牛鍋元祖 大田なわのれん

両親のお祝いで、牛鍋元祖といわれる横浜の日の出町の大田なわのれんにお昼に予約をしてお邪魔してきました。

明治元(1868)年創業の老舗。
黒毛和牛のぶつ切り肉を秘伝の味噌ダレで煮る牛鍋は、創業当時の鉄鍋で供され、珍しいので紹介します。

ロビーも雰囲気があり、個室に案内されました。
お庭も気持ちついていて明るいお部屋でした。

七輪が用意され、お肉が運ばれてきました。味噌味でいただくので焦げて調理が難しいのか、仲居さんが最後までお世話をしてくれて取り分けてくれました。
もちろんサービス料はかかりました。
今回こちらは7人、一人でお世話してくれるので大変そうです。
IMGP0635_convert_20091020145102.jpg
これから、お豆腐とねぎとしいたけが加わり、出来上がりを待ちます。
甥は今にも手を出しそう。

きっちりお肉も分けられ、男性陣は物足りなかったかもしれませんが、味噌が卵と絡まって、味噌味のやわらかいお肉はおいしかったです。
もう少し味が濃くてもいいかなと思いますが上品な味で、両親にも大好評でした。
最後に残ったお味噌もおいしく、ご飯がすすみました。

お値段もいいですが、ちょっと高級な雰囲気で、初めて食べる味噌味の牛鍋は、お祝いの席にぴったりでした。


太田なわのれん
住所:横浜市中区末吉町1-15
TEL:045-261-0636 




関連記事

2 Comments

gatto  

Yottittiさん、こんにちは*

昨日、夕方、最高潮にお腹が空いている時にこの記事を拝読し、、、、、
グゥ~~~、、、
今日、また、お昼前でお腹が空いている時にこの記事を拝読し、、、、、
グゥ~~~、、、   今からお昼、、、、絶対肉にします!!(笑)

牛鍋美味しそうですね!ご両親のお祝いだったのですか*
お味噌味というのは珍しいですよね。牛鍋は、醤油味ですが
よく浅草付近で食べた記憶があります。味噌味も食べてみたいなあ。

あ、ランドマークタワー内のミセスエリザベスマフィンはそんなに
前からあったのですね。丁度、15年前と言えば横浜から引っ越した
あたりですが、その後もちょくちょく出かけていたので、見かけていた
くせに忘れていただけかもしれません。失礼しました~~。

ラスベガス記事、いつでも、ゆっくり、気分が載ったら、、、いつか
読ませてくださいね*

2009/10/21 (Wed) 11:42 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

gattoさん コメントありがとうございます

こんにちは

お腹の減ってるときに、このお肉の写真は目の毒ですね。
今でもあの光景がよみがえってきます。
gattoさんはこれから何を召し上がったのかしら。

味噌味って書いてるときは思わなかったのですが、逆さ言葉みたいになっちゃって、と一人で苦笑してました。
ステーキ肉みたいに大きいので、これもまた変わってると思います。
浅草ではすき焼きしか食べたことがありませんが、しょうゆ味の牛鍋おいしそうですね。うすいお肉なのかな?と興味津々です。


エリザベスマフィンはランドマークの一番下の階のショップが並んでるところにあります。
下のほうだから多分目に付きづらいです。
探さないとたどりつけないかもしれませんね。
正確にはいつからあったかはわからないのですが・・・
こちらこそ説明不足で失礼しました。

ラスベガスの紹介記事にチャレンジしたのですが・・・
なんともぱっとしないので、ためしに主人に見せたら、うーん?と唸られ、また違う形で書いてみます。
しばらくはこんなお気楽記事が続くと思いますので、流してくださいね。

2009/10/21 (Wed) 12:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment