厳粛なホーチミン廟

5/4①

ホテルで朝食を済ませ、今日は市内観光です


今回初めてのタクシー

タクシーも普通車のセダンタイプに、軽自動車のミニタクシーがあり、
ミニタクシーのほうが料金もお手頃です

今回は評判の良いマイリンタクシーのミニタクシー
初乗り9000ドン ホーチミン廟まで20000ドン=100円でした


ホーチミン廟

民族解放運動の指導者として活躍し、「建国の父」と国民から敬われるホーチミン主席の遺体が、ここホーチミン廟に安置されてます

重量感のある総大理石造りの廟が見えてきましたが、
入口はホーチミン廟の西側です
P5040195_convert_20140529205843.jpg



多くのベトナム人に観光客が参詣し、すでにすごい行列です

写真撮影は禁止で
最初に荷物預け所で、荷物を預けるよううながされましたが、貴重品があったので小型のバック持ちこめました
そのあとにセキュリティチェックのゲートがあります
セキュリティチェックでひっかかったミラーレス一眼は、専用の袋に入れて、カメラを預け、廟出口で受け取ります
警備は厳重です
P5040212_convert_20140602144722.jpg


廟内に入ると、
さらに兵士による警備は厳しくなり、
小さな子供でさえ私語は一切禁止
立ち止まることも禁止で、歩くように促されます
冷房が効いてしーんとした空気が張りつめる中、さらにものものしい雰囲気です

廟内の2階に

ガラスケースに収められた遺体が安置されてました
ガラスケースをコの字方に回ります
白い光に照らされ、ホーチミンが浮かび上がるようで、まるで生きてるような、その保存技術はすごいものです
その穏やかな表情からは、ホーチミンの意志の強さを感じます
手を合わせる間もなく、立ち止まることは許されず、流れるように押し出されました

またWikipediaによると
ご自身は存命中に自己顕示的行動におよぶことは殆どなく、その死に際しても本人は火葬および北部(トンキン)、中部(安南)、南部(コーチシナ)に分骨を望んでいたとのこと

ベトナムが置かれていた当時の状況から、ホーチミンの遺志は実現されませんでしたが、
この国にとって欠かせない場所で、人々から慕われてた偉大な存在であったことがうかがえます


ここは
ホーチミン廟の前の大きなバーディン広場
1945年9月2日、ホーチミンがベトナム民主共和国の独立宣言を読み上げた場所
歓喜でわいたことでしょう
現在も撮影スポットでにぎわってました
P5040193_convert_20140602145802.jpg





ホーチミン廟を出ようとすると

ホーチミンの家」(入場料別途)に
否でも応でも入ることになります

ベトナム人の方は無料?

緑あふれる中に現れた黄色い建物の大統領府
中は見学できません
P5040200_convert_20140529210045.jpg


高床式のホーチミンの家
ホーチミンが書斎として使用してた部屋などがあるそうですが、
あまりの混雑と、写真撮影の成果、流れも悪いので入りませんでした


手入れされた緑に囲まれた池はとてもきれいでした
P5040203_convert_20140602092502.jpg



また

ホー・チ・ミン博物館
革命に至る過程を説明する展示がされているようですが、
有料だったので、入りませんでした
P5040209_convert_20140602092557.jpg



李朝の太宗が1049年に建立した延祐寺の楼閣「一柱寺」は、
ユニークな形で一つの見どころ
こちらは、まったく気が付かずに出てきちゃいました


また出口付近では、お土産屋さんが並んでます
やはりホーチミンの写真などが売られていました




関連記事

18 Comments

rika3377  

こんにちは。
ホーチミン廟、すごい警備ですね。
ここまですごい警備の観光地(?と呼んでいいのでしょうか?)ってなかなかないですよね。
私語も禁止って徹底してますね~。
そんな厳重な警備とは裏腹に池のほうはゆったりとした空間で落ち着けそうです。
大統領府、黄色の外観が素敵です。

2014/06/02 (Mon) 18:37 | REPLY |   

Yottitti  

rikaさん

rikaさん
こんばんは~

> ホーチミン廟、すごい警備ですね。
> ここまですごい警備の観光地(?と呼んでいいのでしょうか?)ってなかなかないですよね。
> 私語も禁止って徹底してますね~。
> そんな厳重な警備とは裏腹に池のほうはゆったりとした空間で落ち着けそうです。
> 大統領府、黄色の外観が素敵です。

ベトナム国民の英雄ホーチミンは別格で、やはり失礼のない振る舞いが求められ、厳しいものとなってるのだと思います
小さなお子さんでさえ、階段で「あっ」といっただけで、警備の兵士は首を振り、静かにするよう促されてて、こちらも身が引き締まる思いでした

ホーチミン廟を出て、ホーチミンのお家のほうは、がらっと変わって緑にあふれてのんびりしていました
大統領府はフランスの建物のようできれいで、ベトナムらしいなと思いました

2014/06/02 (Mon) 19:40 | REPLY |   

ジュマ  

見学されたのですね

ホーチミン廟に入られたのですね。
(ご存知のように)私たちは入れなかったのでとっても羨ましいです。

朝はすごい人だと聞いていましたが、本当なんですね。

ご遺体に直接お目にかかれるのですから
参拝者が後をたたないことも納得できます。

2014/06/02 (Mon) 21:01 | REPLY |   

はむこたん  

ホーチミン廟って、ずいぶん厳しいんですね。
それだけ、ベトナムの方からしたら神聖な場所
ってことでしょうか。

自分の意思とは関係なく
もれなくホーチミンの家までついてきちゃうあたりが、笑えます。
大統領府、キレイな黄色でステキですね。

2014/06/02 (Mon) 22:10 | REPLY |   

親父  

遺体をそのまま保存してあるっていうのが、なんとも。
北朝鮮もそうだったかな?
しか~し、何で私語禁止なんでしょうね。
おごそかに粛々と見学しなさい。ということなのかな。

2014/06/03 (Tue) 06:00 | EDIT | REPLY |   

tookue  

そうなんだ....〆(・ω・。)

ホーチミンって地名は人名からあずかったものなんですね~~

お恥ずかしい 無知なもので

よっちさん
あの黄色い家な
相当目立ちますよね

ご自宅もあの色に塗り替えようと
思いませんでしたか(笑)
すでに塗り替えてたりして(^^)

2014/06/03 (Tue) 09:21 | EDIT | REPLY |   

M@lauaealoha  

こんにちわ

「ホーおじさん」は亡くなってもベトナムという国の柱でありつづけているんですね。
遺志が実行されなかったのは残念ですが、それほどに大きな存在であった証拠とも思えます。
撮影どころか子供の私語も禁止ってすごい…

2014/06/03 (Tue) 10:28 | EDIT | REPLY |   

ボルフィ  

よっちさん♡
『ホーチミン』それだけの人、って初めて知りました。勉強になります!
ところで、タクシー代もすんごくお安いんですね。きっと数年先には、高くなってしまうんでしょうね〜。

2014/06/03 (Tue) 11:08 | REPLY |   

Yottitti  

ジュマさん

ジュマさん

> ホーチミン廟に入られたのですね。
> (ご存知のように)私たちは入れなかったのでとっても羨ましいです。

意外に一般見学の時間は限られてますし、秋はまたメンテやイベントで、なかなかお目にかかれないのかもしれません
貴重な対面をさせていただきました
やはりご遺体は傷みもでてるようですね・・・
でも、一柱寺は行こうと思ってたのに、すっかり見落としてしまいました~

> 朝はすごい人だと聞いていましたが、本当なんですね。

想像以上にすごい人で、廟をぐるっと囲むほど混んでました
30分は並んだと思います

> ご遺体に直接お目にかかれるのですから
> 参拝者が後をたたないことも納得できます。

ホーチミンは英雄ですものね
街中にもたくさんの肖像画がありますし、
参拝者の多さはホーチミンの偉大さに人望の厚さを感じます

2014/06/03 (Tue) 15:52 | REPLY |   

Yottitti  

はむこたん

はむこたん

> ホーチミン廟って、ずいぶん厳しいんですね。
> それだけ、ベトナムの方からしたら神聖な場所
> ってことでしょうか。

やはりレーニンはじめ、社会主義者の指導者は崇められることが多いのでしょうね
ホーチミンの場合は、ご遺体の保存は意志とは反してるようですが、それだけ、ベトナムの人たちが頼りたかった存在で、神聖な場所なのでしょうね
つばを飲み込む音も響きそうなくらい静かでした

> 自分の意思とは関係なく
> もれなくホーチミンの家までついてきちゃうあたりが、笑えます。
> 大統領府、キレイな黄色でステキですね。

ホーチミン廟は無料ですが、出ようと思っても出れない、うまくできた仕組みですね~
お金を払うように促され、チケットを買ったあとは、チェックされず・・・
時間帯もあるかもしれません
大統領府はさすがにフランスの統制下時代の名残なのでしょうね
もう少しやわらかい黄色でしたが、きれいな建物でした

2014/06/03 (Tue) 15:57 | REPLY |   

Yottitti  

親父さん

親父さん

> 遺体をそのまま保存してあるっていうのが、なんとも。
> 北朝鮮もそうだったかな?

レーニンの影響も大きいのか、社会主義国の指導者がなくなると、ソ連の技術によって霊廟に保存することが慣習化していったそうですね
また「世界三大保存遺体」はレーニン廟のレーニン、毛沢東紀念館の毛沢東、ホーチミン廟のホーチミンだそうです
ホーチミンの場合は、レーニンの考えとは異なり、ご本人の意志とは反するようで複雑ですね

> しか~し、何で私語禁止なんでしょうね。
> おごそかに粛々と見学しなさい。ということなのかな。

ホーチミンの偉大さなのでしょうか
やはり服装の制限もあるので、敬意を示し、くれぐれも粗相がないようにとの配慮だと思います
兵士の環視の中、息も殺してくらいの緊張感がありました

2014/06/03 (Tue) 16:21 | REPLY |   

Yottitti  

tookueさん

tookueさん

> そうなんだ....〆(・ω・。)
>
> ホーチミンって地名は人名からあずかったものなんですね~~
>
> お恥ずかしい 無知なもので

ホーチミンはベトナムの英雄ですからね
歴史に触れるとうまく説明もできないので大変なことになってしまうのですが、ベトナム戦争で南ベトナムのサイゴン陥落後にサイゴン市からホーチミン市に改名しました

ここのホーチミン廟はtookueさん、おふざけしたら、確実に捕まります

> よっちさん
> あの黄色い家な
> 相当目立ちますよね

もう少し淡い色合いでしたが、きれいな建物でした

> ご自宅もあの色に塗り替えようと
> 思いませんでしたか(笑)
> すでに塗り替えてたりして(^^)

さすがに金運はつきそうですが、カラフルな黄色いお家は目立ちますよね
しかし、夫は黄色が好きなので、黄色い車を買うといわれた時は、家に合わないので止めましたよ(笑)

2014/06/03 (Tue) 16:30 | REPLY |   

Yottitti  

lauaealohaのMさん

lauaealohaのMさん
こんにちは

> 「ホーおじさん」は亡くなってもベトナムという国の柱でありつづけているんですね。
> 遺志が実行されなかったのは残念ですが、それほどに大きな存在であった証拠とも思えます。
> 撮影どころか子供の私語も禁止ってすごい…

ホーチミンはベトナムの英雄ですものね
優しいホーチミン、ご遺体の保存にもお金をかけるなら、貧しい人たちという意志も反映されずに、複雑です
ベトナム戦争のさなかのことだったことと、社会主義の象徴なのでしょうか
廟内は子供の私語どころか、息も咳もしちゃいけない雰囲気が漂ってました
写真撮影なんてとんでもないってことでしょうね

2014/06/03 (Tue) 16:36 | REPLY |   

ももくそ  

どうでもいいことですが、ホー・チ・ミンは「ホー」が苗字なのか、それとも「ホー・チ」までが苗字なのか。
名前は「ミン」さんなのか、「チミン」さんなのか・・・。
調べても出てこないので謎です(笑)

ホーチミン廟の独特な空気を記事を読んでいて伝わりました。
絶対にふざけた事できないですよね(笑)
立ち止まるのしゃべるのもダメって・・・・。
なんか雰囲気が私は無理かもです。

2014/06/03 (Tue) 16:40 | REPLY |   

Yottitti  

ボルフィさん

ボルフィさん

> 『ホーチミン』それだけの人、って初めて知りました。勉強になります!

歴史に触れるとうまく説明できませんが、ホーチミンは「建国の父」
そしてホーおじさんとベトナムでは呼ばれ、とても親しまれてます
社会主義とはベトナム戦争とはと、考えさせられます
行く前にはLet's studyですね~!

> ところで、タクシー代もすんごくお安いんですね。きっと数年先には、高くなってしまうんでしょうね〜。

タクシー代はびっくりするくらい安いですよね
ハノイはタクシーで周るところ!って、このときにやっと気が付きました(笑)
今は急速に発展してるところなので、物価も上がっていくかもしれませんね

2014/06/03 (Tue) 16:53 | REPLY |   

Yottitti  

ももさん

ももさん

> どうでもいいことですが、ホー・チ・ミンは「ホー」が苗字なのか、それとも「ホー・チ」までが苗字なのか。
> 名前は「ミン」さんなのか、「チミン」さんなのか・・・。
> 調べても出てこないので謎です(笑)

私は何も考えずに、姓・midlle name・名前と思ってました
そしたら、こんな質問サイトに出会いました
ホーチミンの場合は特別で、彼は自分で作った名前!?
ベトナム人の方が答えてくれてるので信頼性は高いと思いますが、ちょっとした疑問でわかることもおおいですね
すごくびっくりしました
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017894740

> ホーチミン廟の独特な空気を記事を読んでいて伝わりました。
> 絶対にふざけた事できないですよね(笑)
> 立ち止まるのしゃべるのもダメって・・・・。
> なんか雰囲気が私は無理かもです。

建物内に入ると、赤いふかふかのじゅうたんが階段からひき詰められ、2階に上がっていくのですが、
しーんとした空気で、息もしてはいけないような雰囲気でした
ふざけたら、多分捕まるでしょうし、立ち止まってもつまみ出されること、間違いないでしょうね

2014/06/03 (Tue) 17:12 | REPLY |   

Chempaka  

いいなあ~いいなあ~~!やっぱり旅行は
早起きに限りますね!(笑)

未だにホーおじさんに会えないでいます。
もちろんその後のホーおじさんの家も
行ってません・・・

毎年9月~11月の二ヶ月間は閉館になって
遺体のメンテナンスが行われるようです。
きれいなハズですよね。

一柱寺。写真で見るよりも小さくて見逃してしまいますね。
僕も一度目はスルーしてました(笑)

chempakaでした!

2014/06/19 (Thu) 01:14 | REPLY |   

Yottitti  

chempakaさん⑤

chempakaさん

> いいなあ~いいなあ~~!やっぱり旅行は
> 早起きに限りますね!(笑)

家は基本早起きで、朝から行動してます~
でも、ホーチミン廟はすごい混雑ぶりで、びっくりしました
大きな荷物は面倒なので、身軽のほうがよさそうです

> 未だにホーおじさんに会えないでいます。
> もちろんその後のホーおじさんの家も
> 行ってません・・・

廟内はすごい厳粛な雰囲気で、ひんやりしてるし、息もしてはいけないような空気が漂ってます
一ミリたりとも失礼が許されないような感じです
彼の功績に人気はすごいですね
ホーチミン廟に行くと、ほーおじさんの家には、もれなく行けますよ~
といいつつ、ディズニーくらい混んで並んでたので、失礼しました

> 毎年9月~11月の二ヶ月間は閉館になって
> 遺体のメンテナンスが行われるようです。
> きれいなハズですよね。

メンテナンスでロシアに移送されるんですよね
ご本人の意志とは反してるようで、社会主義者の指導者は崇められることが多いのでしょうね
ベトナムの人たちにとって、神聖な場所なのですよね

> 一柱寺。写真で見るよりも小さくて見逃してしまいますね。
> 僕も一度目はスルーしてました(笑)

夫は最初から行かないと言っていたけど、近くだからわかるだろうと鷹をくくっていた私が悪かったですーー
すっかり見落としてしまいました
今度は気を付けたいです~

たくさんコメントありがとうございました~
ハノイ旅行記もあと少しです

2014/06/19 (Thu) 15:48 | REPLY |   

Leave a comment