09年07月18日 ウィーン到着&モーツァルトコンサート

音楽の都ウィーンに到着です。主人いわく私メインだそうです。すごいプレッシャー
IMGP5075_convert_20090825123518.jpgホテルはSteigenberger Hotel Herrenhof ヘレンガッセ駅近くなので、電車で移動しました。電車の切符は24時間フリーパスで刻印を押して使います。


雨がぽつぽつ降る中、ヘレンガッセの駅を降りてくるくるしてると、すぐ目の前でした。


IMGP4983_convert_20090825120704.jpg部屋は今まで泊まったホテルの中でも指折り入る新しくきれいなホテルで快適した。飲み物とインターネットはなんと無料、飲み物は本当に助かりました。でもバスタブはありませんでした。IMGP4984_convert_20090825120738.jpg


今日のウィーンはプラハよりさらに寒く、日本の春並みの気候で、上着を羽織り傘も持ってさっそく出かけました。



夜8:15開演のモーツァルトコンサートのチケットを交換に、地下鉄に乗ってコンツェルトハウス
IMGP4990_convert_20090825120926.jpgコンツェルトハウスの入口は鍵が閉まっていてまだ閑散としていて、警備のような窓口にいた人に聞くと、1時間前でないと開かないよと教えてもらいました。



PM4:30シュタットパーク(市立公園)へ
IMGP5007_convert_20090825121157.jpg駅の近くにあるウィーン初の市立公園、ウィーン川が流れお花や緑に囲まれきれいな公園です。
黄金に輝くヨハンシュトラウス2世の像が有名です。



PM5:10シュテハン寺院へ行きました。
IMGP5388_convert_20090826133745.jpg
ウィーンでここは毎日訪れた場所で、内部には大祭壇画があり見事でした。
この日のお天気は今ひとつで外観の写真は薄暗いので、後日アップします。
シュテハン寺院は高い塔が目印になり、外観も祭壇も厳かなゴシック式の美しい素敵な教会でした。


シュテハン広場からオペラ座へのケルントナー通り
IMGP5048_convert_20090825121622.jpg工事中で足場は悪く道も狭かったのですが、後ろから工事車両が入ってきたときはびっくりしました。
この辺りはあまり見れませんでしたが、生まれ変わりきれいになるそうです。
ケルントナー通りに立つペスト記念柱です。これも網がかかってました。


PM5:30ブランドショップが立ち並ぶコールマルクト
IMGP5055_convert_20090825125414.jpgウィーンといえばスイーツで有名、ザッハーとデメルが本家争いをしたというザッハートルテは制覇しなければいけません。
まずは、デメルに行きました。


DSCF1855_convert_20090825121957.jpgちょうど混雑時で1階も2階も並んでます。席を取ってからケーキを選びに行きました。
もちろんケーキはザッハートルテとチョコのケーキ。飲み物はメランジェとウインナーコーヒーを頼みました。ザッハートルテは甘かったですがおいしいです。


すぐそこは王宮です。
IMGP5070_convert_20090825230242.jpg今日は遅いし、暗いので写真撮影のみです。



PM6:45コンツェルトハウスにつきましたが、まだ開いてません。
今度は、トラムに乗ってベルヴェデーレ宮殿
IMGP5090_convert_20090825123701.jpgウィーンの人はこちらがガイドブックを見てると、声をかけてきてくれてとても親切でした。
トルコ軍からウィーンを解放したフランス貴族が建てた離宮で、とても広大でたくさんの彫刻があり美しい庭園と宮殿と住まい。現在は美術館になっているそうです。
風も冷たく寒いのでコンツェルトハウスへ戻ります。


PM7:30モーツァルトコンサート
DSCF1871c_convert_20090825122104.jpg受付も始まっていて、席はクラスごとの行った順でした。早くついても順番によっては端になってしまうし、難しいところです。
各チケットに無料でCDプレゼントとあり、1枚もらいました。こちらは有名な曲は入ってませんでした。

DSCF1875_convert_20090825122415.jpgロビーにはクロークもあり、簡単な売店もあり、カタログを買いました。
みなさん、ドレスアップした人、観光客丸出しな人、着てるものはそれぞれです。
30分ほど前になると会場に入れるようになりました。

DSCF1889_convert_20090825122313.jpgウィーンフィルやオペラ等が休演時期なので、申し込んだモーツァルトコンサートです。
当時の衣装で演奏し、会場が狭いので少し物足りない気もしますが、演奏レベルは高く、ドン・ジョヴァンニやトルコ行進曲など、ほとんど知ってる曲が多く楽しかったです。
オペラは少し眠くなりましたが、逆に隣の人はオペラが好きなようで熱心に聴いてました。
途中休憩を挟み、アンコールはラデツキー行進曲、会場と演奏者が一体になって盛り上がって音楽を満喫しました。
IMGP5109_convert_20090825123815.jpg
会場を出てからも余韻が冷めず、口ずさみながら歩いてました。




PM10:30夜ご飯はミューラーバイスルへ
DSCF1895_convert_20090825122458.jpg席に着くとお隣は新婚さんぽい日本人ご夫妻がいて、ういういしい感じで静かにお食事をしてました。
こちらはビールとウィーン風仔牛カツレツのウィンナーシュニッツェルと店員さんがおすすめのたまねぎソースがのったウィーン風ビーフステーキのツヴィーベルロストブラーテンを頼みました。
出てくるのに時間がかかりましたが、今思えば早いほう・・・・
パンも言わないとでてきませんでしたが、おすすめのお料理はおいしかったです。

お腹もいっぱいになりホテルに戻りました。




関連記事

2 Comments

gatto  

Yottittiさん、こんにちは*

ウィーンだ~。v-352

私、ウィーン経由でスイスに行った記憶があるんですが、
降りた記憶は無いです。降りてないよな、、、?ないない、、
降りたのはスイスだけだよな?(、、、老人か)

ウィーンでザッハートルテを食すなんて、、、
甘いもの好きな私にとっては、、、夢のようです~~。
いいなあ。

ホテルも綺麗ですね。しかも、飲み物とネットが無料
というのはものすごくポイント高い!!

全てがクラシックな雰囲気で素敵、、、。
写真からも感じ取れるのですが、ホントに寒そうですね。

モーツァルトのコンサートの余韻を引きずりながら夕食、、、。
ものすごく心が豊かになる感じ。

シュトラウスの名曲も演奏したのですか?
(私はクラシックは詳しくないです、そのようにリンクの
サイトに書いてあったので)

中学のとき「美しく青きドナウ」を卒業行事、、、かな?
ものすごく練習した記憶があり、
いまだに自分のパート(アルト)を覚えてます。
大人になってから残るものですね。


うろ覚えですが、ウィーンは失業率も多いけれど、
心の豊かさは世界一、というような話を随分前に
聞いた気がします。

お料理もボリュームたっぷりですね。
しかも美味しいなら言うことなしですねー。

引き続き、ウィーン紀行、期待しております、、、*

2009/08/26 (Wed) 14:33 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

gattoさん コメントありがとうございます

かわいい絵文字はどこから持ってきたのでしょう??
コメントの絵文字って微妙ですよね・・・

ウィーンは経由だけなのですね。
なかなか行けないと言うか、選択肢に入らないかもしれません。
主人も最初は何か楽しいの?と微妙そうでした。

本当にオーストリアの人たちは親切でまじめでよかったです。
gattoさんの「心が豊か」という話に納得です。
きっと信仰心も篤いのでしょうか。

ウィーンはスイーツ天国と言われてたので、胃の調子をばっちり整え、ケーキめぐりしました。
有名なカフェが多く迷いました。どこも混んでいて大人気です。
他のケーキもとてもおいしかったです。
日本のケーキも程よい甘さでおいしいのですが、外国で食べるとまた違うんですよね。

ホテルも新しくセキュリティーもしっかりしてて快適でした。
汚しては申し訳ないような感じ。
それにホテルの飲み物は高いのに、コーラとか水、迷いそうな炭酸水が無料ってうれしかったです。
場所もいいので、また行くならここにしようと思います。

ウィーンはパリのような派手さはないのですが、落ち着いた街でよかったです。
リンク内にまとまっていて観光もしやすかったです。
あまり情報というかパンフレットが充実してなくて、アメリカのようにこっちという標識がないので、苦労しましたけど・・・・

この日は本当に寒くて、いらないだろうと思って持っていった春物のカーディガンを着ても寒かったです。
地球の歩き方のHPでダウンと書いてあったのが、まんざらはずれでもないと思いました。
陽の力はパワーがあってすごいですね。

モーツァルトのコンサートは、シュトラウスの名曲「美しき青きドナウ」も演奏しました!
知ってる曲ばかりなのですが、名前と曲が一致せず、恥ずかしい限りです。
すみません、いろいろ説明不足で・・・
本当によくご存知でいつもフォローしてもらいありがとうございます。

gattoさんは中学のときは何を演奏したのでしょう。
すごいアカデミックな学校ですね。
私はこれでもピアノを習っていたのに恥ずかしいです。
いろいろ努力したものは覚えてるものですね。
当時はいやだと思っていても、本当にいい思い出です。
最近年寄りじみて来たかも。

おかげさまで食事もおいしかったです。
気候もいいのかもしれませんね。
なかなか出てこないのがネックですが、アメリカから一気にヨーロッパへ移行しそうです。

ではでは、つたないブログにお付き合いありがとうございました

2009/08/26 (Wed) 16:30 | REPLY |   

Leave a comment