09年07月23日Ⅲ ガラタ橋~夕飯

PM7:00ハムディに夕飯へ
DSCF2438_convert_20090915184503.jpg今日はガラタ橋2回目です。
夜ご飯はガラタ橋近くの眺めのよいケバブの有名店ハムディに行きました。
テラス席は予約でいっぱいで、2階に案内されました。窓際の席は予約席となっていて、端の席だったので渋っていると、窓から二番目の席に通してくれました。ガラタ塔が見えて、もう少し上の階だったらという欲はありますが、きれいな景色でした。

DSCF2433c_convert_20090924212119.jpg前菜は、なすのあげもの。そしておすすめのケバブと、ピスタチオのケバブとトルコ風のメンチカツのイチリキョフテを頼みました。
今回イスタンブールの食事の中で一番おいしかったです。
だんだん混んできて、結局は予約なんてあるようでない感じでした。


DSCF2442_convert_20090915184546.jpgデザートにパイのハチミツ漬けのバクラワとチーズ入りのカダイフのキュネフェとコーヒーを頼みました。夕飯時で混んできて、なかなかデザートがでてきませんでした。
やっと出てきたバクラワはとても甘かったです。

DSCF2444_convert_20090915184640.jpg温かいキュネフェは食べれましたが、デザートはいまいちでした。
隣のアメリカ人も私たちのデザートを見て苦笑いしてるように見えました。


IMGP6489_convert_20090924224212.jpgこれは最終日にクルージングの船から見たハムディの店舗写真です。


お会計を済ませ外に出ると、薄暗くなり、イェニ・ジャーミィがライトアップされきれいでした。
DSCF2448_convert_20090915184737.jpg DSCF2457_convert_20090915184833.jpg

DSCF2458_convert_20090924213949.jpgここで嫌な思い出を一つ、「シガレット」といいながら歩いてる靴磨きのおじさんがいました。タバコを一本あげると「お礼に靴を磨いてくれる」と言うのですが,、スニーカーだし磨いてもらうほどの靴ではないと断ったのですが、勝手に磨き始めました。私の靴まで磨き始め、子供が生まれたばかりでと御代を請求してきます。幸い細かいのがなかったのであるだけ渡しましたが、トルコ人もいろいろで油断していてはいけないなと思いました。


PM9:30
DSCF2463c_convert_20090924211818.jpgおなかはいっぱいなものの、デザートを食べにアルブラに行きました。
プリンとケーキにチョコがかかってるプロフィテロルを頼みました。
おなかがいっぱいだったからか、やはりおいしいとは思えず・・・
ウィーンの後だったからいけないのか、そもそもデザートは甘くてあまり口にあわないようです。

そして、エジプシャンバザールより少し高めのお土産屋さんで小さなお皿を買いました。お店には貼り紙があり、「値引きはしません」と書いてありました。

こうして最後の夜は更けていきました。
明日は夕方まで観光できますが、今日はこれから荷造りが待ってます







関連記事

2 Comments

gatto  

Yottittiさん、こんにちは~

なるほど!大きい写真で見たらよくわかりました。
イスタンブールのサバサンドは、焼きサバ(こう書くと日本っぽい)
にお野菜もたっぷりでフランスパンに挟んでいるんですね。
レモンとお塩で食べるなら、かなりヘルシーかも、、、。

三浦「松輪サバ」の、酢で〆ていないお刺身は、最高でした!!
後日アップします ^^ 玄海灘のサバには負けるようですが。

橋の下のカフェで、モスクを眺めながらのビールは
最高だったでしょうね~。こういうの、大好きです。

ケバブの有名店ハムディ、お食事は美味しかったようですが、
デザートは残念でしたね。そんなに甘いんですか。
さすがに、ウィーンの後じゃ、デザートに関しちゃ大半の国が
ハンデが大きすぎるかも、、、?!

靴磨きのおじさんで、思い出しました。
パリの郵便局前で、頼んでいないのに、浮浪者がドアを
開けてくれて、出入りする人、全てに小銭をせびっていました。笑

あ~あ、とうとう荷造りですか~~~i-182

2009/09/25 (Fri) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

gattoさん コメントありがとうございます

gattoさん こんにちは

いつもありがとうございます。

サバサンドはおっかなびっくりでした。
ましてサバは揚げてるんだと思っていたのですが、焼いたものだったので驚きました。
それにレモンとお塩でさっぱりしてました。
途切れることなく観光客が訪れ、量は一人ひとつ頼む人もいれば、二人で一つ頼む人もいて、みんな食べてました。
かなり揺れてる船の中で、一日サバを焼いていていても船酔いしないのか、余計な心配をしてしまいました。あの光景も名物の一つのようです。

三浦の松輪サバ、楽しみにしてます。
やっぱり、新鮮なお魚はお刺身ですよね。
お酒もすすみそうです。

トルコはデザートもおいしいと聞いていたのですが・・・
とにかく甘いです。
凝ったものはなく、素朴なのかもしれません。
ウィーンと比べてはいけないのですが、あのチョコっぽいお菓子は帰るときもそのままの姿でした。

やはりどこにもチップ強請りの人がいるのですね。
頼んでないっていいたいです。
気をつけなくちゃいけないですね。

早いもので旅行記もあと少しになってしまいました。

2009/09/25 (Fri) 16:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment