下村観山

横浜美術館で開催されてる
生誕140年記念 下村観山展」に行ってきました
DSC08643_convert_20140203165444.jpg


開催時期は2月11日までとわずかですが、印象に残った作品をいくつかご紹介します


下村観山
明治6年、紀州徳川家に代々仕える能楽師の家に生まれ、
昭和の初めまで活躍した日本画の大家


日本画は地味だし、近代だし・・・と思いつつ、
知らないお茶目な下村観山の一面に触れた面白い美術展でした



下村観山は

幼い頃から、狩野芳崖や橋本雅邦のもとで狩野派の描法を身につけました

11歳にしてびっくりするような腕前
(画像は横浜美術館からお借りしました)
kanzan-1.jpg



東京美術学校時代

明治22年に東京美術学校に第1期生として入学し、同期の横山大観や菱田春草とともに、校長の岡倉天心の薫陶を受けました

仏誕などを制作
kanzan-2.jpg

このころ
輪郭線を用いずにぼかしという「朦朧体(もうろうたい)」が試行され、美術界に賛否両論を巻き起こしました
kanzan-3.jpg


さらにイギリス留学

板に油彩で描かれた原画の柔らかな明暗を、水彩によって見事に絹に写したその繊細さは素晴らしいです
ラファエロ作「椅子の聖母」(模写)
kanzan-4.png


金箔の代表作の屏風絵「小倉山」など
kanzan-5.png




大正2年
実業家・原三溪の招きにより、横浜の本牧に居を構えました

その後、
天心の臨終に際し、観山と東京美術学校の第一期生の横山大観は、日本美術院の再興をはかります
二人はよく比較されますが、横山大観は美と静、下村観山は動


面白い視点でとらえた魚籃観音
留学中に模写したレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」の相貌を下敷きとする魚籃観音の顔は、発表当時賛否を問われた作品だそうです
kanzan-11.jpgkanzan-6.pngkanzan-12.jpg



観山といえば代表する華麗な作品


第1回再興院展の「白狐」第1回展
茫漠とした空間を特徴とする高い精神性に満ちた画面を構成し、自己の芸術の頂点を極めました
kanzan-7.pngkanzan-8.png


当時から最高傑作と評された、重要文化財の 「弱法師」
kanzan-9.pngkanzan-10.png

幽玄性の高い作品は、能楽師のお家に生まれた観山ならではの作品ですね




関連記事

22 Comments

ジュマ  

心の栄養

こんばんは~

下村観山の名前は知っていますが、実際の作品は見たことが無いと思います。
2枚目の写真の絵は11歳の時の作品ですか。
既に才能が開花していたのですね。

素晴らしい作品を鑑賞することは目だけではなく心の栄養にもなりますね。

2014/02/03 (Mon) 23:29 | REPLY |   

親父  

親父も下村観山の名前しか知りません(汗)
たぶん作品にもお目にかかったことがないのでしょう。
魚籃観音に興味があります。

2014/02/04 (Tue) 05:40 | EDIT | REPLY |   

ボルフィ  

よっちさ〜ん♡
横浜において、原三渓の役割って、凄いな〜、とちょっと歴史を覗くと、いつも思います。
でも、美しい!この方も天才だわ〜。

2014/02/04 (Tue) 08:23 | REPLY |   

はむこたん  

そういえば、授業で名前が出てきたなぁ~
くらいの感覚ですが
本当に、11歳にしてすでに、すごい絵を描かれてたんですね。
Yottittiさんは、美術詳しくて
すごいですー!
私は無知だし、日本画なんて全く知らないけど
でも、この下村観山展、おもしろそうですね。

2014/02/04 (Tue) 11:42 | REPLY |   

キュウ親  

下村観山、恥ずかしながら初耳です。
「魚籃観音」は...ちょっとブキミだけど、
「白狐」の佇まいは、和の美しさそのものですね♪

日本画家の絵画って、心が落ち着く気がしま~す。

2014/02/04 (Tue) 13:02 | REPLY |   

tookue  

横山大観・下村観山は
鑑定団で
よく聞く名前ですね

いつも 思うのですが
絵の良さって?
見る人によって違いますよね
人の心を多く掴めば いい絵 になるのかな~

よっちさんは
誰の絵が一番好きなんですか?

もしかして どこかのブログで適当に描かれてる「子供みたいな絵」ですかね(笑)

2014/02/04 (Tue) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

ジュマさん

ジュマさん
こんにちは~

> 下村観山の名前は知っていますが、実際の作品は見たことが無いと思います。
> 2枚目の写真の絵は11歳の時の作品ですか。
> 既に才能が開花していたのですね。

横山大観をはじめ日本近代画でまとめられることが多いので、下村観山個人としての美術展は少ないでしょうね
今回は年代別に作品が並べられていて、年表などから経歴もわかり、面白い美術展でした
冒頭から大人顔負けの素晴らしい絵が並び、その腕前にはびっくりしました
学校に入ると、また画風もがらりと変わり、どんどんいろいろな技術を習得たり、生み出したりしてました

たーくんもいろいろなものに触れて、いろいろな角度から物事を描いていくのでしょうね
楽しみです

> 素晴らしい作品を鑑賞することは目だけではなく心の栄養にもなりますね。

ネットにあふれ、日常生活に追われながらも、
こうして美術や音楽や文化に触れることはいいことですね

2014/02/04 (Tue) 13:51 | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん
ネット復活しましたか~!

> 親父も下村観山の名前しか知りません(汗)
> たぶん作品にもお目にかかったことがないのでしょう。
> 魚籃観音に興味があります。

近代画といえば横山大観が有名かもしれませんね
下村観山は原三溪の招きで、横浜本牧に家族とともに移り住み、横浜ゆかりの画家です
一番下の作品「弱法師」は三渓園の梅がモデルになったそうです

魚籃観音、ブログで紹介したのはわかりにくいので、よかったら下のブログをご参考ください
また富士山も特徴があり、私には印象的です
http://ameblo.jp/artony/entry-11720034083.html

2014/02/04 (Tue) 14:05 | REPLY |   

Yottitti  

ボルフィさん

ボルフィさん

> 横浜において、原三渓の役割って、凄いな〜、とちょっと歴史を覗くと、いつも思います。
> でも、美しい!この方も天才だわ〜。

ただ連れられて三渓園を訪問してたのに、いろいろ勉強をしてみると、横浜の復興を成し遂げた実業家原三溪ってすごいですよね
やっぱり成功する人って芸術にも興味を持ってるんですよね

下村観山の家系が能楽師っていうのも興味深く、今回は留学時に模写したいくつかの水彩画のすばらしさに釘付けでした

2014/02/04 (Tue) 14:11 | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん
連コメありがとうございます!

> そういえば、授業で名前が出てきたなぁ~
> くらいの感覚ですが
> 本当に、11歳にしてすでに、すごい絵を描かれてたんですね。
> Yottittiさんは、美術詳しくて
> すごいですー!
> 私は無知だし、日本画なんて全く知らないけど
> でも、この下村観山展、おもしろそうですね。

日本史でも近代って、結構飛ばしちゃいますよね
先日高校生がQさまに出てたけど、やっぱり湾岸戦争って過去の話?というか、この時代の話は飛ばされちゃうのかなってびっくりしました
と話がずれちゃいましたが、
冒頭から大人顔負けの墨絵らしい絵が並び、その才能にびっくりしました
私も近代画はと思いながら行ったけど、じっくりみるとわかりやすく説明してくれてるので面白かったです
屏風はなんとなく目にしてきたけど、
絹にそれも水彩でラファエロの絵を模写してるのにびっくりしました

2014/02/04 (Tue) 14:26 | REPLY |   

Yottitti  

キュウ親さん

キュウ親さん

> 下村観山、恥ずかしながら初耳です。
> 「魚籃観音」は...ちょっとブキミだけど、
> 「白狐」の佇まいは、和の美しさそのものですね♪

近代日本画といえば横山大観が有名ですよね
私も初めて知ることが多く、興味深かったので、記事にしてみました

観山はちょっと面白味というか遊び心が感じられます
魚籃観音の画像は小さいので、よかったらこちらのブログで見てください
http://ameblo.jp/artony/entry-11720034083.html
また富士山も変わってて、このかたも表現してるように、なんで??と、私は強く印象に残ってます(笑)

白狐は美しいですね
観山は能のお家柄だそうで、品格を感じますよね

> 日本画家の絵画って、心が落ち着く気がしま~す。

仏像画はあまり興味ないけど、風景は古き良き日本わびさびを表現していて落ち着きますね~

2014/02/04 (Tue) 14:33 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん

> 横山大観・下村観山は
> 鑑定団で
> よく聞く名前ですね

鑑定団みると、お宝さがししたくなりますよね
あったら、こっそり教えてくださいね~(笑)

> いつも 思うのですが
> 絵の良さって?
> 見る人によって違いますよね
> 人の心を多く掴めば いい絵 になるのかな~

やっぱり人それぞれ感じ方は違うでしょうね
バランスに色使い、微妙なバランスで絵の良し悪しを決めるのでしょうね
いい絵って言われると難しいですねーーー

モネは優しい色合いで日本人にも人気があるそうです
私はモネとかドガが好きで、ドガの踊り子は小さい時に部屋に飾ってありましたよ

> よっちさんは
> 誰の絵が一番好きなんですか?
> もしかして どこかのブログで適当に描かれてる「子供みたいな絵」ですかね(笑)

そうそう、一番好きなのはパソコンで苦労してる画伯の絵です!(笑)
「ぷっすま」の二人もひどかったですね~
またピカ〇さんも今回ありましたが、相変わらず理解できません・・・・
私にはぷっすまさん系で芸術は遠そうです

2014/02/04 (Tue) 14:46 | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

昨日、MARK ISまで行って横浜美術館のカフェものぞいたんですが
時間外で利用できませんでした(^_^;)
そういえば下村観山展っていう垂れ幕がかかってたかも…
時間がなかったので今回は美術展も素通りでした、残念。

2014/02/04 (Tue) 14:56 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは

> 昨日、MARK ISまで行って横浜美術館のカフェものぞいたんですが
> 時間外で利用できませんでした(^_^;)
> そういえば下村観山展っていう垂れ幕がかかってたかも…
> 時間がなかったので今回は美術展も素通りでした、残念。

みなとみらいまでお出かけでしたか!
MARKISができて活気が出ましたよね
この辺りも変わったので、いろいろ食べるところができて楽しみですね

2014/02/04 (Tue) 15:02 | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
日本人画家とは普段残念ながら全く無縁ですが、こうして拝見するとやっぱり日本画もよいですね~。
なんとなく見ていても落ち着きますね~。
やはり日本人だからでしょうか・・・

yottittiさんいろいろ幅広いジャンルにお詳しいんですね。

2014/02/05 (Wed) 02:06 | REPLY |   

ぴき  

こんにちは、

芸術情報、Yottittiさんからしか入ってこなくて、
貴重な情報源となっています。

この画家さんの名前、知らないです。
でも、油絵を水彩画で模写したものは、
非常に好感がもてます。

2014/02/05 (Wed) 12:11 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんにちは~

> 日本人画家とは普段残念ながら全く無縁ですが、こうして拝見するとやっぱり日本画もよいですね~。
> なんとなく見ていても落ち着きますね~。
> やはり日本人だからでしょうか・・・

日本画は洋画とは、風合いがやさしい感じがしますね
使ってる素材が絹だったり、油彩でないのが大きいのかしら
またぼんやりしたイメージもあり、パンチにかけちゃうけど、たまには日本画もいいでしょ~
また版画も日本らしいし、何枚でも刷れるのが文化継承にはいいですね

> yottittiさんいろいろ幅広いジャンルにお詳しいんですね。

恥ずかしながら、私がわかる範囲で、意外にこんな素敵な日本画家もいるよってお伝えできてよかったです

2014/02/05 (Wed) 13:53 | REPLY |   

Yottitti  

ぴきさん

ぴきさん
こんにちは~

> 芸術情報、Yottittiさんからしか入ってこなくて、
> 貴重な情報源となっています。

今回は日本画だしと思いながら、新たな発見があったので、興味をもってもらえそうなものをピックアップしてみました
下村観山は原三溪の招きで、横浜本牧に家族とともに移り住み、横浜ゆかりの画家です

> この画家さんの名前、知らないです。
> でも、油絵を水彩画で模写したものは、
> 非常に好感がもてます。

近代画の横山大観のほうが有名でしょうね

油彩をそれも絹に水彩で描いたのが印象的で、ほかにもいくつか作品があり、ごぎつくなく、これだけに表現できることに驚きました
またとても優しい色合いで吸い込まれそうでした

2014/02/05 (Wed) 14:01 | REPLY |   

加夢  

名前しか知りませんが
11歳でこの絵、、、ですか?
やっぱり天才なんでしょうか、、、、

能楽師の家に生まれたからでしょうか?
独特の世界観があるように感じますね ヽ(´∀` )ノ

2014/02/05 (Wed) 15:26 | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

何となく海外の美術館から借りて来た西洋画を有り難がってしまいますが、日本画もいいですよね〜。大人になってからの方が日本画の良さに共感出来るようになった気がします。
日本画の、この下村さんの絵も同じですが、スッキリした線とか静謐さとか崇高な美しさが好きです。良い展示に行かれましたね。又、紹介して下さいね。

2014/02/05 (Wed) 15:41 | REPLY |   

Yottitti  

加夢さん

加夢さん

> 名前しか知りませんが
> 11歳でこの絵、、、ですか?
> やっぱり天才なんでしょうか、、、、

冒頭から大人顔負けの素晴らしい筆遣いの作品は並び、びっくりしました
学校に入ると色合いやら筆遣いも変わって、どんどん世界観を広げていきます
能楽師のお家で生まれて、芸術肌の家系なのでしょうか

> 能楽師の家に生まれたからでしょうか?
> 独特の世界観があるように感じますね ヽ(´∀` )ノ

能楽の世界も表現したかったようで、独特な優美な作品ですよね
それでいてお茶目な面もあって、特にこちらの富士山、面白い目線だなと思いました
よかったらご覧ください
http://ameblo.jp/artony/entry-11720034083.html

2014/02/05 (Wed) 17:08 | REPLY |   

Yottitti  

EkaterinaYoghurtさん

EkaterinaYoghurtさん

> 何となく海外の美術館から借りて来た西洋画を有り難がってしまいますが、日本画もいいですよね〜。大人になってからの方が日本画の良さに共感出来るようになった気がします。
> 日本画の、この下村さんの絵も同じですが、スッキリした線とか静謐さとか崇高な美しさが好きです。良い展示に行かれましたね。又、紹介して下さいね。

近代日本画というと、いろいろな画家さんが一緒になる美術展が多いのですが、今回は下村観山だけを取り上げて、歴史をたどって、いろいろな一面が垣間見れてよかったです
西洋画とは違う筆遣いに、キャンパスに絹を使ってるのもやさしい特徴なのだなと改めて感じました
あとは、パンチにかけてしまうっていうデメリットもあるのかもしれませんね
それ以降は、伊東深水など出てきて、また画風が変わって面白いですよね
でも古き良き日本の風景に触れてホッとしますね

2014/02/05 (Wed) 17:21 | REPLY |   

Leave a comment