小江戸・川越

11月23日
NHK大河ドラマ「篤姫」と朝の連続テレビ小説「つばさ」の舞台で話題となった小江戸・川越(埼玉県)に行ってきました。

あまり下調べもせず行ってしまったため、まずは駐車場探しに苦労しました。JRの川越駅近くに車を止め、人の流れについていきました。

東武線川越市駅、西武線本川越駅もあり、随分大きく長い商店街です。
なんでもあるこの商店街、お腹も減っていたため、埼玉が拠点の「餃子の満州」。ちょうど先日話をしてたので入ってしまったら、すぐそばに餃子の王将があり、王将は近所になく、最近食べたことがないので残念でした。


道なりに進み、住宅街が立ち並ぶ中、熊野神社がありました。
参道脇に足踏み健康ロードがあり、石が敷きつめてあり、みんな靴を脱いで歩いてます。
結構痛いし、体が温まるので効果はあります。恐るべし足ツボ効果。ただ痛いだけかも?
RIMG0019_convert_20091127121903.jpg
境内には、銭洗い弁天がありました。


だんだん、古いお店舗が現れ始め、ここは大正浪漫夢通りです。
かわいらしい建物に子供たちも写真撮影です。
RIMG0020_convert_20091127160702.jpg


城下町として発展した川越は、現在もその面影を残す蔵造りの町並みが並んでいます。
蔵造りの建物が並ぶ一番街は、今の東京では見ることができない江戸の面影をとどめています。
国の重要文化財に指定された建物も数多く、美しい日本の歴史的風土100選に選定されました。そして時の鐘が音100選に、駄菓子屋横丁はかおり100選に選ばれ、総タイトル獲得!?

一番街(蔵通り)は歩行者天国になっていて、多くの人が訪れてました。
蔵通り入口近くにあるのが、亀谷本店です。
つばさのポスターも健在で、多くのお客さんでにぎわってました。
IMG_0259_convert_20091127122325.jpg
ここで、テレビに出てきたあま玉に似たお菓子を発見、「あんこ玉」として売ってました。他のお店のあま玉より高めの250円。
買ってきたのがこちら。
黒砂糖を使った品のいいお味でした。
RIMG0060_convert_20091127221137.jpg


陶舗やまわ」がつばさの「甘玉堂」として撮影されたお店です。このあま玉のモデルとなったお菓子も売ってるそうです。
古く重みのある建物で歴史を感じます。最近は鉄筋ばかりの高い建物ばかりですが、この街並みは心がほっとする温かな、そしていつまでも残したい風景です。
IMG_0266_convert_20091127122959.jpg


大正7年建造埼玉りそな銀行川越支店
緑の屋根や形が大正らしい造りです。
IMG_0263_convert_20091127122431.jpg


そして、
人気スポットである街のシンボル「時の鐘
400年前から、城下町に時を知らせ、現在のものは4代目といわれてます。
櫓の高さはならの大仏と同じだそうで、見てきたときはそんなに大きいとは思いませんでした。長い間、町の移り変わりを見守ってきて、今でも日に4回、時を知らせてるそうです。聞けずに残念でした。
RIMG0036_convert_20091127234509.jpg


国の重要文化財の大沢家住宅
呉服太物を商ってた店蔵です。
IMG_0292_convert_20091127122724.jpg


今が旬の女性が大好きなサツマイモ、川越名物で、思考をこらしたいろいろなお菓子を扱ったお店が軒をのらべてました。さつまいものソフトクリーム、シュークリーム、つばさにちなんだ焼き芋関係のお菓子がたくさんありました。
さきほどの亀谷の分店で買ったさつまいものシュークリームは、ぽさっともったりしたクリームで想像通りでお芋好きな私も一度食べればいいかな。
そして、亀の形をしたどら焼き。その名も「亀どら」。甘すぎずおいしいです。
IMG_0318_convert_20091127221305.jpg

これがヒット、右門のいも恋
少し温めて食べるのですが、お芋とあんのハーモニー。おいしく主人は芋嫌いですが、おいしいと食べました!!
DSCF4016_convert_20091127160025.jpg
ほかにも焼きたてのおせんべい、焼きおにぎり、いろいろななおいしいお店がいっぱいです。



昔ながらの駄菓子屋さんが連なる菓子屋横丁
昭和の時代の懐かしい駄菓子が並び、買ってみたくなりましたが、店内も大混雑してました。
RIMG0050_convert_20091127123351.jpg



最後に訪れたのが蓮馨寺。
お目当てはおだんご。
鳥居のところに若者がお団子を食べながら、「おいしくない」と話してました。
若い人の口には合わないのかといただきましたが、固いし、甘くない味つけらしくおいしくありませんでした。やっぱり若い子のいうことも正しいのですね。



ただ一つ、行きそびれてしまったのが、喜田院
家光公誕生の間や春日局化粧の間があったのに見落としてしまいました。
また次回のお楽しみに。





関連記事

2 Comments

Carina  

風情のある町ですね~

ドラマを見ていないので川越という町がこんなに歴史あるところだとは知りませんでした。城下町であり、名刹あり、美味しいものありと、散策するのにぴったりですね。
最新記事の紅葉もほんとうに綺麗です。うっとりしました。

うちは、夫は山の紅葉支持派なんですけど、私は寺社仏閣の紅葉支持派。だからいつも行先でもめます(笑)。

Yottittiさん御夫婦は、いつもお二人でいろいろ行きたいところを相談して出かける場所を決めるんですか?そしてどんなことを話しながら、歩いてらっしゃるんだろう??ほんと、仲がよくていいなあと思いました。あんこ玉、かわいくておいしそう~。

2009/11/30 (Mon) 08:49 | REPLY |   

Yottitti  

Carinaさん コメントありがとうございます。

こんにちは

最近は朝の連続ドラマは共働きや子育てでお忙しくて、ドラマ離れしてるでしょうね。でもテレビの力は大きく、とてもにぎわって混んでました。

都内や実家くらいしか行かない私たちには、混んだところは大嫌いでなかなか腰が重いのですが、ときにはそういった風情のある街並みもよく再認識しました。
大阪はいろいろ近場に名所があっていいですね。

だんな様ともめるのも、我が家も一緒です!
Carinaさんはお寺を選ぶあたり、やはり文学好きで高尚で納得です。

神奈川の海のほうにも行ってみたいのですが、うんと言ってくれないし。気があうのは、海は見るのは好きですが、泳ぐのは好きでないので海系のリゾート地は二人では行ったことがないです。
海外旅行も主人はモスクワと言い出し、私はオーストラリアと言ってるし、これはどちらも譲らず永遠に平行線だと思います。

大抵歩きながらは他愛もないくだらないことを話していて、間抜けすぎると笑われそうです。主人もあきれてますし、お互い持ちつ持たれつ、我慢して付き合ってくれてるのかな。
海外旅行などの観光名所は、私の知識のなさに、海外では言葉が通じなくてよかったとほっとしてたりもしてます。
あとは、他の人の会話を盗み聞きして楽しんでます。

2009/11/30 (Mon) 13:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment