ワット・シーチュム(北部エリア)

2018年1月バンコク&スコータイの旅行記の続きです


2日目⑧

北部エリアの観光が続きます

ワット・プラ・パーイ・ルアンから自転車で1Km


スコータイの象徴の遺跡ワット・シーチュム
IMG_0235.jpg


入場料は先ほどの城壁北部のワット・プラ・パーイ・ルアンのチケットと共通です
翌日も入場することができました


これをお目当てに来る人は多いはず!私もその一人
壁の切れ目から顔を出してるアチャナム仏、パンフレットやスコータイをイメージするのに必ず登場するところです
P1040621.jpg



修復作業の様子が紹介されてます
今はすっかり見違えましたが、以前はかなりの老廃ぶりでした
IMG_0234.jpg



屋根のない32m四方、高さ15mの大きな建物の中に鎮座しています
P1040636.jpg



壁の切れ目から、こちらを見守ってるようなアチャナム仏
全貌が見えないのは、スコータイ王ラムカムヘンが、参拝する人々に敬う気持ちを抱かせるためにこのような造りにしたそうです
P1040638.jpg



だんだん姿を現わしてきます
P1040632.jpg



高さ15メートル、幅11.30メートルの大仏「アチャナ」は、「動かぬもの、変わらぬもの」という意味
すごい存在感、写真の中に納まりきりません
スコータイ様式による最も優れた仏像
P1040630_20180219143456399.jpg



瞑想している優しいお顔の大仏様
IMG_0242.jpg


どの角度から見ても迫力があり、
仏を見上げると、丁度目が合う様に作られているそうです
P1040627_2018021914412446b.jpg


また
仏像の指先も、今でも金箔が次々貼られ、現在も多くのタイの人々のお祈りに訪れてます
P1040629.jpg



そして

右手には礼拝堂
P1040634.jpg


こちらの仏坐像の優しいお顔です
P1050707.jpg


ここはスコータイに来たなら、訪れてほしいところです!
関連記事

14 Comments

EkaterinaYoghurt  

確かにアチャナム仏、全貌が見えないところから徐々に見えてくる範囲が広がって、自然と興味が湧きますね。
それにどこから見ても目を合わせて下さるなんて、優しいお顔通りの優しい心遣いを見学者全員に分け与えて下さるなんて・・・なんだか嬉しくなっちゃいますね^^

Yottittiさんは、このところ随分アジアの遺跡を回られて、もうアジア遺跡のスペシャリストになられつつあって、お写真もYottittiさんと言えば遺跡!!ってイメージが出来上がりつつあります。
いつも素敵なご紹介有難うございます♪

2018/02/19 (Mon) 16:21 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
壁から見えるアチャナム仏、他の遺跡とは一味違っていいですね。
優しいお顔がなんだかお茶目に見えます。
手には金箔が張られているんですね。
ほっそりとした長い指が美しいです。

やはり仏の像は日本のものとは様式が違いますが、それでも見ているとなんとなく心が落ち着きますね。

2018/02/19 (Mon) 18:58 | REPLY |   

GUIHUA  

すごい!!ここは本当に訪れないと勿体無いような遺跡ですね。
タイらしい仏像の姿で、そして巨大!!神秘的です。
スコータイを象徴する遺跡というのも納得です!
ここはしっかり修復されているようで安心しました。
代表的なところからジワジワと修復していくのでしょうか?

中国人が大量に押し寄せるようになるとせわしいので、まだ興味を持たれていないうちにじっくり観賞できたのは良かったですよね!

ここは本当に行く価値ありのところだなあと思いました。

I田さんはやはりスコータイには行かれてないそうです。
タイはもう20年くらい前に1度行っただけだそうなので、バンコクだけをじっくり見てまわったそうです。

2018/02/19 (Mon) 20:25 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

こんな素晴らしい大仏さまがいらっしゃるんですね!
ちっとも知りませんでした。
周囲を覆っている建物のすき間からだんだんと見えてくる大仏さま
畏敬の念を起こさせる景色ですねー!
東大寺の大仏さまが窓から見えるのと同じ効果なんでしょうか。
こんな演出効果までわかって造ったなんてビックリです!

2018/02/20 (Tue) 10:14 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

Ekaterinaさん

> 確かにアチャナム仏、全貌が見えないところから徐々に見えてくる範囲が広がって、自然と興味が湧きますね。
> それにどこから見ても目を合わせて下さるなんて、優しいお顔通りの優しい心遣いを見学者全員に分け与えて下さるなんて・・・なんだか嬉しくなっちゃいますね^^

少しずつ近づいていくと大仏様が姿を現して、その大きさに驚かされます
参拝する人に畏怖の念を抱かせる作りになってるのですね~
また目が合うようにできてるからか、見守られてるような、逃げ隠れできない心まで読み透かされてるような気分になります


> Yottittiさんは、このところ随分アジアの遺跡を回られて、もうアジア遺跡のスペシャリストになられつつあって、お写真もYottittiさんと言えば遺跡!!ってイメージが出来上がりつつあります。
> いつも素敵なご紹介有難うございます♪

気が付けば、行きやすそうなアジアの遺跡はだいぶ周れました
遺跡は似てる部分もあって面白いですが、もっと掘り下げたいところです
まだまだ行きたいところはあるけど、足の確保も課題なんですよね~

2018/02/20 (Tue) 17:41 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

こんにちは

> 壁から見えるアチャナム仏、他の遺跡とは一味違っていいですね。
> 優しいお顔がなんだかお茶目に見えます。
> 手には金箔が張られているんですね。
> ほっそりとした長い指が美しいです。

スコータイにはこのアチャナム仏を見に来たといっても過言ではありません~
穏やかな表情で包まれてるようですよね
目の上の黒い影が目を大きくさせてるようで、ちょっとお茶目なのかな~と思いました
また、タイの人たちは金が好きで、寺院に行くと、大仏様などによく貼られてます
手も長くて美しいですよね


> やはり仏の像は日本のものとは様式が違いますが、それでも見ているとなんとなく心が落ち着きますね。

日本は阿弥陀如来などいろいろな仏様がいらっしゃいますが、タイの仏様はスリランカの影響を色濃く受けて独自のお顔をしてるのでしょうね
とっても柔和でほっとします

2018/02/20 (Tue) 17:47 | REPLY |   

Yottitti  

GUIHUAさん

> すごい!!ここは本当に訪れないと勿体無いような遺跡ですね。
> タイらしい仏像の姿で、そして巨大!!神秘的です。
> スコータイを象徴する遺跡というのも納得です!
> ここはしっかり修復されているようで安心しました。
> 代表的なところからジワジワと修復していくのでしょうか?

世界遺産ともなったスコータイ、想像以上に鄙びてましたが、なかなか味わいのある仏教遺跡で気に入りました
何といってもしなやかで神秘的な仏像、とても柔和で、心が癒されました
タイの礎でタイの人たちも誇りに思ってるところだそうです
一番最初に訪れた城壁内のところとここは一番の稼ぎ頭、しっかり修復されてました
今はタイは、軍事政権が納めてるので、しばしバンコク以外のインフラ等の設備は停滞してるのかな~と個人的には感じました


> 中国人が大量に押し寄せるようになるとせわしいので、まだ興味を持たれていないうちにじっくり観賞できたのは良かったですよね!

タイは中華系タイ人も多いので、スコータイに押し寄せてこないといいですよね
荒らされない静かなところであってほしいです


> ここは本当に行く価値ありのところだなあと思いました。

スコータイはのんびりしていていいですよ~
昔ながらのよきタイを見てるようでした


> I田さんはやはりスコータイには行かれてないそうです。
> タイはもう20年くらい前に1度行っただけだそうなので、バンコクだけをじっくり見てまわったそうです。

なかなかスコータイまではいかないでしょうね
I田さんはタイのイメージはなかったのですが、でもおかまショーは言われてみれば納得です
今はバンコクは女性にも人気になってうれしいです
以前はタイばかり行く私は不思議がられたものです

2018/02/20 (Tue) 18:04 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

こんばんは

> こんな素晴らしい大仏さまがいらっしゃるんですね!
> ちっとも知りませんでした。
> 周囲を覆っている建物のすき間からだんだんと見えてくる大仏さま
> 畏敬の念を起こさせる景色ですねー!
> 東大寺の大仏さまが窓から見えるのと同じ効果なんでしょうか。
> こんな演出効果までわかって造ったなんてビックリです!

スコータイといえば、この大仏様が有名です
訪れる人たちに畏怖の念を抱かせ、目が合うように考えられて作られたとはびっくりします
タイの人たちにとってもスコータイは特別な存在でもあるし、日本人にとって東大寺の大仏様のような存在でしょう~
同じ仏教国、お参りの方法は違っても、ほっとするところです

2018/02/20 (Tue) 19:28 | REPLY |   

ポケ  

最初のアチャナム仏のお写真、お顔がピエロの用に見えてしまいました。
罰当たりでしょうか。
近くからの写真で見ると目に見えたのは瞼だったのですね。
真下からの写真は神々しいです。
緊迫の張られた指も長く美しい形ですね。

ここの建物や仏像、当時はどれほど大きく美しく素晴らしい物だったか。
想像を絶するでしょうね~。

2018/02/21 (Wed) 04:22 | REPLY |   

親父  

建物の切り欠きから大仏様を見るというのは面白いですね、
大仏様の指が繊細で細いですねぇ。普通はもっとごついのに。
スコータイはまだ行ったことが無いので参考になります。

2018/02/22 (Thu) 06:09 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

ポケさん

連コメ、ありがとうございます

> 最初のアチャナム仏のお写真、お顔がピエロの用に見えてしまいました。
> 罰当たりでしょうか。
> 近くからの写真で見ると目に見えたのは瞼だったのですね。
> 真下からの写真は神々しいです。
> 緊迫の張られた指も長く美しい形ですね。

アチャナム仏、瞼が黒くなっていて、目が大きく見えますよね
不思議な光景で、これも王様の考えなのかしら?と、思わざるを得ません
誰しも見間違いますよね
下から見上げれば、見守ってるようで、穏やかな気持ちになりました
スコータイの仏さまは線がしなやかで、手も大きく、美しいです
手は大事な意味合いがあるのでしょうね


> ここの建物や仏像、当時はどれほど大きく美しく素晴らしい物だったか。
> 想像を絶するでしょうね~。

今では屋根もなく、建物の彫刻もわからない状態ですが、この大きくて重要な仏様は往時の繁栄を物語ってるようです

2018/02/22 (Thu) 10:18 | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

> 建物の切り欠きから大仏様を見るというのは面白いですね、
> 大仏様の指が繊細で細いですねぇ。普通はもっとごついのに。
> スコータイはまだ行ったことが無いので参考になります。

訪れる人が徐々に仏様が姿が見えてくることで、畏怖の念を抱かせるよう王様が考えたようです
スコータイの仏像はスリランカの影響と独自の文化で、線がとってもしなやかで優しいですね
日本の阿弥陀如来様とはまた違うな~と思いました

2018/02/22 (Thu) 10:22 | REPLY |   

tookue  

こんにちは!

よっちさんのお目当て
アチャナム仏

お目当てなのが解る気がします
派手なマニキュアですね(^o^)

2018/02/22 (Thu) 11:02 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

> よっちさんのお目当て
> アチャナム仏
>
> お目当てなのが解る気がします
> 派手なマニキュアですね(^o^)

金運が上がりそうですよね
お茶目で和まされる仏様です

2018/02/22 (Thu) 11:32 | REPLY |   

Leave a comment