29 | REPLY |   

Leave a comment