軍機がいっぱいベトナム軍事歴史博物館

5/4⑥


午前中に行ったタンロン遺跡の近くの

ベトナム軍事歴史博物館
DSC09409_convert_20140610212229.jpg


ベトナムでの近代戦争におけるベトナム軍の歴史を紹介した博物館です

ベトナムはいろいろな国に利用され、多くの戦争に巻き込まれました
あまり知られてないフランスとのディエンビエンフーの戦い(1854年)から始まり、
インドシナ戦争突入にします
これが、ベトナムの南北分断(1954年)となり、米軍の介入によるベトナム戦争が勃発
長い長い戦闘の日々は続き、1975年、戦争は終結しました


入場料40000ドン(200円)


外の展示場には
北ベトナム軍、アメリカ軍に使われた爆弾、戦闘機が展示されてます


ベトナムの歴史を物語ってます

T54B型戦車
1974年サイゴン陥落の際、大統領官邸(ホーチミンの統一会堂)に突入したT54B型戦車(国宝)
DSC09408_convert_20140610212049.jpg


ミグ21型戦闘機(国宝)
米軍戦闘機14機を撃墜したソビエト製のミグ21戦闘機
DSC09398_convert_20140610205037.jpg


勝ち取ったアメリカの軍機
DSC09404_convert_20140610211839.jpg



撃墜された仏軍機、米軍機の残骸
DSC09402_convert_20140610205158.jpg


先ほどタンロン遺跡から見えた国旗掲揚塔
レンガで造られた八角柱の塔で、城の管理塔として建てられました
DSC09399_convert_20140610205107.jpg


塔に登ると

タンロン城がよく見えます
DSC09407_convert_20140610212019.jpg

場内の軍機
DSC09405_convert_20140610211914.jpg



建物内の展示物は、
フランス軍と戦ったディエンビエンフーの戦争からアメリカとのベトナム戦争の地図や模型や写真、武器などが展示されてます
ホーチミンの戦争証跡博物館より規模もちいさく、展示も少なかったです





関連記事